2018年12月5日水曜日

TOEIC終了後に「失格です、採点できません」と言われた話




忘れもしない、2012年9月23日の15時頃。
休職中でありながらも(詳しくはここをクリック)英語の勉強意欲はあったので、
家に篭もって体調と相談しながら勉強する生活。


そんな頃のTOEIC受験でした。


TOEICの200問全て解き終わり、「スコアはともかく、2時間で解くペースはバッチリだなドヤッ」としてた頃。
試験終了のほんの少し前。



どこかから、試験終了の合図とは違う「ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴ」という音がけたたましく鳴り出しました。

左後の方から聞こえてきた気がして、
「あーあ、試験中音鳴らすなって言われてるのに、バカだねぇ」
と思ってたら、私の腕時計でした。






マナーモードに設定したはずの私のG-SHOCK(しかもわざわざTOEIC用に東急ハンズで急いで購入したヤツ)から、



2時間のタイマーの終了を伝える音がけたたましく鳴り響いたのです。


ちょ、えっ


そして試験終了。


問題用紙と回答用紙を回収されるタイミングで、試験官から「話があるのでそのまま残っててください」と言われました。
学生時代にすら居残りなんて言われたことにないのに、なんですって!?


そして
「試験中に音がなったのはルール違反です。申し訳ないのですが、今回は採点できません」と告げられました。


ええええええええええ



腕時計はマナーモードにしていた。私の過失ではないのでは?仮にメーカーが過失を認めたら採点してもらえますか?(ダメだと思ってたけどちょっと興味あったから聞いてみた)


「仮にそうだったとしても、音がなった事実には変わりはないので、今回は申し訳ございません」


だよね…(´Д` )


早起きして大雨の中わざわざ京橋まで向かい、200問無事解き終わってそこそこ手応えもあったのに…


という訳で、先日のTOEICは採点されないことになりました。


そもそも「本番にそんなミスするんだよバカ!」って話なんですけど、ロクに説明書読んでなくて、タイマー機能の時間設定方法がわからなかったんですよねーあははー。
(今まではカウントアップで2時間測ってた)
それが当日の朝、触ってたらうっかりわかって、「なんだーこうすりゃーよかったじゃん〜」って思い、本番に初めてタイマー機能で時間を測ることにしたらまんまと音が鳴っちゃった、という次第。



皆さん、TOEIC用の腕時計は、G-SHOCKは辞めたほうがいいです。
表示上マナーモードにしていても、タイマー終了の音は「鳴るのが仕様」です。



※オマケ
ちょっと驚いたのが、帰り際に試験官から「本件、すんなりご理解いただきありがとうございます」と言われたこと。


もしや、相当ゴネる人がいるんですか?



「…」



そうなんですね、そうなんですね、、、、、



※オマケその2
カシオに「マナーモードのマークが表示されているのにタイマー終了音が鳴るって、UIUX観点からしておかしくないですか?」って連絡したら「仕様です」的な定型文が来た。






関連商品



この時計で失敗しました。楽天だと半額くらいで買えます。



芯の太いシャーペンを使うとかなり時間短縮になるのでオススメ。



諦めずに最後の数日で勝負?



以上、ご覧いただきありがとうございました。


ディープなマレーシア情報はこちらからどうぞ。
ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊




~ はじめましての方はこちらも ~



~ マレーシア生活あれこれ ~






最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

Blog Archive