2018年11月26日月曜日

マレーシアで産褥アマさんの探し方や仕事内容、お値段について




マレーシアで出産し、住み込みの産褥アマさんを雇って1ヶ月一緒に暮らした@suniです。





妊娠がわかり、「マレーシアの産褥アマさん」に関する情報をあれこれ調べ始めたのですが、思っていたほど情報がなかったり書いてあっても古かったりって感じなので、自分で調べたことや経験談を残しておこうと思います。


シンガポール駐妻によるブログ(たいがいアメブロ)はたくさん出てきたんですけどねぇ…
それと比べるとマレーシアは少なかった…


で、調べた話の概要を、DRESSの連載記事の1つとして書いたんですけれども、



出産してからの目線で書き直したかったり追記したい内容もあるので、本エントリで、改めてご紹介させていただきます。


産褥アマとは


産褥期(分娩後、女性の体が妊娠前の状態に戻っていくための時期。6〜8週間かかるといわれます)のお母さんの体力回復と、赤ちゃんのケアに務める専門職です。

専門職といっても、マレーシアで特に資格制度があるものではなく(他国はわかりません)、「産褥アマさんの人材派遣会社」に所属するか、フリーランスで「産褥アマ」と名乗って働いています。

マレーシアでこの仕事に就いているのは中華系の女性がほとんどですが、ムスリムの家庭で産褥アマの仕事をするムスリマもいますし、インド系の家庭で産褥アマの仕事をするインド系女性もいます。


シンガポールにも「産褥アマ」がいます。シンガポール人もいますし、マレーシアから出稼ぎで行く人も多いようです。



産褥アマを雇うことにした



我が家は海外在住なので、子どもが産まれても私・夫双方の実家には頼れず、「アウトソース」で産後を乗り越えようと決めていました。


フィリピンにいた頃は、
「産後は住み込みのナニーを雇うんだろうなぁ」と思っていましたが、まさかの展開と言いますか「マレーシアで出産」ということになってしまったのでさぁ大変。
(決めたのは自分ですけど)
マレーシアのナニーやメイド市場の調査からですよ。


で、わかったのが


・マレーシアで、住み込みのメイドは雇うのはいろいろ大変
(手続きに半年かかったかな
・マレーシアは、「産褥アマ」という産後の母体ケアと赤ちゃんの世話を専門にやってくれる仕事がある


ということ。





産褥アマさんの業務内容について調べてみると、産後の28日間、泊まり込みでいろんなことをやってくれるみたい。
お母さんがやるのは「日中の授乳とおむつ交換」くらい。
あとはただひたすら「体力回復に努める」。



ヤバい、これは雇うしかない。



でも調べれば調べるほど、



・シンガポールの産褥アマさん情報はたくさん出てくる
・マレーシアで産褥アマさんを雇った経験談やブログがほとんど見当たらない



という訳で、産褥アマさん探しに難儀しました…


どうやって見つけたの?


産褥アマさんを雇ったことがある日本人女性に、紹介してもらいました。
「日本人女性を対応したことがある産褥アマさんなら、食事の感じとか、安心できそう」というのも決め手の一つでした。

面接してわかったことですが、私が雇うことにしたアマさんは、華人には「古いしきたりの通り、とても厳しく」やるそうですが(例:1ヶ月間、風呂に入れない)、外国人にはそこまでしないそうで、食事も体にいい美味しいものを作ってもらえました。


※産褥アマさんを探している方がいらっしゃったら、遠慮なく連絡ください。
ご紹介します。
紹介料などは取りませんので、ご安心ください。

産褥アマのお値段


英語情報を見てると、「妊娠発覚したらすぐ手配しないと信頼できる人は見つからない」というようなことまで書かれていて、その頃私はすでに妊娠5ヶ月。

慌てて探してなんとかなったんですけれども、

お値段については、
大昔の情報だと3000RM(8万円くらい)で雇えるっぽかったのが、2018年時点ではなんとその倍近く…


しかもチャイニーズニューイヤーと丸かぶりだから特別料金が余計にかかる…


私がお願いした産褥アマさんは通常料金の5500RMに加え、チャイニーズニューイヤーの特別価格で、合計7800RMになりました。


※ちなみに、人材紹介会社によってはチャイニーズニューイヤー中の価格が8500RM(23万円)するところもありました。


そんな大金…
さすがに申し訳ないかな…どうしょうかな…と迷いましたが、



・ケチって雇わず、ワンオペでボロボロになり体調がなかなか戻らない
・多少投資してでも、全力で体力回復に努める&笑顔で家族に接する



だったら圧倒的に後者かな〜と思い、夫に相談し、雇うことに決めました。







なお、産後28日間は産褥アマさんが作るもの以外は食べられないらしいですw
飲み物も、彼女が作るものかお湯のみ。耐えられるかなwww
あと、華僑のお宅だとシャワーも禁止なんですって。

