Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年4月17日火曜日

【日記】復職2週目、海外出張をなんとかこなした





復職2週目〜〜!!

生後2ヶ月の息子を夫とナーサリーに託し、火曜日の夜〜木曜の夜で海外出張(マレーシアからフィリピン)に行ってきました。
フィリピンオフィス滞在は1.5日という超弾丸スケジュールです。エクストリーム出社ってやつでしょうか。


ちなみにクアラルンプールからフィリピンのマニラまで、飛行機で4時間。
オフィス滞在時間より移動時間の方が長い気がします。
いや、大事な会議だったからいいんです。
ここに書いたとおり、「迷ったらワイルド」で生きてる今日このごろです。


それよりも、
搾乳器を持って海外出張に行く未来がくるとは、まったく予想してなかったね〜。

2018年4月10日火曜日

サヨナラUber



3月26日にGrabから「Welcome Uber to the Grab family」というメールが来て、4月8日までに東南アジアのUberがGrabに統合されるとありました。
そんなすぐできるのー?と思ってたけど、4月9日にUberを開いてみたら、予想外にサービスは停止していました。

東南アジアでもこういう時はオンスケなんだね😊

2018年4月9日月曜日

【日記】復職1週目はなんとか切り抜けた


産休2ヶ月(と1週間)ののちに4月2日から復職。
最初の1週間はなんとか無事?終わったというか、
結果的に、
産休中に仕事キャッチアップできるかと思ってたけどそんなことはなく、 復職1週目は、CxOと1on1、部下と1on1、各PBIの進捗確認と産休中にリリースされていたもののキャッチアップetcであっという間に終わりました。


2018年4月4日水曜日

bloggerのカスタムドメインのブログでHTTPSが使えるようになった


妊娠、出産を経てブログを書く時間があまり取れていませんが、久々にブログの管理画面を見たら…



Bloggerでカスタムドメインを使っている人もHTTPS化できるようになってた!


2018年4月1日日曜日

2ヶ月の産休が終わり4月から復職!


生後2ヶ月で6780g、両親に似て大きな赤ちゃんです。

4月になりました。
2日(月)から復職です。
東南アジアでは2-3ヶ月の産休で復職するのは割と普通。


子どもが産まれる前までは「日本みたいに長いこと休んでたら仕事のキャッチアップ大変そうだし、2ヶ月で復職くらいがちょうどいいのかもな」と思っていました。
住み込みメイドの手配がまだ手続き中なので、息子は近所の保育園に入れることにしました。


で。


いざ、自分が子どもを産んで産休を過ごしてみると、

2018年3月29日木曜日

【DRESSに寄稿しました】マレーシアで産褥アマさんと過ごした産後1ヶ月について書きました


長男を出産したあとの1カ月、産褥アマさんと一緒に生活し、家事全般と産まれたばかりの息子の面倒をお願いしました。

その後の大変さ・睡眠不足を経験した今となっては、まるで天国のような生活だったなぁ…(遠い目)

東南アジアの働く女性がたった2〜3カ月の産休で社会復帰できるのは、産褥アマさんという職業があって、可能な限り家事をアウトソースし、子育てを助けてもらい、自分の体力回復に努められるからだろうなぁとしみじみ実感。
(もちろん実家の親や旦那さんの親に助けてもらうケースもありますよ)




これから東南アジア、というか産褥アマさんという仕事がある国で出産される方は、産褥アマさんを雇うことを超超超超超オススメします。
(別に回し者じゃないし紹介料取ってる訳じゃないからご安心を)


東南アジアって、出産の入院でもほんの1-2泊(帝王切開ですら3-4泊)で退院しなきゃいけないから、それだけでも体力的にキツいのに、旦那さんが忙しかったり日本の親が頼れなくてワンオペになりがちだと、慣れない海外、慣れない子育て(授乳もおむつ交換もあやすのも沐浴も何もかも)、マジでしんどいと思うんですよね。


だから、せめて最初の1ヶ月だけでも、産褥アマさんを雇って体力回復と、子育ての準備?慣らし?ができると超助かるはず。ていうか助かった。


国によっては、産後院(Confinement Centre)とかもあって、産後のお母さんと子どもがしばらく滞在できる施設もあるみたい。(マレーシアにはあります)


産褥アマさんにせよ、産後院にせよ、まぁとにかく産後は大変なので、頼れる手段はどんどん頼るのがいいと思います。日本と比べると安いし。


産褥アマさんとの生活スタイルについては、ぜひDRESSの記事をご覧ください。
イメージが湧くと思います😊

DRESSについて



最後になりますが宣伝を。
女性向けWebメディア「DRESS」で、去年から月に1-2本のペースで連載させていただいています。
これまでの記事はこちらからご覧いただけます。

DRESS - suniのページ


日本で無職になったときの話や、そのあと海外就職するに至ったワケ、フィリピンでの苦労話(フィリピン人女性の脱毛事情、フィリピンのスーパーのナプキン事情、メイドに家事をアウトソースしている話など)、マレーシアで出産するまでのあれこれ、帝王切開の経験談などなど盛りだくさんです。

DRESSの記事はスマートニュースでもご覧になれます。
こんな感じ↓





スマニューでtab右端の方にある「MORE」tabから「DRESS」を探して追加してください♪

2018年3月28日水曜日

クアラルンプール国際空港(KLIA)の授乳室(Nursing room)メモ





オモニの来馬で空港に迎えに行った際、早めに着いたので空港の授乳室を探してみました。
(あるというのはネットで調べて把握済み)

ちなみにKLIA、ターミナル1です。


授乳室の場所は出発ロビー(5階だったっけ)。
到着ロビーにはなかった。そういうモンなのかな。
到着したらしたらで、目的地までの移動に備えて授乳やおむつ交換したくなるような気もするけど。。。

必要に迫られたらいちいち出発ロビーにあがるのかな…
まぁ粉ミルクなら、お湯と粉さえあればなんとかなるけどね。

おむつは。。。うむむ。。。

飛行機降りる前に機内のトイレで替えるのがベストソリューションなのかな?
それとも、飛行機を降りたあと、入国前におむつ交換ができるトイレがあるのかな。
まぁいつか確認しましょう。


2018年3月26日月曜日

息子のマレーシアでの予防接種


海外で予防接種ってどうなるの?どうするの?ってのを備忘録がてら。


マレーシアで産まれた我が子は、予防接種は基本的にマレーシア推奨(※)のスケジュールで受ける予定です。
と言っても日本で「定期」扱いになっているものはすべて接種する予定で、ただスケジュールが日本とマレーシアだとちょっと違かったりするんですよね。

こちら(※)だと、産まれた翌日にさっそくBCGとB型肝炎があったり。

日本だと3だか4種混合?なのが、こちら(※)だと「6種混合」ってのを接種したりとか。

※病院や医師によっても違うかもしれません

日本だと補助?が出たり無料だったりするかもしれませんが、海外在住の外国人なので、自腹です。
こういうところはケチケチしたくないので構わず接種しますよ。

2018年3月23日金曜日

駐マレーシア日本大使館の警備員さんたちがめっちゃ優しかった件





息子のパスポートが出来上がったので大使館に取りに行ったときの話。


手続きを終えたのが12時頃。
外はカンカン照り。暑そ〜〜〜。


Grabすぐ来るかな〜とぼんやり考えながら出入り口の荷物チェックのところで預けたスマホを返してもらったら、

警備員さんが。

2018年3月22日木曜日

指が腫れて痛くて眠れないのでひばりクリニックのIMC分院に行ってきた


最近オープンしたひばりクリニックのIMC分院に行ってきました。


普段通っている病院はGleneaglesなんですが、Grabで移動するのがちょっと面倒だったのと、ひばりのIMC分院なら自宅から徒歩圏内で、いつか息子が風邪ひいたり発熱したらお世話になるだろうなぁと思ったので、場所の把握がてら。


左手の薬指がこんなことになっちゃって、めっちゃ痛い…
爪のはしっこのピラッピラッってのをひっぺがしたら、そこから化膿したっぽい…




ぐっすり眠れないし、痛いのが辛くて何もかもにイライラする…
こんな自分が嫌すぎる…

2018年3月19日月曜日

クアラルンプールのMid Valleyのイオンの授乳室(Nursing room)メモ


オモニがこっちに来たときに一緒に行ったのが、Mid Valleyのイオン。
イオンならQuill Mallの方が近いんだけど、Mid Valleyのイオンの方がベビー用品売場が広いし、イオン以外にもモール側にベビー用品のお店が多いから、いろいろ見たいなって思って。


で、事前に調べたとおり、イオンのベビー用品売場(1階)の奥に授乳室があるので見てきました。

2018年3月18日日曜日

オモニ、孫に会うために国籍を変えて初の海外旅行でマレーシアへ


オモニ(母)が3泊4日でマレーシアに来てくれたので、思い出ログを。

写真は、KLIAの出発ロビーでイミグレに向かうオモニを見送ったときのもの。
写真中央、白いカーディガンを着ているのがオモニね。

イミグレを無事通ったのを確認して、家路につきました。





で、本題。

2018年3月12日月曜日

クアラルンプールのQuill Mall(イオンが入っているモール)の授乳室(Nursing room)メモ


備忘録 & Quill Mallが行動圏内 & これから出産される方の参考に。

ホームページによると、Quill mallはLG FloorとAEONの2FにNursing roomがあるみたい。
今回行ってきたのは、イオンの2Fの方。
イオンの2Fと言ったらベビー用品売場ですね。


売り場の奥にズンズン進むと、
(もしくは看板の矢印の通りに進むと)


・おむつ交換台(この反対側のロッカーにおむつ交換シートもあり)



2018年3月10日土曜日

39歳になりました (o´∀`o)


最近はこういうのが最高の贅沢

誕生日!
39歳!


去年はこんなことを書いていました。
その1年後にまさかクアラルンプールにいるなんて、人生何が起こるかわからないね。
海外生活を始めて以来、毎年、何が起こるかわかりませんwww

2018年3月6日火曜日

2018年3月5日月曜日

フィリピンの労働雇用省海外雇用局、マレーシアでの直接雇用許可せず






こちらのツイートは3月1日の日刊まにら新聞より:





マレーシアでは、外国人メイドを採用する際は政府認定のエージェントを通す必要があったんですけれども、その法律が変わって、今年の1月からマレーシア人とPR(永住権)を持っている外国人ならメイドを直接雇用できるようになったんですね。


なんですが!!
どうやらフィリピン側は

2018年3月1日木曜日

【ただの日記】産褥アマさん期間が終わり、平日昼間は完全ワンオペとなりました。


3食昼寝付きの生活、ラクだった、、、
どんだけラクだったかはこちらをどうぞ。




2018年2月27日火曜日

【DRESSに寄稿しました】出産はマジで、リリース日もリリース手法すらコントロールできないプロジェクトでした


産後初の原稿!
産褥アマさんに子どもの面倒を見てもらっている間に書きました!



