Amazonファミリーは、小さなお子様のいるご家庭や、ご出産予定のあるプライム会員むけサービス。Amazonファミリー限定セールも。



ラベル 海外子育て の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 海外子育て の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月16日月曜日

マレーシアのクアラルンプール現地採用、自家用車は必要?




「私の観測範囲内」の話ですが、
フィリピン(メトロマニラ)やインドネシア(ジャカルタ)だと、現地採用でも「車支給(ドライバー付き)」または「社用車で送り迎え」が一般的でした。
夫(インドネシア)も私(フィリピン)もそんな感じでした。

ここ最近は「(Grab通勤前提で)交通費支給」というケースもチラホラ増えていると聞きます。


なので、東南アジア新興国はどこもそんな感じなのかな…と勝手に想像していたんですが、マレーシアのクアラルンプールはちょっと違いました。

2018年7月15日日曜日

愛がポロリ





すいません、某先輩のコメントをパクりましたwww


Macbook Airを落としたわけじゃないんですけど、ある日、なんの前触れもなく「i」キーが取れました。
ハマると思ったけどハマらないし、上に載せても反応してくれない。
会社端末なんで仕事もこれでモリモリやってるんだけど、不便ったらありゃしない。

2018年7月12日木曜日

Heat Rash... 息子の首の後ろにあせもっぽいのができたので病院に行ってきた


1月末に産まれてから体調に関してほぼノートラブルだった息子ですが、先週末から首の後ろ、髪の毛の生え際あたりに赤いポツポツができ始め…


日本から持ってきたあせもなどに効くかゆみ止めの薬を塗っても症状が変わらず、無意識にボリボリ掻いているからかむしろ赤いポツポツが増えている気もしてきたので、仕事を半日休んで病院に行ってきました。


徒歩圏内のひばりクリニック(IMC分院の方)か、産まれた時から診てもらっていて予防接種もお願いしている(けど行くなら車の)Gleneaglesのドクターかでちょっと迷いましたが、2週間後に予防接種もあるので、経過観察してもらうって意味でもGleneaglesかな、と思い、そっちに行ってきました。


2018年7月11日水曜日

めっちゃ早起きして仕事前にTTDIに行って肉と魚を買って帰ってきたので備忘録がてらタイムラインを残す


クアラルンプールの台所?マレーシアの台所?
まぁとにかく台所と言われているTTDI。
(っていう名前のウェットマーケット…ヨウは市場)

我が家からは電車で行けるということが判明し、いそいそと買い物してきたのが先月の話。

そのときの話はこちら。

クアラルンプールの市場TTDIでいろんな種類の豚肉と刺身用の鮭を買ってみた!


だいたいの距離感もわかったので、昨日、

「仕事の前にTTDIに行ってくる」

という荒業をこなしてみました。

※だって、土日は混むって聞いたんだもーん
※リモートワーカーで10時までにログインすればOKだからなせる技!

2018年7月9日月曜日

寝ている息子の様子確認用でYIドームカメラを使っているのでその使い心地を書いた





子どもを寝かしつけて、そのスキにご飯や用事を済ませる…
そんなときでも、子ども様子が心配になりますよね。


0歳児の息子がいる我が家では、19時から寝かしつけ、それが終わったら夜ご飯というルーティンになっていますが、やはり子どもの様子が気になります。


だからって寝ている息子のそば(しかも暗い部屋)でご飯食べるわけにもいかず…


そこで便利なのがベビーモニター。
母親1年生のバイブル…というよりは「有用な情報なんだけど読みづらい」で有名な
ジーナ式で、「子こどもの部屋と大人の寝室を分けるべし、子ども部屋にはベビーモニターを置くべし」と書かれていたのと、たまたま@shimajiroさんのツイートでYIドームカメラが紹介されていたので、Amazonのほしいものリストに入れて出産祝いでいただいたんです。


使ってみて、「これはイイ!」と思ったのが以下の3点。


・暗くても寝ている息子の様子がよく見える
・双方向の通話が可能
・動きを検知したら自動で録画→1週間保存

※最新機種だと、赤ちゃんの泣き声も検知してアラートを飛ばしてくれるみたい


そんなYIドームカメラについて、明るい時と暗い時の様子のスクリーンショット、カメラアングルを変えている様子を捉えた動画、アプリのその他機能をご紹介しますので、「ベビーカメラどうしようかな」とお悩みのあなたはぜひ参考にご覧ください。


2018年7月8日日曜日

住み込みのフィリピン人メイドに美味しい日本食を作ってもらうための再現性の高いレシピの書き方


メイドに「作った料理の数だけ市場価値が上がるから、日本食作りがんばって!」と動機づけして、料理を作ってもらう日々です。

なす&ピーマン&鶏胸肉の炒め物


レシピは私たち夫婦が「それぞれが食べたいもの」を英語でレシピを書いて渡しています。
それで最近、レシピ本やクックパッドのレシピなどを見る機会が増えたんですが…

2018年6月20日水曜日

【DRESSに寄稿しました】住み込みメイドを雇って育児がものすごく楽になった話を書きました


東南アジア新興国はさまざまな物事が共働き前提で設計されていて、保育園もそんな感じだったからめっちゃ助かってたけど(*)、それでも保育園送り迎えと仕事と家事を回すのは尋常じゃない大変さだと気づくまでさほど時間はかからなかった…

* 日本の保育園って、お迎え前にスーパー寄ったら怒られるとか、紙おむつに名前書かなきゃいけないとか、なんかそういうイメージだけど、マレーシアは全然そんなことなくて安心した

2018年6月2日土曜日

ほうれんそうと卵のサラダ - Spinach and egg salad




メイドにご飯も作ってもらうようになって、料理の手間が省けてとても助かっています。


と言っても彼女はフィリピン人、日本食は作れないので、私たち夫婦が英語でレシピを書いて渡しています。


以前ブログに、
「料理ができる人のレシピってめっちゃハイコンテクストで云々…」と、私がどれくらいレシピを分解しているのか、サンプルを書きましたが、


めっちゃハイコンテクストな日本語レシピを見つけたので、


クックパッドのレシピ(リンク先をどうぞ)」
と、
「私の書いたレシピ(後述)」


で、どんだけ細かく工程を分解しているのか、見比べていただければと思います。


ちなみにクックパッドだとたった3工程しか書かれていませんが、
メイドに伝えるために細かく分解したら、工程が12になりました。


2018年6月1日金曜日

非エンジニア職で0歳児の母がマレーシアでリモートワークを始めてみたので仕事環境やメリットや気づいたことを書いてみる


1月末に長男を産んで4月に復職した@suniです。
「マレーシアの自宅でリモートワーク x 仕事中の息子の面倒は住み込みメイドに」という環境で働いています。


昔の私は、
「エンジニアとかデザイナーならリモートワークもフィットするんだろうけど私の仕事(プロマネ)はコミュニケーションが大事だからリモートワークは合わないだろうなぁ」
って思っていて、2015年10月に日本でちょっとリモートワークやったときは「リモートワークって寂しいね」とまで書いていました。



ところが!
いろいろ事情が変わり、ボスのOKも出たので、自宅でリモートワークを始めてみました。
(息子は保育園を辞め、私の仕事中はメイドが面倒みてくれています)


今の所、なんとかなっている気がするのと、ボスも「仕事まわってるね」と私のリモートワークに前向きなコメントをくれました。第三者の評価大事。



ってことは、つまり、



非エンジニア職の会社員でも環境が整えばリモートワークできるじゃん! 



で、「住み込みメイドに子どもの面倒を見てもらいながら働く」はこれだけで一晩語れるくらいネタがあるんでいったん置いといて、まずはリモートワークだけにフォーカスして書いてみることにします。

リモートワーク導入に興味ある人だけでなく、リモートワーク自体に懐疑的な会社さんに読んでもらえたらいいな。


以下の順で書いてみます。




・背景(私の仕事など)
・環境(私のデスク、Wifi速度、Hangout、便利な機材、勤怠ルールなど)
・リモートワークのために追加で買ったものの有無
・自主的に心がけていること
・仕事に対する意識で変わったこと
・サボりたくならない?
・メリット
・デメリット



2018年5月27日日曜日

【DRESSに寄稿しました】マレーシアでの保育園生活について書きました


記念すべきDRESS20回目の連載記事は、マレーシアでの保育園生活です。
日本の保育園だと、「おむつは持ち帰る」とか「おむつ全部に名前を書く必要がある」とか、まぁほかにもあれこれと大変なイメージがあったんですが、マレーシアはそんなことがなくて楽でした。






2018年5月25日金曜日

サウジで働き始めたフィリピン人のその後


以前こちらで紹介したフィリピン人メイド、




あのあともいろいろタレコミをいただいたので、追記しようと思います。



2018年5月24日木曜日

住み込みメイドはご飯どうしてるの?食卓は?メイド部屋ってどんな部屋?


