Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年2月27日火曜日

【DRESSに寄稿しました】出産はマジで、リリース日もリリース手法すらコントロールできないプロジェクトでした


産後初の原稿!
産褥アマさんに子どもの面倒を見てもらっている間に書きました!



2018年2月24日土曜日

備忘録:産後に追加購入したベビーグッズ






出産前の一時帰国で必要なものはだいたい買ったつもりでいたけど、なんだかんだで足りなくてあれこれ買い足したわー。
LazadaやShopee(こっちのAmazonみたいなサイト)で買ったり、自分の検診で病院に行くついでにショッピングモールで買ったりしたんだけど、LazadaもShopeeも届くまで時間かかるし、Amazon様におかれましては今すぐにでもマレーシア進出をご検討いただきたい次第ですー

まぁAmazonがこっちに進出したところで、届くまでのリードタイムはLazadaやShopeeと変わらないと思うんだけどね…


2018年2月22日木曜日

得意分野のせいで子育てがたまにツライ





プロマネとして「想定されるリスクを事前に洗い出し、それをうまいこと避ける」のが得意分野の一つだったりするし、それ系の想像力はかなり働く方だと思うんですが、
育児(しかも新生児)してるともはや毎時毎分がリスクだらけで、家の中のありとあらゆるものを見るたびに


「これこれがこうなったら危ない」


とあれこれ想像してはブルーになるというネガティブスパイラル。

2018年2月18日日曜日

マレーシアでの妊婦検診や出産費用をまとめてみた


「マレーシアでの出産費用はざっくりおいくら万円でした〜✨」というブログはチラホラ見かけましたがいかんせん情報が古いのと、妊婦健診などの「出産以外のイベントにまつわる費用」まで触れているエントリが見当たらなかったので、「じゃぁ書こうか」と思った次第。


実際に金額をまとめてみたらけっこうなお値段になってて、「産休終わったらモリモリ働かなきゃ〜〜〜」と焦っている今日このごろです。アハハ。


これからマレーシアで出産される方、産むかもしれない方は参考にどうぞ。
個別にご連絡いただければ、先生もご紹介します。
(紹介料とかいらないのでご安心ください)


というわけで本題。


マレーシア・クアラルンプールの私立病院で第一子を産んだ訳ですが、それに伴う妊婦健診・親子教室と、帝王切開による出産&4泊の入院費用etcを全部まとめてみました。
病院・先生次第でお値段はかなり上下すると思うので、「参考程度に」ご覧ください。


ついでに、産褥アマさんの費用も記載しています。
これも出産に伴うコストってことで、参考程度にご覧ください。


前提条件


・日韓夫婦(どっちかがマレーシア人だったらローカルの病院という選択肢もアリだったかも?)
・病院はGleneagles Kuala Lumpur(家から5km圏内で探した)
・出産は、緊急帝王切開 & 4泊入院した(本当は無痛分娩で産むつもりだった)


病院選びについてはここで詳しく書きました。

クアラルンプールでの産院探しがメンタル的に遠い道のりだった話


マレーシアでの出産に伴う諸費用



全部で1,041,185.40円

でした。
細かい明細はこちら。




1RMを28円、1PHPを2.2円で計算しています。
画像をクリックしていただくと、もう少し大きな状態でご覧いただけます😊



検診費用について


検診費用だけだと29.6万円。
日本だと、妊婦検診は自治体から補助券がもらえるので自己負担はそんなにないと思うんですが、こっちでは全て自腹なのでこういう金額になりました。
先生のアドバイスに従って、安定期は4週間に1回ペース、後期は2週間に1回ペース、臨月は毎週ペースで通っていましたが、自分で「いついつ行きたい」と言えばその通りに通えるかもしれません。


7月のNIPTが 、それだけだと確か10万円弱くらいの金額だったと思います。
確か日本だと20万円前後したと思うんで、それと比べたらマレーシアは安いね。
血液を採って、オーストラリアかイギリスかどこかに送って検査…だったと思います。確か10営業日くらいで結果が出ました。


表には書いていませんが、検査のたびに超音波検査(エコー)をやってもらって、写真ももらいました。
産んだあとの今になって後期の写真を見ると、子どもの顔の輪郭が「あぁそうそうこういう顔だわ」とわかる気がします。当時はまったくピンと来ませんでしたが。



出産費用について


約54万円でした。帝王切開&4泊の入院(個室)でこのお値段です。
術後の経過がよかったからか4日目の退院を勧められていましたが、もう1日くらい病院でゆっくりしたかったので4泊して5日目に退院することにしました。
希望すればもう少し長く病院にいられたかもしれません。

なお、この金額には子どもをナーサリーに預かってもらう費用や子どもの検査、予防接種(BGC、B型肝炎)etcの費用も含まれています。


産褥アマさんの費用について


※産褥アマさんとは…
産後の母体ケアと赤ちゃんの世話を専門にやってくれるお仕事。住み込みだったり通いだったりいろいろ選べます。

ここが約20万円。
私がお願いしたフリーランスのおばちゃんは、通常は5500RM(約15万円) & アンパオ300RM(8000円ちょい)なんですが、チャイニーズニューイヤーと丸かぶりなのでちょっと特別料金がのっかっています。


我が家は私の実家&夫の実家に産後のお手伝いに来てもらうつもりはまったくなく、
(まぁ私の実家は正男暗殺事件の影響で親がマレーシアに入国できなくなってしまったってのもある)
産褥アマさんに産後28日間(正しくは退院日から27泊28日)をフルサポートしてもらうことにしました。


20万円ってかなりの金額なんで相当迷いましたが、
ここをケチって、ワンオペでボロボロになって体調がなかなか戻らないのは避けたかったし、多少投資してでも全力で体力回復に努めて、笑顔で家族に接する&産休明けたらすぐ復職できた方が家族みんなハッピーだよねって思って雇うことにしました。


そう、消費じゃなくて投資なんですよ。





何度も言いますが、産褥アマさん、マジで最高。
もし第二子を産むことがあったら、産褥アマさんを雇える国で出産したい。


「産褥アマ」という仕事や探し方、一緒に生活してみて実際どんな感じなのかはここをご覧ください。

産褥アマを探す
産褥アマさんとの生活 準備編
産褥アマさんとの生活 前半戦



以上、マレーシアでの出産費用でした。
何もかもが思ってた以上にお金がかかって、今回このエントリをキッカケにまとめてみて、その金額のデカさにマジでビックリしました。
復職したらバリバリ働かなきゃ〜と思っているのと、貯金しといてホントよかった〜としみじみ思っています。
海外就職組だからこそ、有事に備えた貯金って大事ね。
我が家の資産はJPYとUSDとPHPとMYRの4通貨になって、円高/円安どっちでどう嬉しいのかまったくわからない今日このごろですが…😂




2018年2月14日水曜日

産褥マッサージの二日目と三日目ハイライト


マッサージのおばちゃんが作ってくれた産褥スープは、
二度と飲みたくない味でした😊


ソリが合わない華人おばちゃんとマレー人アシスタントによる産褥マッサージ、3日間コースが無事?終わりました。
 ちなみに施術内容は初日と二日目、三日目すべて同じです。


初日の感想はこちら。


↑のエントリで

> 「骨盤をしめる&お腹を引っ込めるため」という布(帯?)を押し売りされそうになり

と書いた件については、

2018年2月13日火曜日

産褥アマさんとの生活 前半戦 in マレーシア


ある日のスープの材料


1月30日に退院し、親子3人での新生活…ではなく、産褥アマさんを含めた4人での新生活が始まりました。

※産褥アマさんとは…

マレーシア流?産休2ヶ月後に復職するために産褥アマを雇うことに決めた
産褥アマさんとの生活 準備編

あっという間に2週間経っちゃったので、とりあえず現時点での感想などを書いておこうかと。

マレーシア流の産褥マッサージをお願いしたら腕はいいんだろうけどソリが合わないおばちゃんが来た


これは何に使うものでしょうか。
正解は、下の方に。



産後の楽しみの一つが「産褥マッサージ」。


・母乳の出をよくする
・悪露を出す
・子宮の戻りをよくする


という効果があるそうです。


私としてはそんなことよりも
「とりあえず疲れてるからマッサージ!」という気分で、

その次に

リンパの流れをよくしてもらって母乳の出がよくなるならめっちゃラッキー


という感じ。


2018年2月10日土曜日

【備忘録】韓国人が子どもとフィリピンに入国する際の注意事項


韓国人女性は結婚しても苗字が変わらないので、「子どもと自分だけ」で海外旅行する際は国によっては要注意なんですねー

というわけで今回のは、日本人男性と結婚した在日コリアン女性(ていうか自分)向け備忘録。
いつものことですが超レアケースですね。




韓国語読める方は↑で。
日本語訳が必要な方は↓を。

2018年2月9日金曜日

こんなに違うんだー産前と産後の体重と心拍を比べてみた


体重と心拍、産前産後でこんなに変わるんだね、すげぇ、というログ。
いやー、人体の神秘ですわ。

体重


出産前から毎朝体重計に乗るのが習慣だったので、妊婦向けアプリではなくこれまでずっと使っていたアプリでログを取り続けていました。

妊娠がわかったのが2017年5月、そして2018年1月に出産。
ご覧の通り、5月から1月下旬にかけて体重は右肩のぼり、うなぎのぼりでした。
13kgくらい太ったかな。

2018年2月8日木曜日

【息子の検診】退院1週間後の小児科検診&新生児マススクリーニングの一部を任意で検査


2月3日に自分の検診でGleneaglesに行ったばかりですが、子の検診は6日に指定されていたので、改めてGleneaglesに行ってきました。
双方を1つにマージしようかとも思ったけど、一人で外出できる機会もなかなかないだろうから、3日と6日それぞれ行った次第。


平日なので夫は会社、私一人だと無理ゲーなので、産褥アマさんが一緒に来てくれました。


道中、私が貴重品やら息子のためのあれこれが入っているバッグを持ち、産褥アマさんが息子を抱っこしての移動。

2018年2月7日水曜日

【産後検診】帝王切開の翌週に抜糸&術後の検診


退院して書類を整理していたら、
妊娠期間中の診察ログがこんなにたまっていました。


2月3日(先週の土曜日)、退院日の4日後に、術後の検査と抜糸ののため病院に行ってきました。


夫は子の出生届を出しにJPN(国民登録所、出生届や死亡届を出すところ)に行く必要があったので、子どもは産褥アマさんに家で面倒見てもらい、夫と私それぞれ単独行動。


一人で外出って久しぶり!!!
なんか嬉しい!!

Blog Archive