2018年2月24日土曜日

備忘録:産後に追加購入したベビーグッズ






出産前の一時帰国で必要なものはだいたい買ったつもりでいたけど、なんだかんだで足りなくてあれこれ買い足したわー。
LazadaやShopee(こっちのAmazonみたいなサイト)で買ったり、自分の検診で病院に行くついでにショッピングモールで買ったりしたんだけど、LazadaもShopeeも届くまで時間かかるし、Amazon様におかれましては今すぐにでもマレーシア進出をご検討いただきたい次第ですー

まぁAmazonがこっちに進出したところで、届くまでのリードタイムはLazadaやShopeeと変わらないと思うんだけどね…


2018年2月22日木曜日

得意分野のせいで子育てがたまにツライ





プロマネとして「想定されるリスクを事前に洗い出し、それをうまいこと避ける」のが得意分野の一つだったりするし、それ系の想像力はかなり働く方だと思うんですが、
育児(しかも新生児)してるともはや毎時毎分がリスクだらけで、家の中のありとあらゆるものを見るたびに


「これこれがこうなったら危ない」


とあれこれ想像してはブルーになるというネガティブスパイラル。

2018年2月18日日曜日

マレーシアでの妊婦検診や出産費用をまとめてみた


「マレーシアでの出産費用はざっくりおいくら万円でした〜✨」というブログはチラホラ見かけましたがいかんせん情報が古いのと、妊婦健診などの「出産以外のイベントにまつわる費用」まで触れているエントリが見当たらなかったので、「じゃぁ書こうか」と思った次第。


実際に金額をまとめてみたらけっこうなお値段になってて、「産休終わったらモリモリ働かなきゃ〜〜〜」と焦っている今日このごろです。アハハ。


これからマレーシアで出産される方、産むかもしれない方は参考にどうぞ。
個別にご連絡いただければ、先生もご紹介します。
(紹介料とかいらないのでご安心ください)


というわけで本題。


マレーシア・クアラルンプールの私立病院で第一子を産んだ訳ですが、それに伴う妊婦健診・親子教室と、帝王切開による出産&4泊の入院費用etcを全部まとめてみました。
病院・先生次第でお値段はかなり上下すると思うので、「参考程度に」ご覧ください。


ついでに、産褥アマさんの費用も記載しています。
これも出産に伴うコストってことで、参考程度にご覧ください。


前提条件


・日韓夫婦(どっちかがマレーシア人だったらローカルの病院という選択肢もアリだったかも?)
・病院はGleneagles Kuala Lumpur(家から5km圏内で探した)
・出産は、緊急帝王切開 & 4泊入院した(本当は無痛分娩で産むつもりだった)


病院選びについてはここで詳しく書きました。

クアラルンプールでの産院探しがメンタル的に遠い道のりだった話


マレーシアでの出産に伴う諸費用



全部で1,041,185.40円

でした。
細かい明細はこちら。




1RMを28円、1PHPを2.2円で計算しています。
画像をクリックしていただくと、もう少し大きな状態でご覧いただけます😊



検診費用について


検診費用だけだと29.6万円。
日本だと、妊婦検診は自治体から補助券がもらえるので自己負担はそんなにないと思うんですが、こっちでは全て自腹なのでこういう金額になりました。
先生のアドバイスに従って、安定期は4週間に1回ペース、後期は2週間に1回ペース、臨月は毎週ペースで通っていましたが、自分で「いついつ行きたい」と言えばその通りに通えるかもしれません。


7月のNIPTが 、それだけだと確か10万円弱くらいの金額だったと思います。
確か日本だと20万円前後したと思うんで、それと比べたらマレーシアは安いね。
血液を採って、オーストラリアかイギリスかどこかに送って検査…だったと思います。確か10営業日くらいで結果が出ました。


表には書いていませんが、検査のたびに超音波検査(エコー)をやってもらって、写真ももらいました。
産んだあとの今になって後期の写真を見ると、子どもの顔の輪郭が「あぁそうそうこういう顔だわ」とわかる気がします。当時はまったくピンと来ませんでしたが。



出産費用について


約54万円でした。帝王切開&4泊の入院(個室)でこのお値段です。
術後の経過がよかったからか4日目の退院を勧められていましたが、もう1日くらい病院でゆっくりしたかったので4泊して5日目に退院することにしました。
希望すればもう少し長く病院にいられたかもしれません。

なお、この金額には子どもをナーサリーに預かってもらう費用や子どもの検査、予防接種(BGC、B型肝炎)etcの費用も含まれています。


産褥アマさんの費用について


※産褥アマさんとは…
産後の母体ケアと赤ちゃんの世話を専門にやってくれるお仕事。住み込みだったり通いだったりいろいろ選べます。

ここが約20万円。
私がお願いしたフリーランスのおばちゃんは、通常は5500RM(約15万円) & アンパオ300RM(8000円ちょい)なんですが、チャイニーズニューイヤーと丸かぶりなのでちょっと特別料金がのっかっています。


我が家は私の実家&夫の実家に産後のお手伝いに来てもらうつもりはまったくなく、
(まぁ私の実家は正男暗殺事件の影響で親がマレーシアに入国できなくなってしまったってのもある)
産褥アマさんに産後28日間(正しくは退院日から27泊28日)をフルサポートしてもらうことにしました。


20万円ってかなりの金額なんで相当迷いましたが、
ここをケチって、ワンオペでボロボロになって体調がなかなか戻らないのは避けたかったし、多少投資してでも全力で体力回復に努めて、笑顔で家族に接する&産休明けたらすぐ復職できた方が家族みんなハッピーだよねって思って雇うことにしました。


そう、消費じゃなくて投資なんですよ。





何度も言いますが、産褥アマさん、マジで最高。
もし第二子を産むことがあったら、産褥アマさんを雇える国で出産したい。


「産褥アマ」という仕事や探し方、一緒に生活してみて実際どんな感じなのかはここをご覧ください。

産褥アマを探す
産褥アマさんとの生活 準備編
産褥アマさんとの生活 前半戦



以上、マレーシアでの出産費用でした。
何もかもが思ってた以上にお金がかかって、今回このエントリをキッカケにまとめてみて、その金額のデカさにマジでビックリしました。
復職したらバリバリ働かなきゃ〜と思っているのと、貯金しといてホントよかった〜としみじみ思っています。
海外就職組だからこそ、有事に備えた貯金って大事ね。
我が家の資産はJPYとUSDとPHPとMYRの4通貨になって、円高/円安どっちでどう嬉しいのかまったくわからない今日このごろですが…😂




2018年2月14日水曜日

産褥マッサージの二日目と三日目ハイライト


マッサージのおばちゃんが作ってくれた産褥スープは、
二度と飲みたくない味でした😊


ソリが合わない華人おばちゃんとマレー人アシスタントによる産褥マッサージ、3日間コースが無事?終わりました。
 ちなみに施術内容は初日と二日目、三日目すべて同じです。


初日の感想はこちら。


↑のエントリで

> 「骨盤をしめる&お腹を引っ込めるため」という布(帯?)を押し売りされそうになり

と書いた件については、

2018年2月13日火曜日

産褥アマさんとの生活 前半戦 in マレーシア


ある日のスープの材料


1月30日に退院し、親子3人での新生活…ではなく、産褥アマさんを含めた4人での新生活が始まりました。

※産褥アマさんとは…

マレーシア流?産休2ヶ月後に復職するために産褥アマを雇うことに決めた
産褥アマさんとの生活 準備編

あっという間に2週間経っちゃったので、とりあえず現時点での感想などを書いておこうかと。

マレーシア流の産褥マッサージをお願いしたら腕はいいんだろうけどソリが合わないおばちゃんが来た


これは何に使うものでしょうか。
正解は、下の方に。



産後の楽しみの一つが「産褥マッサージ」。


・母乳の出をよくする
・悪露を出す
・子宮の戻りをよくする


という効果があるそうです。


私としてはそんなことよりも
「とりあえず疲れてるからマッサージ!」という気分で、

その次に

リンパの流れをよくしてもらって母乳の出がよくなるならめっちゃラッキー


という感じ。


2018年2月10日土曜日

【備忘録】韓国人が子どもとフィリピンに入国する際の注意事項


韓国人女性は結婚しても苗字が変わらないので、「子どもと自分だけ」で海外旅行する際は国によっては要注意なんですねー

というわけで今回のは、日本人男性と結婚した在日コリアン女性(ていうか自分)向け備忘録。
いつものことですが超レアケースですね。




韓国語読める方は↑で。
日本語訳が必要な方は↓を。

2018年2月9日金曜日

こんなに違うんだー産前と産後の体重と心拍を比べてみた


体重と心拍、産前産後でこんなに変わるんだね、すげぇ、というログ。
いやー、人体の神秘ですわ。

体重


出産前から毎朝体重計に乗るのが習慣だったので、妊婦向けアプリではなくこれまでずっと使っていたアプリでログを取り続けていました。

妊娠がわかったのが2017年5月、そして2018年1月に出産。
ご覧の通り、5月から1月下旬にかけて体重は右肩のぼり、うなぎのぼりでした。
13kgくらい太ったかな。

2018年2月8日木曜日

【息子の検診】退院1週間後の小児科検診&新生児マススクリーニングの一部を任意で検査


2月3日に自分の検診でGleneaglesに行ったばかりですが、子の検診は6日に指定されていたので、改めてGleneaglesに行ってきました。
双方を1つにマージしようかとも思ったけど、一人で外出できる機会もなかなかないだろうから、3日と6日それぞれ行った次第。


平日なので夫は会社、私一人だと無理ゲーなので、産褥アマさんが一緒に来てくれました。


道中、私が貴重品やら息子のためのあれこれが入っているバッグを持ち、産褥アマさんが息子を抱っこしての移動。

2018年2月7日水曜日

【産後検診】帝王切開の翌週に抜糸&術後の検診


退院して書類を整理していたら、
妊娠期間中の診察ログがこんなにたまっていました。


2月3日(先週の土曜日)、退院日の4日後に、術後の検査と抜糸ののため病院に行ってきました。


夫は子の出生届を出しにJPN(国民登録所、出生届や死亡届を出すところ)に行く必要があったので、子どもは産褥アマさんに家で面倒見てもらい、夫と私それぞれ単独行動。


一人で外出って久しぶり!!!
なんか嬉しい!!

2018年1月28日日曜日

【出産レポ】ツイッターに書けなかった帝王切開の話 #海外出産 #マレーシア



「無痛分娩で産むと思ってた3FのLDRから1Fの手術フロアにベッドごと搬送」から「個室に移されるまで」の話。
なお、ツイッターの@suniで、26日朝から30日の退院までの様子をご覧いただけます。よかったらどうぞ😊



・13:30すぎに、「行きますよ」と。ちなみにその前にすでに手術用の服装(ノーパンノーブラ)にはなってた。


・移動中の写真(上)を自分で撮ったり、夫に「私の様子撮って!(下)」して余裕ぶっこいてるように見えるかもだけど、内心やっぱりビビる




・慌ててツイートする(下)





・1Fに到着後、ナースが夫を「別室で着替えてくださいねー」と連行し、別行動となる。夫は着替えたあとそのまましばらく放置プレイとなったようで、「オペ室で出産立ち会いって聞いてたのにもしかして出産に立ち会えないのかも?」と不安になったらしい。私はなんとなく、オペ室で合流かな?と思ってた。


・その頃私は、オペ室手前で40分くらい待機。その間にトイレを済ます。「これが自力で行く最後のトイレかなー」と思うと感慨深い。


・待機中も胎動があるので、お腹を撫でながら「心拍不安定って聞いたけど、大丈夫だよね、元気だもんね、こんなに蹴ってるもんね、早く会いたいよ、でもお腹にいるのがこれで最後だと思うとちょっと寂しいね」と、感慨深いやら嬉しいやら緊張やら寂しいやらで1人で泣いてたら通りすがりのナースにめっちゃ心配されてしまい、ついたて(?)まで用意されてしまう。「いや、あの、うれし涙です、マジですいません、大丈夫です」と謝る。


・たぶん14:30頃、オペ室へ。天井にライトがあって、この感じ、ドラマっぽいね。運ばれたベットから手術台?に乗せられて、「あーこの感じ、ドラマっぽいね」とまた思う。


・左手の甲に点滴、背中に麻酔を。フィリピンでは帝王切開の場合は全身麻酔って聞いたような気がするけど(真偽不明)、ここでは部分麻酔。お腹から下。


・背中に麻酔を打ってもらう時の姿勢は、あぐら組むような感じ? お腹が大きくてくるしいのに「丸くなって」って、無理ー!左右からナースにガッツリ抑えられて「もしや逃げないようにするため?どんだけ痛いのかよ」とビビってたけど全然だった。


・麻酔打たれてベッドに仰向けになったら、下半身がほんわか暖かくなる。触られたり何かされてる感覚はあるけど、もう動かせない!すごい!


・ちなみに点滴と麻酔は麻酔医がやってくれた(麻酔専門の人がいる)。いつも見てもらってる産婦人科の先生と、あともう1人女医?がサブで執刀っぽい。


・尿管?って言うのかな、を装着される。


・点滴針がある左手は胸の上、右手は右に伸ばして血圧測るのを巻かれる。


・切られてる様子を見れるのかと思ったけど、仕切り?みたいなのをされて、全く見えない。


・夫が登場。私の右手の脇に座り、私の右手を握っててもらう。私も緊張してたけど、夫もたぶん緊張してたと思う。来てくれて一安心。


・麻酔が効き出してから急に吐き気が来て、呼吸も急にしづらくなり、ややビビる。「息吸いづらい、やばい」と夫にささやく。夫が「つらかったら喋らなくていいよ」って言ってくれたけど逆に喋ってないと意識が飛ぶ気がして、ハァハァしながら何かを喋ってた気がする。吐き気は1分もせずに収まったけど、呼吸はずっと、浅いのをハァハァ繰り返してた。


・いつのまにか手術スタート。お腹を押されたりってのはわかるけど、切られてる自覚はない。不思議。


・麻酔医が「そろそろだよ」と教えてくれ、少ししたら「ほぎゃーほぎゃー」とギャン泣きが聞こえた。産まれた!泣いた。あとでわかったんだけど、産まれたのは14:49(日本時間だと15:49)


・助産師?が赤ちゃんの体を拭いてくれ、私の肩の脇に。夫のスマホでまずは赤ちゃんとのツーショット。私は泣き腫らした目でww


・オペ室で夫と3人の写真も撮りたかったけどそう言う余裕なく、赤ちゃんはどこかへ。今回の出産での最大の後悔。


・縫い終わり、オペ終了。夫はここで退散し、入院する個室に先に移動。私は別のエリアで30分ほど、暖かい光?を当てられてたのかな。震えは多少あったけど寒さは感じなかった。


・ベットのまま、3Fの個室へ。この時すでに現地時間16時頃。



ここまでが、オペ前から終わるまで、後の空白・3時間半くらいの出来事でした。
このあと、これに続きます。


2018年1月27日土曜日

マレーシアで住み込みメイドを雇う(4)メイド採用にまつわるQ&A


26日に入院しているはずの@suniですが(これを書いているのは25日)、とりあえず産後バタバタするだろうからこれだけは先にアップしちゃいます。
(夫にも読んでもらいたいので)


これまで、


住み込みメイドを雇うためのエージェントの探し方
その仲介手数料
住み込みメイド採用に必要な条件と書類


について書いてきました。
シリーズ最後になると思われるこのエントリでは、住み込みメイド採用に関してこれまで湧いた疑問点とその答えを忘れないうちにまとめておきます。




2018年1月26日金曜日

マレーシアで住み込みメイドを雇う(3)メイド採用に必要な条件と書類


これが公開される頃には入院するために病院に向かっていると思われる@suniです。
誘発→出産の予定。誕生日は26日になるのかしらね。


さて。
これまで、

住み込みメイドを雇うためのエージェントの探し方
その仲介手数料


について書いてきました。
今回は、

・住み込みメイドの採用に必要な条件と書類

についてご紹介したいと思います。




2018年1月25日木曜日

【妊婦検診】妊娠40週、体重は+12.5kg、子どもの体重3250g、NSTやったら「明日入院ね」って言われた


1月25日、出産予定日の@suniです。こんにちは。
NSTやったら、「明日入院して誘発剤を入れよう」と言われました。

うひょー!




写真は、診察の帰りにAvenue Kのダイソーで買ったペットボトルキャップ。
陣痛でウンヌンしている最中や産後に横になっている時に、これがあると超便利だと聞いて。
んでなんとなく、予備のストローも買っといた。



マレーシアで住み込みメイドを雇う(2)メイド採用の仲介手数料


人材ビジネスってお金になるんだなぁとしみじみ思った@suniです。こんにちは。

1つ前のエントリ、
(1)メイドのエージェントの探し方

でご紹介したとおり、住み込みメイドを雇うと決めて、エージェントも見つかりました。
このエントリでは、マレーシアでメイド採用に必要な手数料についてご紹介したいと思います。

っていうかものすごい額です。
マジでビビる。
日本円で改めて計算して、今さらながらオロオロしてる。。。

そんな、驚きの手数料をどうぞ↓

2018年1月24日水曜日

マレーシアで住み込みメイドを雇う(1)メイドのエージェントの探し方


出産を間近に控え、産休明けの復職準備も進めている@suniです。


フィリピンにいた4年間で、「メイドに家事をアウトソースする生活」の素晴らしさをしみじみと実感したので、その頃から夫とは「子どもが産まれたら、住み込みのメイドを雇って家事を可能な限りアウトソースしながら復職したい」という話はしていました。
マレーシアに引っ越してきてからも、その気持ちは変わりません。


フィリピン同様、メイドを安く雇えるんだろうなぁ〜〜〜と安易に考えていました。






安易過ぎました。

2018年1月23日火曜日

産褥アマさんとの生活 準備編 in マレーシア





産休に入った@suniでーす!!


ここまで長かった〜〜〜😊


つかの間のフリータイムをしみじみ味わいたいと思います。


そして、
産後1ヶ月は産褥アマさんが住み込みで私と赤ちゃんのサポートをしてくれることになっているので、
(そのあたりの話はこちらを→ マレーシア流?産休2ヶ月後に復職するために産褥アマを雇うことに決めた


しばらく家事や炊事をしなくてもよくなるのが何気に楽しみーー!


そんな産褥アマさん、
22日(月)の日中に、1ヶ月分の荷物を置きに我が家にやってきました。

2018年1月19日金曜日

日本と東南アジアの産休育休比較や海外出産のメリデメなど


1月25日が出産予定日だけどまだ働いている@suniです。こんにちは。

子ども服やタオル類の水通しも、臨月に入って慌てて済ませたくらいですw





ベランダはあるけど物干し竿とかがないので、キッチンの奥のこういうところで干すみたいです。





さて、産休のスケジュールを決めました。
ちなみになんですが、知る限りフィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、香港あたりはだいたい産休が2-3ヶ月。
フィリピンは、普通分娩だと60日で、帝王切開だと78日だったかな。

※WHOかどこかの推奨より短いとかで、「産休制度をもっと長くしろ」という法案が通りそうらしいんだけど、まだ最終決定はしてないみたい。


前までは
「陣痛来たらそこから産休かな〜、遅れるかもしれないから、早めに産休入ると損かも?」
と考えていましたが、 火曜日の午後から風邪引いて「出産直前に体調悪くしてる場合じゃない」と考え直し、


・1月23日(火)から
・3月23日(金)まで


の60日、産休を取ることにしました。


と言うわけで、せっかくなんで、


・日本 vs フィリピン 産休育休で休める期間
・日本 vs フィリピン 産休育休中にもらえるお金
・海外で出産することのメリデメ
・海外での保活


あたりについてまとめておこうと思います。


2018年1月18日木曜日

マレーシアのベビーグッズや粉ミルク、オムツなどのお値段


先日、慌てて粉ミルクとオムツを買った@suniです。こんにちは。


一通り、子どもが産まれたあとに必要なものはこれで揃った気がします。たぶんね。


やっと、「名前考えるぞ」モードになりました。
いや、考えてはいるんですが…
私の案はたぶん夫にはピンと来てなくて、
夫の案はまさかのまさか、私が10年前に付き合っていた人の名前で「却下」


お互い「再度考える」というステータスなのです。はい。


という名前の話はさておき、この先の備忘録(どこで買えるか)とこの先KL界隈で第一子を産むかもしれない方向けに、最近買ったもののお値段と場所を残しておきます。
日本のものの値段を把握しておけば、ローカルブランドや外資のものはもっと安く買えるだろうと思っています。

2018年1月17日水曜日

【妊婦検診】妊娠38週、体重は+12kg、子どもの体重があまり増えてない感じ(それでも3000超えてるんだけど)




いよいよ出産予定日(25日)が近づいてきたけど、写真の整理があまり終わってなくて焦り気味な@suniです。こんにちは。


いや違う。
写真の整理よりも、子どもの名前を考えるほうが先だよね〜。
はい、わかってます!


こっちは普通分娩(含む無痛)だと2-3泊で、退院までに出生証明書のソースになる書類をドクターに書いてもらう必要があるから、名前の候補は決めておきたい…


あれっ、ブログ書いてる場合じゃないかもー!
ていうか仕事してる場合じゃないかもー!
いつ産休入ろうかなぁ。


なんとなくだけど、予定日(25日)より遅れそうな気はしてて、夫の誕生日が1月31日だから、その日(しかも大安、満月)に産まれたらすごいよなぁ〜〜〜なんて思ったり。
お腹にも「31日がいいな〜」って話しかけてます。


2018年1月15日月曜日

備忘録:Time Capsuleから救出した写真の一部のタイムスタンプがおかしかったからexiftoolで直した





やり方をメモしておかないと絶対に忘れる気がしているのと、ネットで見つけたサイトだと「その情報いらない」というものもけっこう載ってて私が欲しい情報にたどり着くのに時間がかかったので、完全に自分向け備忘録です。



オレオレ前提条件


・Time CapsuleのHDDがお逝きになられたのでData Rescueを使って復旧した
・さぁ、どうしよう?
・Time Capsuleが壊れて以来、Google Photoがメインのバックアップ先
・Google Photoは、作成したアルバムの並びが、なんと、中の写真の撮影日時に依存する
・そんな中、Time Capsuleから救出した写真データの一部の撮影日(?)がおかしい
・つまり、例えば2007年のアルバムの並びに2001年のアルバムが挟まることがある
・そんなの嫌だ


ということが起こり、写真の撮影日時を編集できる方法を探した次第。


** MacのPhotosならそれなりにパパッと変えられるかもしれないけど、Photos & iCouldの組み合わせはもう使わないことにしてて(Macbook Air自体の容量の問題もあるし)、壊れたHDDからサルベージしたデータをいちいちPhotosに投入するのも面倒なのでやらないことにした。


** 2018年1月10日時点の情報です。あと、当方の環境はMacbook Air、OS X El Capitan(v10.11.6)です。Windowsの場合のやり方はわかりません。すみません。


2018年1月11日木曜日

【マレーシア】メイド雇用オンライン申請フォームの重要な情報をGoogle翻訳でマレーシア語から英語にした


既報の通り、SMOでメイドの直接雇用がOKなのはマレーシア人とマレーシア永住権保持者だけということがわかってショックを受けている@suniです。こんにちは。
あぁ〜〜〜、フィリピンに帰りたい欲がまたふつふつと…


と嘆いても仕方がないので、ベストエフォートで前に進むしかないんですけどね。



* SMO = 政府が年末年始に公開したSISTEM MAID ONLINE(SMO)というメイド雇用オンライン申請フォームのこと



はぁ〜〜〜
直接雇用だったらせいぜい10万円で済むコスト(ビザ代etc)が、エージェント経由すると40万円もするんですよね…
何気にショック…



これに気づくまで、サイトの情報をマレーシア語から英語にちまちまと訳してたんですが、後の祭り。
まぁ私ががんばったのはコピペで、実際に訳したのはGoogle Translateなんですけれども、
備忘録がてら、後学がてら、残しておきたいと思います。



1. トップページ
2. 主な条件
3. FAQ
4. 登録画面


という順でシェアしていきますね。

【マレーシア】ショック!メイドの直接雇用がOKなのはマレーシア人とマレーシア永住権保持者だけな件


子どもが産まれたら住み込みのメイドを雇って社会復帰する気満々の@suniです。こんにちは。


これまで、マレーシアで住み込みのメイドを海外から呼び寄せるには政府公認のエージェントを通す必要があったんですが、昨年10月末にマレーシアの移民局がこんなニュースを発表しました。


外国人のメイドを雇用主が直接雇用できるシステムを2018年1月から導入する


エージェントに手配をお願いすると、40万円以上かかるのがなんと自力でやると10万円ちょいで済むんです。



30万円近く節約できる!!!!!



とテンアゲ。



ついこないだまでフィリピンにいた私たち。不思議なご縁ではあるんですがフィリピン国内にアテがみつかり、もともとそのメイドさんを呼び寄せる前提でマレーシア国内のエージェントとやりとりを開始し、彼女のパスポート更新を待っているというステータスでした。エージェントのレスポンスがあまりよくないので、ここに大金支払いたくないなぁと悶々としていた矢先にこの情報!!

渡りに船とはこのこと!!

「年が明けたら申請フォームを確認し、必要な書類を揃え、手続きを開始しよう」と思っていたんです。


ところが…

2018年1月10日水曜日

Time CapsuleのHDDがお逝きになったので分解しHDDを取り出しデータ復元ソフトを使って写真や動画などのデータを救出した


出産予定日まであと2週間ちょっとの@suniです。
おはようございます\(^o^)/


出産までに済ませたいタスクの一つ、

・物理的に破損しているTime CapsuleのHDDから写真などの大事なデータをサルベージする

を無事終わらせたので、何をどうしたのか備忘録がてら書いておこうと思います。







0. 背景


AppleのTime Capsuleという、Wifi経由でMacbookのデータを自動でバックアップできる機械を2011年8月に購入したんですね。
実家でWifi使えるようにしたかったのと、バックアップできる環境を持っておきたいなって思って。

そして2013年、海外就職に伴ってフィリピンに持ち込み、新居で環境設定しようとしたら… 繋がらない。調べてみたところ、HDDがお逝きになっているっぽい。

フィリピンにはApple Storeがなく、当時はどこでどういう修理を受けられるのかわからなかったので、日本に行くタイミングでApple Store GinzaのGenius Barに持ち込んでみました。

で、調べてもらって確定診断。
「HDDが物理的にダメになってます。ここではこれ以上のことはできません」
(暗に、自力でだったらなんとかなるかもよ、と言われたような気がする)


自力でなんとかできるなら…ということでまたフィリピンに持ち帰り、しばらくただの文鎮と化していました。


以来3-4年。
マレーシアにも文鎮Time Capsuleを持ち込み、いつかなんとかしようと思っていて、やっととの時が来ました。


はい、出産予定日が近いんですねー。
今やらないと、たぶん一生やらない気がするんですよねー。


実は、「やろうと思った時にできるように」とこれは日本で買ったんです。
詳しくはあとで。




ではこれより、

1. Time CapsuleからHDDを抜く
2. データの有無を確認する
3. データ復元ソフトを使って吸い出す


という3章でお届けします。


2018年1月9日火曜日

【妊婦検診】妊娠37週、体重は+12.5kg、かゆみ止めなどの薬をもらった in マレーシア


1月25日が出産予定日の@suniです。おはようございます\(^o^)/
妊娠37週に入り、検診が週1ペースになりました。
37週や38週で産んでいるプレママさんもいるので、私もいつ産気づいてもおかしくないのかもしれない…
ドキドキ…


2018年1月4日木曜日

【フィリピン】要注意!最大手銀行の一つであるBDO、チップのついてないATMカードは近々使えなくなります


BDOの口座を持っている方は要注意。
特に、直近数年ではなくて「昔、ATMカードを作った人」

画像はBDOのサイトより
画像クリックで当該サイトに飛びます(英語)


では本題。
新年早々めんどくさい話ですがBDOのホームページに告知が出てまして、
(いやまぁ告知は昨年末から出ていたんですけれども)


「ICチップのついていないATMカード」は1月31日以降使えなくなるから、持っている人はそれを発行してもらった支店でチップ入りATMカードに交換してもらってね!


だそうです。
えー!



というわけで、皆さんお手持ちのATMカードを確認なさった方がいいかもしれません。






FAQから重要そうな情報だけピックアップしますと…

2018年1月3日水曜日

【妊婦検診】妊娠36週、体重は+12.5kg、年内最後の検診でした〜。費用は8600円 in マレーシア


12月28日で36週・10ヶ月・臨月に入ったので恒例の写真を。




さて。
12月29日の午後、年内最後の検診に行ってきました。
2週間ぶりの検診。
マレーシアは「年末年始感」はさほど出ないっていうか、年末最終週でも病院は普通にやってるし、年始も2日から通常営業。

2018年1月2日火曜日

見落としてた休みについて追記あり→【フィリピン】2018年の祝日カレンダーと、移動祝日の予想


新年明けましておめでとうございます!
マレーシアもフィリピンも年末年始はカレンダー通りなので(30,31が土日で1日が祝日ってだけ)、2日から普通に出勤です。


えっ、臨月なのにって?


東南アジア新興国は、特にトラブルがないかぎり出産ギリギリまで働くのがデファクトスタンダードです。
まぁ私はインターネットとパソコンがあれば仕事ができるデスクワークですしね。
予定日は今月25日でして、その頃までは普通に働いているんじゃないでしょうか。


陣痛が来るか、破水するか、なんらかのトラブルが起きるか、体力の限界を感じるか、のいずれかのタイミングで「産休はいりまーす」と宣言すると思います。
引き継ぎ準備は年末から進めてるんで、たぶん大丈夫でしょう。


産後は産褥アマさんが1ヶ月住み込みで私と赤ちゃんの面倒を見てくれることもあり、ゆっくりできるんじゃないかと思います。



さて、本題。
やってきた2018年を丁重にお迎えするために、今年の祝日も丁重に把握しておきたいと思います。


毎年7月か8月には政府のサイトで告知されている祝日カレンダーですが、いつも「Proclamationどこだっけ?」となるので、自分のブログに備忘録がてら貼っておこうかと思いますw


私はマレーシアで働いていますが、チームメンバーは9割がフィリピン、1割がインドネシアという感じなので、祝日はフィリピンのカレンダーに合わせています。
というわけでフィリピンの2018年祝日情報ですよ〜!


Blog Archive