◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年11月28日水曜日

フィリピン大使館がマレーシアで働く外国人単純労働者向けのセミナーで何度も強調した大切な3つのアドバイス




こんにちは、@suni です。
マレーシアで働くフィリピン人(以下、OFW)は、マレーシアに来たらPAOS(※)というセミナーに一度は参加する必要があるそうです。


※PAOSとは…
Post Arrival Orientation Seminarの略。
フィリピン大使館が、マレーシアにいるOFW向けに開催するセミナーです


どんなイベントなのか、どんなありがたいお話を頂戴できるのかとても気になったので、終わったあとメイドに根掘り葉掘り聞いてみました。


そのお話をご紹介します。



メイドをセミナー会場につれてった


PAOS当日(毎月、最終土曜日に開催しているそうです)、メイドを会場につれてくと、そこはもはやフィリピン。


大使館職員(っぽい人)に、「メイドはそっちで受付ね〜付き添いの人はここまでね〜」と言われ、素で「おぽ」(タガログ語で、「はい」の意味)と返事してしまい、そのあとタガログ語でどわゎ〜〜〜と話しかけられたので「ヒンディプウェデ、タガログ、コンティラン」と言って逃げるなど…


いや逃げる必要もないんだけど…
っていうか英語で返事すればいいのにうっかり「おぽ」って言っちゃう私って一体…





PAOSはてっきりフィリピン大使館でやるモンだと思ってたんだけど、Suria KLCCから徒歩30秒くらいの場所でした。
この写真の左の建物です。





受付を終了したメイドが緑色のステッカーをもらったので、写真を撮らせてもらいました。





セミナーは私は参加できないので、私はいったん帰宅。
近所でよかった…


セミナーの最中、メイドがタレコミしてくれたアジェンダその1。





アジェンダその2。





終わったあと、メイドに「どうだった?」と聞いたら面白い話が帰ってきました。


大使館の主張その1:貯金してください!!!



メイドが「今日のセミナーの話の大半はこれでしたよ」というくらい、お金の話…というか「無駄遣いせずに貯金しろ」「国の家族に送れ」「お金を貯めるのがどんだに大事なことか」「子どもの教育資金として云々」というお話が多かったみたい。


我が家のメイドは、毎月給料日が来たらそのほとんどをWestern Unionで送金していて、「出稼ぎフィリピン人は勤勉だなぁ」と思ってたんだけど、みんながみんなそうって訳じゃなかったんだね…


お金を稼いで、地元に家を買ったり家族の誰かの進学資金にするはずだったのに、こっちで「フィリピンじゃなかなか手に入らない額」をいっぺんにもらって、ネジが外れちゃう人もいるみたいです。
出稼ぎに出るような人はもともと学がない人が多く、「自分を律する」みたいなマインドセットもあまりないんでしょうね。。。宵越しの金は持たねぇみたいな主義主張でもなく、「ただ欲しいから買う(あとのことは考えてない)」みたいな。


※せっかく送金したお金を、「家族が遊興費に使ってしまっていた」なんてケースも多々あるんですが、そういう話はここでは触れられてないとのこと。


大使館の主張その2:契約を無事満了して凱旋帰国しましょう!



ここにも書きましたが(我が家のフィリピン人メイドが、マレーシア歴の長いお局メイドからもらった驚きの忠告)、国に家族がいるのにこっちで彼氏作っちゃう人が多いみたい。


で、ですよ。
彼氏を作っちゃったとしてもまぁね、大人ですからね、バレなきゃいいって思うんですけど、やっぱりその後いろいろ起きるのが通例みたいで、


まず、
・うっかり妊娠


みたいなケース。
この場合、(メイド本人が)罰金を支払って強制退去扱いになるそうです。 メイドが100kと言っていたので、日本円でだいたい20万円。
フィリピン大使館としては、出稼ぎで来てるフィリピン人メイドがこういう事情で契約を満了できずに国に帰るケースは可能な限り避けたいみたい。
まぁなんか、アレですね。そういう事案が多いと、「どうなってるんだフィリピン」って思われるんでしょうね。


次に、
・フィリピン人メイドが、彼氏(現地夫?)と駆け落ち

みたいなケース。
多いらしいです。


「国に帰っても仕事はないし、旦那はヒモ状態。 それだったらアナタ(マレーシアにいる彼氏)とどこまでもずっといるわ〜〜〜!!!!!」


と「恋は盲目」状態になり、それでもそのまま働き続けりゃいいものの、己の欲望に忠実に、または男の言うがままに男についてっちゃうとか。


この場合、

1. 雇い主とメイドエージェントは、イミグレに申告する必要がある
(件数が多いエージェントは罰があるとかなんとか)