もともと中国発祥の座月子(ズォ・ユエズ)という習慣から来てるみたい。
水がダメだから水仕事はもちろんNGだし、泣くのもNG、歯磨きもNGだとか。
ビビアンスーが、これに忠実に従って産後を乗り切ったとかなんとか。
私が雇うことにしたオバサンは「外国人にはそこまで厳しくしない」とのことで一安心です。



という訳でひとまず、産後の心配事の一つが減りました。
ふぅ。


オマケ:産後院(コンファインメントセンター)もある


産褥アマさんだけじゃなく、看護師や医師が常駐しているコンファインメントセンターもあるようですが、私は次の理由から選びませんでした。

・自宅での育児に慣れたかった
(ベビー用品を置く場所とか、動線とか)
・わざわざ遠くに行くのもなぁと思った。家に部屋は余ってるし。
(夫の勤務地は家から徒歩20分くらいなのに、コンファインメントセンターだと夫が子どもに会いにいくのが大変になる)
・コンファインメントセンターってめっちゃ高い。調べた所だと2万RMくらい(50万円以上)


ただ、話に聞くと、センターはセンターでめっちゃよさげなので、センターでもメリットは多いにあると思います。
あとは、もう好みの問題ですよね。





以上、ご覧いただきありがとうございました。


他のディープなマレーシア情報はこちらからどうぞ。
ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊



~~ はじめましての方はこちらもぜひ ~~




~~ 産褥アマさんについて ~~
■ 産褥アマさんの探し方や仕事内容、お値段について(このエントリ)

■ 産褥アマさんとの生活に備えて準備したこと

■ 産褥アマさんと一緒に生活した1ヶ月の様子をご紹介






ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊

最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


我が家の外国人メイド向けに英語で書いたレシピを販売中です!お陰様で好評をいただきまして、すでに30名様以上に購入いただきました。
「誰が作っても同じ味にするための再現性」を追求し、各工程の写真も貼って、とにかく「わかりやすさ」にこだわっています😊

外国人の友人や配偶者がいる方、メイドに料理も作ってもらえると助かるな〜という方はこの機会にぜひ😊
日本の家庭料理がメインで、観光料理も少し、日本人向けの離乳食レシピもあります。すべて、我が家のメイドが一度は調理済みで、夫(日本人)の試食も済んでいて問題ないことを確認しているものばかりです。

販売開始時点で100ちょいだったレシピが、現在は120を超えました。これからもどんどん増えていくレシピ、一度購入いただいたらこの先増えていくレシピもご覧いただけます。

詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


    このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ジャカルタ在住の働く3児の母親です。
「日中は授乳とおむつ交換のみ、夜は寝るだけ。家事と夜中のミルクやおむつ対応は完全にお任せ予定」ですが、昼間は母乳で、夜だけミルクは新生児期から数カ月間は多分難しいのではと思います。個人差もあると思いますが、昼間も最初からミルクならともかく、母乳でいく場合は、数時間で胸がパンパンに張りますので、搾乳せねばならず、どのみち夜は続けては寝れません。たとえあまり張らなくて、朝まで眠れたにしても、そうしていくとそのうち母乳の量は減っていき、すぐに完ミになると思います。私はいわゆる母乳信者ではありませんが、1人目は3ヵ月で母乳ストップ、2人目は産休中(3ヵ月間)は完母でその後5ヵ月でストップ、3人目は2歳7ヵ月まであげていたという経験から言えるのは、母乳のほうが絶対楽です。他人に交代できないということや服薬に関するデメリットはもちろんありますが、いつでもどこでも準備なしで赤子に乳を与えられるのはほんとに楽でした。夜中のおむつ交換も些細な便の様子などをご自身で見ておいたほうがいいかと思います。私もシッターを使っていた期間がありますが、他人のお世話や観察力にはやはり限界があります。新生児期の細切れ睡眠や仕事中に搾乳していた頃が懐かしいです。安産をお祈りしております!

Suni さんのコメント...

匿名さま

コメントありがとうございます!
3児育てながら働くってすごすぎます…眩しい…!!!

母乳って未知数ですね、母乳がなかなか出ないって話も聞くんで、「こうだったらいいなぁ」と思うことはいろいろありつつも、実際はそうもいかないんだろうなぁと気が遠くなりそうです。

産後1ヶ月は産褥アマさんがつきっきりで母子を面倒見てくれるんでさほど心配はないんですが、その後はフィリピンからやってくる住み込みメイドに家事の一部をアウトソースする予定なんで、どこまで何をお願いできるかは赤ちゃんや母乳の様子次第でいろいろフレキシブルにいきたいと思います😊 アドバイスありがとうございます❗

Blog Archive