友人のこんゆー氏からこんな質問をいただきました。



ネタ提供ありがとう!
というわけで答えを書くよ!

2018年5月13日日曜日

住み込みメイドを迎えるために用意したもの、気をつけていること


東南アジアじゃないところに住んでいる方々から、けっこうな割合で

「メイドはどこで寝起きするの?リビング?」と聞かれたり、
防犯面でいろいろ心配されるんで、


「こんな用意してますよー」


ってのを書いて置こうと思います。


2018年5月12日土曜日

フィリピンからメイド兼ナニーがやってきた


いよいよ、住み込みメイドと我が家族、合計4人での生活が始まりました。
 




待ちに待った5月5日、 エージェントのオフィスに迎えに行って、そこで初めてのご対面。

通常は、手続きを進める前にSkypeで面談してから決めるんですが、我が家はメトロマニラ在住の日本人家庭からの紹介なので、面談せずに決めました。

我が家に着いて、ランチはあらかじめ彼女の分も買っておいたので一緒に食べながらインタビュー。

2018年5月11日金曜日

寝返り防止クッションFarska Bed in Bed Aidが今のところ大活躍


赤ちゃんの寝床問題、皆さんどうしてます?

我が家は、
息子の部屋のベッドで私か夫のどちらかが息子と寝ているんですが、
(もともと部屋にあったクイーンサイズのベッド。ベビーベッドは買ってない)


息子、3ヶ月を過ぎてから寝返りが上手になり…
(と言っても仰向けからうつぶせのみ)
(ちなみに現時点で3ヶ月と15日)



成長に喜びもひとしお…


でも…


「ベッドから落ちたら怖い」
「寝ている最中に、うつ伏せでそのまま窒息しちゃうリスクもある」

ってことで、

2018年5月10日木曜日

0歳児の息子、ナーサリー最終日を迎える


息子、4月2日にナーサリーに入園したばかりですが、住み込みメイド兼ナニーがフィリピンから到着したので、当初の予定どおり息子は彼女に面倒見てもらうことにし、ナーサリーは5月8日で退園しました。

というより、もともと「4月の1ヶ月だけ」という話だったので、5営業日延長したって感じ。




最初は「こんな小さな子が…」って不安だったけど、楽しそうにしている姿をナーサリーとのコミュニケーション用のアプリを通じて見ることができたので、すごくよかったです。

2018年5月9日水曜日

マレーシアでフィリピンからOFWのメイドを呼び寄せるためのスケジュール





長い道のりでした。
ちょっと読みづらいかもしれませんが…


2017年
8月 マレーシアでの住み込みメイド採用に関する情報を調べ始める、「外国人メイドの採用にはエージェントを通さなきゃいけない」「あまりの手数料の高さ」等に愕然とする。
9月 それでも雇うことにする(詳細はこちら)。
11月 マニラの友人から「我が家のメイドが出稼ぎに出たがってて…でも中東だから怖がってる…」と知り、「マレーシアはどうです?」とアレンジ開始。
11月 メイドが私指定のフィリピン側エージェントに登録、パスポートの更新手続き開始。
11月 フィリピンの労働省が海外出稼ぎ労働者向けの手続きを一時停止して私が発狂(12月には解除された)
12月 「1月から外国人メイドを直接雇用できるようになる、申請フォームはオンライン化される、手数料がものすごく安くなる」というニュースを知り、エージェントのやりとりの頻度を落とし、1月に申請フォームが公開されるまで待つことに


2018年5月7日月曜日

自宅で初節句風の写真を撮影


先日、お宮参り風の写真を撮ったばかりですが、今回は初節句ということで、ありあわせのものでそれっぽいことをしてみました。

じゃじゃーん。



2018年5月6日日曜日

フィリピン人メイドあるある?





フィリピンで雇ってた子もそうなんですけど、
今回の子も、台所用洗剤が切れたのでどうするかと見てたら、ほんの少しだけ継ぎ足して、あとは水をじょわゎ〜〜〜っと。


基本的に洗い物は彼女がやってくれるからいいんだけど、たまに自分が飲んだコップを洗うことももちろんあって(ミロ飲んでて、飲み干して、次のミロ作りたいとか)、それでさっきコップを洗おうとしたら、


「うっす!!!」


となった次第w


まぁ、コスト意識が高いって思えばいいかな。


それにしても薄い…

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

Blog Archive