2. イミグレに名前が登録されちゃうと、フィリピン人メイドはマレーシアから出国できなくなる
(空港のイミグレで止められる)

3. そのうちビザは切れるので、そしたら不法滞在になる



ということになってしまいます。
フィリピン側としては、出稼ぎさせてもらってる国で自国の民の不法滞在が増えるのはもちろん避けたいし、ましてやそれの理由が色恋だなんてのは、ますます避けたいところ、のようです。


まあぁ当然と言えば当然ですね。。。


大使館の主張その3:雇い主とトラブったら、エージェントに言う前に大使館に連絡して


メイドと雇い主がモメることってけっこうあって、よくあるのが、


・雇い主がメイドに食事を与えない
・ちゃんとした生活環境(ベッド、扇風機、日用品)を与えない
・休みを与えない
・業務時間外でも携帯を使わせない


etc。


大使館としては、メイドがメイド派遣エージェントにクレーム入れるのはオススメしないらしく、その理由として

・エージェントが雇い主に改善依頼をしたら、雇い主がキレてメイドの扱いがより一層ひどくなる
・そもそもエージェントが聞く耳を持たない


だそうで。
そういう残念なケースになっても大使館はこの手の情報を拾えないので、そうなる前に把握して改善したく、次のような流れでコトを進めて欲しいそうです。


1. 雇い主に対して、「かくかくしかじかだからこうして欲しい」と伝える
2. 上記で改善しなかったら、大使館に連絡する
3. 大使館スタッフが詳しくヒアリングし、必要に応じて雇い主またはエージェントにレターを出す


フィリピン大使館、いい仕事するじゃん、って思いました。



他にも、「出稼ぎ経験者によるサクセスストーリー」みたいなコーナーや、「大使館職員との質疑応答」みたいなコーナーもあったようですが、我が家のメイドにとってはこの3点が強烈な印象として残ったようで、それを聞いた私も、「フィリピン大使館の人は大変だろうなぁ」と見ず知らずの他人の苦労を慮ってしまうのでした。




また、日本は外国人労働者、特に単純労働をやってくれる人を増やす傾向にあるようですが、そうなるとここに書いたような懸念が日本でも増えるんだろうなぁと複雑な心境になったのでした。






最近日本でも、外国人単純労働者の待遇やビザ問題が話題になっていて、酷い扱いを受けているニュースも多数目にするようになりました。

受け入れ側が出稼ぎ労働者に対して人権を尊重してちゃんとやるのは当然だと思うんですけれども、送り出し側の国が、国をあげて出稼ぎ労働者を助ける仕組みを作るのも必要なんじゃないかと思います。

というのもですね、ここに書いたような駐マレーシアのフィリピン大使館主催の出稼ぎ労働者向けセミナーもそうですし、ドゥテルテ大統領が、クェートでのフィリピン人メイドの扱いにキレて出稼ぎ労働者を引き上げさせたことがあって、まぁこれはちょっと極端だけど、でもこれくらいの勢いで国をあげて受け入れ側にクレームいれて改善させるスタンスも必要だと思うんですよ。


出稼ぎ労働者を数多く排出している国は、フィリピンのこういうスタンスを見習うべきかもしれません。




以上、ご覧いただきありがとうございました。


他のディープなマレーシア情報はこちらからどうぞ。
ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊



~ はじめましての方はこちらもぜひ ~



~ 住み込みメイドあれこれ ~
◆ マレーシアでメイドのエージェントの探し方

◆ メイド採用の仲介手数料

◆ メイドの給料

◆ メイド採用プロセスと生活に関するQ&A

◆ 住み込みのフィリピン人メイドに美味しい日本食を作ってもらうコツ

◆ 住み込みメイドはご飯どうしてるの?食卓は?メイド部屋ってどんな部屋?

◆ 我が家のフィリピン人メイドがオススメする、ミロの驚きの飲み方

◆ 住み込みのフィリピン人メイドが体調不良を訴えてきたので

◆ メイドの虐待事件の多い中東、それでもフィリピン人女性が出稼ぎに出る理由

◆ 我が家のフィリピン人メイドが、マレーシア歴の長いお局メイドからもらった驚きの忠告

◆ フィリピン大使館がマレーシアで働くフィリピン人向けのセミナーで何度も強調したアドバイス


他のディープなマレーシア情報はこちらからどうぞ。
ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊




    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive