2019年10月12日土曜日

出稼ぎフィリピン人メイドをマレーシアからフィリピンに連れて行く方法




@suniです。いつもご覧いただきありがとうございます。

我が家のメイドが作る和食の写真集📷→■■■
大好評発売中の英語レシピ🍱→■■■
ブログ村のランキング💕→■■■
格安航空券は→【スカイスキャナーで比較検索】


「出稼ぎフィリピン人メイドの雇い主(外国人)が、メイドと一緒にマレーシアからフィリピンに行く」なんてノウハウは天下のGoogleさんでも日本語では見つからなかったので(まぁ普通はないよな)、経験談を書いてみることにしました。


さて、本題。
10月末に、出張でフィリピンに行くことにしました。
子どもとメイドも一緒に。


一人で海外出張すると、その分夫が夜勤対応(息子と夜一緒にねること)が続いて大変だろうからどうしても弾丸にせざるをえないんですが(それでも日程が確定しているイベントがあるときは長めに行くこともあります)、正直弾丸スケジュールだとものすごく疲れるんですよね。せっかく行くなら週末もはさみたいのよ。友だちにも会いたいし。


だったら子どもとメイドを連れていけないかなーそれなら夫に遠慮することなく行けるよなーって思って、メイドに「ねぇねぇミニーちゃん、フィリピン行きたい? もしマリアちゃん(人物相関図参照)が旅費を半分くらいカンパしてくれるならミニーちゃんをフィリピンに連れてってあげられるよ」と言ってみたんですよ。私が旅費をポンポン出すと「またフィリピンに連れてってもらえる」ってクセになるから、あえて「マリアちゃんがお金を出してくれるなら」って体裁で。


まぁダメ元のつもりではあったんですが、ミニーちゃん、本当に交渉してくれて、マリアちゃんからRM400カンパしてもらえることになりました。


マジでwww
(と言ってもRM700近くかかるんで、足りない分は私が負担するんですけどね)
(このときに聞いたんですが、マリアちゃんはシュガ夫からお小遣いを毎月RM5000くらい(13万円くらい)もらってるそうです)
(毎日一生懸命働いてるミニーちゃんの給料がRM1700(4.5万円くらい)。複雑。。。)



というわけで、本当に、子どもとメイドと3人でフィリピンに行くことにしました。



OFW(海外出稼ぎフィリピン人)のメイドがフィリピンに行くにはちょいと手続きがいるんですね、それについて、備忘録がてら書いておきます。






前提条件として


自分または家族がビザサポートしているメイドを連れて行く場合のお話です。
そうじゃない場合は、メイド本人またはメイドのビザ上の雇い主が手続きを行う必要があります。



メイドエージェントに必要な書類を提出する


■ メイドのパスポート
メイドがマレーシアを出国してフィリピンに行く際に書面が必要で、それの手続きをするのにエージェントの人がフィリピン大使館に行く必要があるとのこと。
手続きは、おそらくOEC関連かなーと思います。

OECとは、[Overseas Employment Certificate]の略で、「海外で出稼ぎしている人です」的な証明。
出稼ぎ労働者が働く国に行く(戻る)場合、これがないと出国できません。


■ OFW Information Sheet

パスポートをもってった際に、エージェントが用紙をくれました。
家に帰って、必要な箇所を記入し、写真をWhatsappで送信すればOK。
記載内容は、メイドのプロフィール。




■ Itinerary
PDFをWhatsappで送信しました。
エージェントがフィリピン大使館に行く際に、このItineraryが必要になります。


エージェントがフィリピン大使館に予約を入れる


必要書類を持参の上、フィリピン大使館でOECを発行してもらいます。
OECがないと、メイドがフィリピンからマレーシアに戻ってくる際の「フィリピンの出国」で足止めを喰らうようです。


BALIK-MANGGAGAWA INFORMATION SHEETにメイドにサインさせる


メイドエージェントが大使館にアポを入れると、次の紙が出てくるそうで、、内容はメイド本人のプロフィールや雇い主の情報で、OFW Information Sheetとほとんど変わりないんですけれども、この原本も大使館に行く際に必要らしいので、Grab デリバリーで届けてもらいました。





余談:飛行機を予約する際にOFW IDを入力すると、代金がちょっと安くなる


OFWがフィリピンを入出国する際のフライトチケットは、「OFW ID」を入力すると一部の代金が安くなるということを、今回初めて知りました。
チケット購入画面で彼女の国籍を選ぶと、「あなたはOFWですか?」という設問が現れ、「Yes」を選び、OFW IDを入力するんです。

スクリーンショットの説明書きによると、空港利用料金またはインターナショナルパッセンジャーサービスチャージ、というのが免除になるみたいですね。




このOFW IDは、メイドのエージェントが教えてくれました。


書類が揃った。料金はRM159でした。





エージェントから「手続き終わったよ〜、OECもらったよ〜」と連絡があったので取りに行きました。

写真の右から
・パスポート
・OEC(Oversea Filipino Certificate)
・メイドエージェントと我が家の契約書(万が一に備え)

です。


時間軸で言うと、

10月4日にメイドエージェントにパスポートを渡す
10月9日にメイドエージェントがフィリピン大使館で手続き
10月10日にメイドエージェントに受け取りに行く

という流れでした。



以上、フィリピン人メイドをマレーシアからフィリピンにつれていく方法、でした。



マレーシア出国はあまり不安はないけど、フィリピンを出国するときがちょっと不安。。。
がんばります。









ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊

最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!




英語で書いた和食のレシピを販売中です!お陰様で好評をいただきまして、すでに40名以上の方に購入いただきました。
「誰が作っても同じ味にするための再現性」を追求し、各工程の写真も貼って、とにかく「わかりやすさ」にこだわっています😊

外国人の友人や配偶者がいる方、メイドに料理も作ってもらえると助かるな〜という方はこの機会にぜひ😊
日本の家庭料理がメインで、韓国料理も少し、日本人向けの離乳食レシピもあります。すべて、我が家のメイドが一度は調理済みで、夫(日本人)の試食も済んでいて問題ないことを確認しているものばかりです。

販売開始時点で100ちょいだったレシピが、現在は140を超えました。レシピはこれからもどんどん増えていきます。 一度購入いただいたらこの先増えていくレシピもご覧いただけます。

詳しくは画像クリック(またはここをクリック)でどうぞ!



不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


    このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive