2018年2月7日水曜日

【産後検診】帝王切開の翌週に抜糸&術後の検診




退院して書類を整理していたら、
妊娠期間中の診察ログがこんなにたまっていました。


2月3日(先週の土曜日)、退院日の4日後に、術後の検査と抜糸ののため病院に行ってきました。


夫は子の出生届を出しにJPN(国民登録所、出生届や死亡届を出すところ)に行く必要があったので、子どもは産褥アマさんに家で面倒見てもらい、夫と私それぞれ単独行動。


一人で外出って久しぶり!!!
なんか嬉しい!!





帝王切開後の検診内容


帝王切開の手術痕に貼っていた絆創膏を剥がし、傷跡のチェック。
経過は順調とのことで、そのまま抜糸。
何か、一本スルッと抜いただけみたい。どうやって縫ったんだろう?謎。


そんで、スプレーでお腹の傷跡まわりを何かスプレーみたいなので


「シューーーーーーッ」


とされて、終わり。



これ以降シャワーの際は特に傷跡を覆う必要はなく、自由にお風呂入っていいよ、とのこと。
やったー😊


※産褥アマさんは「シャワーは短めに」「頭は毎日洗う必要ない」と口うるさいけど、我が家は夫妻用のバスルームは寝室にあってシャワーに何分かかったってのはバレないので、私のペースでシャワー浴びてますw


かゆみ止め(絆創膏張ってた部位が痒い)と、傷跡の治りをよく?早く?するジェルを処方してもらいました。


お値段は


検査代:530RM/14900円
薬:201.15RM/5650円

合計:731.15RM/約2万円!!!

となりました。



妊婦検診のお値段は「まぁそういうもんか」と思ってたけど、術後の検診もけっこうなお値段で、ジワジワくるね…
子どもの予防接種代もかかるし…
お金稼がないと…
はわゎ…


オマケ


病院のスタバで、産褥アマさんが見たら激怒しそうなもの(ソイラテとチーズケーキ)を食べちゃいました😊
すっげーおいしかった!!!









最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive