2019年10月13日日曜日

ピンチ!日曜日に子どもが急に発熱した→中華系総合病院の救急外来に行ってみた




@suniです。いつもご覧いただきありがとうございます。

我が家のメイドが作る和食の写真集📷→■■■
大好評発売中の英語レシピ🍱→■■■
ブログ村のランキング💕→■■■
格安航空券は→【スカイスキャナーで比較検索】


日曜の午前中、習い事に行くつもり満々でお弁当も用意していたんですが、息子(1歳8ヶ月)をだっこしたらやたらと温かい…



朝起きたときはなんともなかったのに急にどうしたのー!?



体温計を探したんだけど、そういえばこないだ夫が「壊れてる」と言ったきり…
いっときは最大で4つも体温計があったのに…
全部壊れたなんて…



とりあえず私の基礎体温計を脇の下に指して測ってみたら「38.7度」



習い事はやめにして、病院に行くことに。



さて、どこに行こうか。






普段通っている小児科はグレンイーグルスだけど


子どもの定期検診や予防接種、病気のときに行くと決めている先生はもちろん日曜日はお休み。

Gleneaglesのエマージェンシーに行けば誰かしらが診てくれるのは知ってるんだけど、前に別件でGleneaglesのエマージェンシーにいったときはものすごく待たされたからあまり行きたくないんだよなー。微妙に遠いし。と言っても5kmくらいなんだけどね。



ひばりクリニックは?

私がちょいちょい予防接種で行っているひばりクリニックのIMC分院、歩いて行けて便利なんですけど、土日はやってない。

モントキアラの方は土日も確かやってるはずなんだけど、我が家からだとGleneagles以上に遠く、万が一今日行って「じゃぁ検査結果を○曜日に…」なんて言われたらめんどくさい。



近所にプリンスコートもあるけど

家から2km圏内にプリンスコートという大きな総合病院があるからそっちでもよかったのかもしれないんだけど、
ここ、誰に聞いてもどの科も「ものすごく待たされる」という話しか聞かないからあまりいいイメージがなくて。
(A&Eの話は知らないんだけどね)


あと、どうせ車で移動するなら、初めて行くプリンスコートよりも勝手知ったるグレンイーグルスかなぁと。


健康保険の会社に保険適応で日曜やってる病院を聞いてみたけど

いちおうこっちの保険にも入ってるから夫が子どもを診てくれる病院/クリニックを問い合わせてくれて、教えてもらったクリニックをGoogle Mapで調べたらレビューもいい感じだし、「なんかよさげかも」と期待は膨らんだんだけど、Whatsappしたら「今日は休みです」と言われてしまった。


同善病院に行くことにした

👆で「今日は休みです」と連絡くれたクリニックが「子どもの高熱はほっとくのはよくないから、ここのA&Eに行くといいわよ」と教えてくれたのが同善病院。

前に、腱鞘炎で世話になったところ


※A&Eは、Accident & Emergencyの略。


存在をすっかり忘れてたけど、徒歩圏内の総合病院だから緊急のときに世話になることがあるかもしれないし、逆にA&Eがどんな感じか知ることができるのはチャンスかも。



というわけで行ってきました。







ここは西洋医学と中医学でビルが別れていて、A&Eは西洋医学(Jalan Puduからビル群を見て左側)のビルにあります。
Mapでのピンも西洋医学の方にたってるはず。


ちなみにここはGleneaglesやPrince court, Pantaiと比べると日本人の知名度はかなり劣ると思いますが、マレーシア医療旅行協議会(MHTC)認証の私立の病院で、ホームページによるとベッド数は238、100年以上の歴史を持つ由緒ある病院っぽい。


到着〜お会計までの流れ


ざっくり書くと、


・緊急の窓口に行って「息子がさっき急に高熱を出して。。」と説明
・息子の名前・私の名前・住所・電話番号を書く、パスポートを見せる
・ナースのトリアージ(緊急度合いを知るためのもの。症状を伝えたり、熱や血圧測ったり)
・呼ばれるのを待つ
・ドクターの診察
・ファーマシーで薬をもらってお会計


でした。着いてから終わるまで、全部で30分くらいかな。助かる〜。



診察について



・「どうされましたか〜」
・会話しながら聴診器
・「じゃぁちょっとのどみせてくださいね〜」(ここで息子ギャン泣き)
・座薬入れますね〜(座薬入れたのはドクターじゃなくてナース)


みたいな流れ。

直近数日、蚊に刺された様子はなかったけどいちおうと思ってドクターに「デングもちょっと心配で」と言ったら、「発熱から48h経ってからじゃないと血液検査できないから、熱が下がらなかったり、気になる場合は火曜日に来てください。小児科は1階ね」と言われました。ウォークイン(予約なし)でOKらしい。


あ、ドクターにわざわざデングが心配で、言ったのは、「デングと知らずに飲んだ風邪薬が、デングをブーストするケースがある」と聞いたことがあるからです。
まぁデングじゃないような気がしてますけどね、いちおうね。


※あとで調べて追記※

デングの症状をブーストするのはアスピリン、イブプロフェン、ロキソニンで、発熱したけどデングの心配も…というときにはこれらは飲ませちゃダメらしいです。
パラセタモール(アセトアミノフェン)は大丈夫。デングにかかってもデング本体をやっつける薬はないので、パラセタモール(アセトアミノフェン)で症状を和らげながら回復を待つしかないんですって。

と言ってもこれはあくまでも私が個人で調べた情報なので、ちゃんとした情報が欲しい方はかかりつけのドクターに相談してくださいね。

※追記ここまで※






で、無事お会計して終了。
RM42でした。1000円ちょいか。
Gleneaglesだと風邪の診察でもRM100は超えるんだよね。
ここは安いなぁ。





座薬のほか、飲み薬も出してもらいました。
たぶん薬局で普通に買えるやつ。









で、帰りに薬局で体温計を買いましたw
本当はおでこでピッとできるやつがよかったんだけど立ち寄った薬局にはそのタイプはなかったので、耳にサキッチョを入れてピッってするやつで。4500円くらい。
あとで調べたら、Lazadaだともうちょい安い。
画像クリックでLazadaの商品ページに行けるので、必要な方はよかったらここからどうぞ。





以上、子どもが急に発熱したので同善病院のエマージェンシーに行ってきたっていう話でした。



この病院は場所が場所だし、日本語通訳さんがいる訳じゃないので、万人向けにオススメする訳ではないけど、A&Eはこういう使い方もあるよってことで。
日本の病院の夜間救急みたいな感じかな。


※10月20日追記※
Google Mapのレビューを見たらけっこう残念な評価も多く、病院のレビューは科とかもわかるといいなぁと思ったり。










ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊

最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!




英語で書いた和食のレシピを販売中です!お陰様で好評をいただきまして、すでに40名以上の方に購入いただきました。
「誰が作っても同じ味にするための再現性」を追求し、各工程の写真も貼って、とにかく「わかりやすさ」にこだわっています😊

外国人の友人や配偶者がいる方、メイドに料理も作ってもらえると助かるな〜という方はこの機会にぜひ😊
日本の家庭料理がメインで、韓国料理も少し、日本人向けの離乳食レシピもあります。すべて、我が家のメイドが一度は調理済みで、夫(日本人)の試食も済んでいて問題ないことを確認しているものばかりです。

販売開始時点で100ちょいだったレシピが、現在は160を超えました。レシピはこれからもどんどん増えていきます。 一度購入いただいたらこの先増えていくレシピもご覧いただけます。

詳しくは画像クリック(またはここをクリック)でどうぞ!



不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


    このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive