◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

ラベル 海外出産 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 海外出産 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年8月8日水曜日

マレーシアで日本式の離乳食をはじめました





息子が6ヶ月になったので、離乳食を始めました。


マレーシアだと野菜か果物から始める(※)みたいですが、我が子はジャパニーズ方式=米で行きます。


※その話を聞いた時のエントリがこちら
クアラルンプールで子育て:小児科医の離乳食と言語に対するアドバイス


まわりの先輩パパママたちから

・せっかく作っても全然食べないよ
・汚れた時に備えてブルーシート敷いといた方がいい


などと散々聞いたのである意味期待値コントロールはバッチリですが、我が息子、離乳食は食べてくれるのでしょうか。

2018年8月5日日曜日

住み込みのフィリピン人メイドを雇って3ヶ月


今となっては高い手数料払ってわざわざ雇うかどうかを散々迷ってた時間がもったいない…




去年の10月?くらいにフィリピン在住の知人に紹介してもらい、

というか正しくは
「その子、中東に出稼ぎに出たがってるんだったら、私のところによこしてもらえませんか?マレーシアなら中東より近いし、私ならフィリピン在住経験もあるしタガログ語も少しわかるしメイド雇ってた経験もあるから、メイド本人にとっても悪くないと思うんです」
とまさかのオファーを出し、

私がマレーシアでメイド採用を依頼しているエージェントとつながっているフィリピン側のエージェントをそのメイドに紹介してそこに行かせ、



2018年8月3日金曜日

ポジティブ編:5ヶ月ほどジーナ式のネントレを続けてみた感想






息子が産まれて半年たったので、息子が1ヶ月のときからこれまで続けているジーナ式のネントレについて、前編の「ネガティブ編」に引き続き今回は「ポジティブ編」を書いてみようと思います。


先に公開した「ネガティブ編」で、ジーナ式とジーナおばさんについてさんざんなことを書きましたが(ジーナ式についてもそちらをどうぞ)、


5ヶ月ほどジーナ式のネントレを続けてみた感想:ネガティブ編


それでも「やる価値はある」と思ったのでジーナ式を続けています。


※住み込みのメイドがいるからジーナ式のタイトなスケジュールをやすやすこなせてるってのは大いにありますが、今回はそこには触れません


というわけで今回は、
前回さんざんネガティブなことを書いたのにそれでもジーナ式を続ける理由について書きますね。
また、後ろのほうで「ジーナおばさんの言いつけを守っていないポイント」も書いておきますので参考にご覧ください。

2018年7月30日月曜日

5ヶ月ほどジーナ式のネントレを続けてみた感想:ネガティブ編





息子が産まれて半年、ジーナ式ネントレを始めて5ヶ月たち、いい機会なのでここまでのジーナ式ネントレ経験について書き残しておきます。



・ネガティブな感想(この記事)
・ポジティブな感想(数日後に公開予定)



という流れで書きますね。
ジーナ式ってなに?ネントレって効くの?興味あるんだけど、生後2-3ヶ月からでも大丈夫?って思っているそこのあなたはぜひ参考にご覧くださいね。



ところで、ジーナ式のネントレを知ったキッカケはこちら。



やじーのブログを見て「これはよさげだ」と思いノータイムポチリした次第です。
(海外在住なので、ポチってから実際手にするまではタイムラグがあるんですが)



先に書いておくと、私は「この本買ってよかった」「実践してみてよかった」と思っていますが、本の構成やジーナおばさんに対してはブログにやじーもチラっと書いていたのと同じく「読みづらい」としみじみ思ったので、そのあたりも含めいろいろとご紹介します。

2018年7月27日金曜日

息子のハーフバースデー!親になって半年!ケーキを買って細工してお祝いして写真撮って食べた!





1月26日に緊急帝王切開で息子を産んで、半年経ちました。

いわゆるハーフバースデー!ってヤツ。

誕生日じゃないけど、記念日はケーキでお祝いでしょ、ってことで、
まぁ食べるのは親なんだけど、


誕生日前日の昼間に仕事を抜けてPavilionのケーキ屋さんに行ってみました。

2018年7月26日木曜日

冷凍じゃない生の美味しい納豆「社長さんの納豆」がクアラルンプールに上陸




誰かのツイートで「ペナンで、日本人が作っている納豆が買える。」というのは見たことがあるんですが、

なんと、その納豆がKLに上陸したそうで。




さっそく例のLot10の伊勢丹に行って買ってきました。


2018年7月24日火曜日

クアラルンプールで子育て:小児科医の離乳食と言語に対するアドバイス






保育園を退園して以来、息子がほかの赤ちゃんと接する機会がほぼないので、ひばりクリニックのママカフェに参加してみました。


ひばりクリニックは、数ヶ月に一度の割合で「3ヶ月、6ヶ月、1年半検診」を無料でやってくれるということもあり、

※詳しくはこちら

Gleneagles以外の先生にも診てもらおうか、という狙いもありました。

2018年7月23日月曜日

クアラルンプールで子育て:KLで買えないから日本から持ってきたベビーグッズとKLで買えたベビーグッズ


まもなく息子が産まれて半年になるので、ここでいったん、クアラルンプールで子育てするにあたって、妊娠してからこっちに引っ越して開拓した情報として

・KLじゃ手に入らないから日本から持ってきてすごく役に立ってるベビーグッズ
・KLで買えた、ものすごく役に立っているベビーグッズ

をご紹介したいと思います。


あとでまたご紹介しますが、KLで買えたものの中で
圧倒的に役に立っているものはこれ。


2018年7月21日土曜日

海外ワーママのライフスタイル:生後5ヶ月の息子をメイドに預けて一人で映画鑑賞してみた





息子をメイドに預けての一人映画鑑賞、結論から言うと
「たまにはアリ」という感じです。


観た映画はこちら。

マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴーを観てきた(ネタバレなし)


こちらのエントリでは、
「生後5ヶ月の息子をメイドに預け、一人で映画鑑賞してみた」ことについて書いてみたいと思います。

海外でサバイブするワーママのライフスタイルの一つとしてご覧ください。


2018年7月15日日曜日

マレーシアで住み込みメイドを雇う際のQ&A


マレーシアで住み込みメイドを雇うことに関してかなりリサーチしまくってかなり詳しくなった@suniです。

これまで、


政府公認エージェントを見つけるまでの道のり
エージェントに支払う仲介手数料
メイドの給料
住み込みメイド採用に必要な条件と書類


について書いてきました。
このエントリでは、住み込みメイド採用に関してこれまで湧いた疑問点とその答えを忘れないうちにまとめておきます。




2018年7月13日金曜日

マレーシアで住み込みメイドの採用に必要な条件と書類


シリーズ「マレーシアで住み込みメイドを雇う」をご覧いただき、ありがとうございます。
これまで、

政府公認エージェントを見つけるまでの道のり
その仲介手数料
メイドの給料



について書いてきました。
今回は、

・住み込みメイドの採用に必要な条件と書類

についてご紹介したいと思います。




2018年7月12日木曜日

Heat Rash... 息子の首の後ろにあせもっぽいのができたので病院に行ってきた


1月末に産まれてから体調に関してほぼノートラブルだった息子ですが、先週末から首の後ろ、髪の毛の生え際あたりに赤いポツポツができ始め…


日本から持ってきたあせもなどに効くかゆみ止めの薬を塗っても症状が変わらず、無意識にボリボリ掻いているからかむしろ赤いポツポツが増えている気もしてきたので、仕事を半日休んで病院に行ってきました。


徒歩圏内のひばりクリニック(IMC分院の方)か、産まれた時から診てもらっていて予防接種もお願いしている(けど行くなら車の)Gleneaglesのドクターかでちょっと迷いましたが、2週間後に予防接種もあるので、経過観察してもらうって意味でもGleneaglesかな、と思い、そっちに行ってきました。


2018年7月10日火曜日

マレーシアで住み込みメイドを雇う(2)メイド採用の仲介手数料


人材ビジネスってお金になるんだなぁとしみじみ思った@suniです。こんにちは。

1つ前のエントリ、
政府公認エージェントを見つけるまでの道のり

で、政府公認のエージェントをどうやって探したかについてご紹介しました。
このエントリでは、マレーシアでメイド採用に必要な手数料についてご紹介したいと思います。


先に言っておくと、ものすごい額です。






そんな、驚きの手数料をどうぞ...


2018年7月9日月曜日

マレーシアで住み込みのメイドを雇う〜実績のある政府公認エージェントを見つけるまでの道のり


政府公認のエージェント経由でフィリピン人メイドを雇い、マレーシアでの育児(0歳児)と家事を助けてもらっている@suniです。


フィリピンにいた4年間で、「メイドに家事をアウトソースし、自分の時間を確保する生活」の素晴らしさをしみじみと実感したので、その頃から夫とは「子どもが産まれたら、住み込みのメイドを雇って家事を可能な限りアウトソースしながら復職したい」と話していました。


その後マレーシアに引っ越した私たちは、少ない情報の中手探りで信頼できるエージェントを探し、正規の手続きを経て、フィリピンから無事にメイドを呼び寄せることができました。


その際の経験談やメイド採用に必要な資料・情報などを、このエントリ含め5回に分けて書きました。
マレーシアでのメイド採用事情について、日本語でここまで詳しく書かれている記事やブログはほかにはないはず。
ネットで散々検索した私が言うので間違いありません!(笑)


・政府公認エージェントを見つけるまでの道のり(このエントリ)

メイド採用の仲介手数料

メイドの給料

メイド採用に必要な条件と書類

メイド採用プロセスと生活に関するQ&A




寝ている息子の様子確認用でYIドームカメラを使っているのでその使い心地を書いた





子どもを寝かしつけて、そのスキにご飯や用事を済ませる…
そんなときでも、子ども様子が心配になりますよね。


0歳児の息子がいる我が家では、19時から寝かしつけ、それが終わったら夜ご飯というルーティンになっていますが、やはり子どもの様子が気になります。


だからって寝ている息子のそば(しかも暗い部屋)でご飯食べるわけにもいかず…


そこで便利なのがベビーモニター。
母親1年生のバイブル…というよりは「有用な情報なんだけど読みづらい」で有名な
ジーナ式で、「子こどもの部屋と大人の寝室を分けるべし、子ども部屋にはベビーモニターを置くべし」と書かれていたのと、たまたま@shimajiroさんのツイートでYIドームカメラが紹介されていたので、Amazonのほしいものリストに入れて出産祝いでいただいたんです。


使ってみて、「これはイイ!」と思ったのが以下の3点。


・暗くても寝ている息子の様子がよく見える
・双方向の通話が可能
・動きを検知したら自動で録画→1週間保存

※最新機種だと、赤ちゃんの泣き声も検知してアラートを飛ばしてくれるみたい


そんなYIドームカメラについて、明るい時と暗い時の様子のスクリーンショット、カメラアングルを変えている様子を捉えた動画、アプリのその他機能をご紹介しますので、「ベビーカメラどうしようかな」とお悩みのあなたはぜひ参考にご覧ください。


2018年6月23日土曜日

初めての父の日は





息子が産まれて初めての「父の日」ってのも感慨深いですね。
夫がお祝いされるんだ〜
っていうか息子がいつかお祝いしてくれるのかな〜

まぁしばらくは私が仕込むのかなって思って、仕込みました。


2018年5月27日日曜日

【DRESSに寄稿しました】マレーシアでの保育園生活について書きました


記念すべきDRESS20回目の連載記事は、マレーシアでの保育園生活です。
日本の保育園だと、「おむつは持ち帰る」とか「おむつ全部に名前を書く必要がある」とか、まぁほかにもあれこれと大変なイメージがあったんですが、マレーシアはそんなことがなくて楽でした。






2018年5月4日金曜日

クアラルンプールでお宮参り風の写真を撮影


義両親の来馬の際に出雲大社でお宮参り&家族写真を…


って思ってたんだけど、


来馬のタイミングと出雲大社の講長・宮司さんがいるタイミングが合わず、
またスタジオの予約も来馬のタイミングで取れなかったので、


別の日に親子3人で写真を撮ってもらいました😊
場所は、Publikaにある「Jphoto」というスタジオです。



※夫と息子の顔は、FacebookのFriend限定投稿を除きインターネット非公開なので隠してあります。

2018年4月30日月曜日

3ヶ月になった息子の寝返り対策でファルスカのベッドインベッドエイドを…


我が家の夜勤(※)は、「夫と私が一日交代で、息子と一緒に大人用のベッドで寝る」というスタイルです。
※ここで言う夜勤は「息子の夜間のオムツ、ミルク、夜泣き対応」のこと


子ども用ベッドを買おうか買うまいか迷っていましたが、すでに我が家にベッドが3つもあるのにまた改めてベッドを買うのもなぁ…と思っていたらこうなりました。


小さいウチはね〜、寝返りしないし、ベッドもクイーンサイズだし、今はまだ落ちる心配はしなくていいだろうと思ってたんだけど、


気づいたら…

2018年4月29日日曜日

【日記】復職して4週間経過


いやー、
なんつーか、
育児も仕事も全力投球したいんだけど、
体力が追いつかないし眠いし、
(と言っても息子と一緒に寝るのは2日に1回だからワンオペママよりは楽だと思う)
18時には仕事を切り上げてナーサリーにお迎えに行かなきゃいけないし、
余裕がないから夫に八つ当たりしちゃうし、
首も肩も腰も足首も痛いし、
首やお腹は痒いし、



少しずつ子育てに慣れてきたのか
「何かあったらすぐ死んじゃうかもしれない新生児を育てている」
っていうプレッシャーからは少しずつ開放されてはいるものの

Blog Archive