◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年7月3日火曜日

5ヶ月になった息子をメイドと夫に託して4泊5日の海外出張に行ってみた




マレーシアで住み込みメイドに子守りしてもらいながらリモートワークしている@suniです。


先週、2ヶ月ぶり産後2回目の海外出張に行ってきました。
(前回の出張話はこちら:復職2週目、海外出張をなんとかこなした
今回の行き先はインドネシア。
滞在期間は、4営業日。


「乳飲み子がいるけど海外出張に行っちゃう」
なんて素っ頓狂な人は皆さんの周りにはあまりいないと思うので、


・息子の面倒は誰が?
・息子をメイドに任せることに不安はなかったか
・私のいない家でメイドと夫が過ごすってどうなの?
・行く前と行った後での心境の変化
・母親の役割って?


あたりについて書いてみたいと思います。
「海外だとこういう働き方もあるんだ」という感じでご覧ください。




息子の面倒は誰が?


昼間は住み込みのメイドが面倒を見てくれて、夫の帰宅後は夫が面倒を見てくれました。

メイドがいなかった4月の出張の際は「昼間は保育園、送り迎えと夜〜朝は全部夫がワンオペ」という感じだったので、夫にとっては前回よりも今回は楽になったとは思います。
朝と夜ご飯、お風呂の時はメイドに息子を見てもらえただろうし。

それでも5連荘で夜勤(息子と一緒に寝る)はかなりハードだったんじゃないかな… 眠かったと思います…
(普段は私と夫で一日交代)

夫には感謝してもしきれません。


息子をメイドに任せることに不安はなかったか


メイドが子どもを虐待する系の不幸なニュースも耳にしますし、不安はゼロではありませんでした。

最近もこんなニュースを見かけたし。






ですが、我が家の場合は住み込みメイドと1ヶ月以上一緒に生活して「この子なら大丈夫そう」という思いもあり、またリビングと息子の部屋にベビーカメラも置いてあって「万が一の防波堤」にもなるだろうと思っていました。


アプリをインストールすれば、部屋の様子がいつでもどこでも見ることができます。

実際に、ジャカルタのオフィスから自宅の様子を見た状態(アプリ起動中のスクショ)がこちら。




通話も可能です。

私がスマホに向かってしゃべると、息子の方では私の声がカメラから聞こえるので、メイドがその都度カメラの近くに息子をよこしてくれます。
私の声だとわかっているのか、息子もカメラを向いて笑顔を見せてくれることも。
(たまたま?)


これを何度か繰り返すうちに、息子がカメラの方を向くことが増えた、とメイドから聞きました。

カメラ越しに息子を見ることができて、不安や寂しさを払拭することができた気がします。


ちなみにモーションキャプチャ機能もあって、音だか何かの動作に反応して、そこから6秒だったり10秒だったり、映像を残してくれます。
映像はクラウド保存で月においくら…か、SDカードを挿してそこに保存することもできます。


そんなベビーカメラについて、使い心地を書いてみたので、よかったらご覧ください。


寝ている息子の様子確認用でYIドームカメラを使っているのでその使い心地を書いた




私のいない家でメイドと夫が過ごすってどうなの?


夫のことを完全に信頼しきっていてやましいことが起こるわけないと思ってるので、私のいない家でメイドと夫(と0歳児の息子)が過ごすことは特になんとも思いませんが、(日本の)世間的にどうなんだろう…?






行く前と行った後での心境の変化


仕事柄、「起こりうるリスクを事前に想定してつぶす」が得意なので、ネガティブな事象を想像するのがものすごく得意なんですね、私。
なので行く前は、「大地震が起きたら」「コンドで火事がおきたら」「私の乗った飛行機が落ちたら」「出張先で事故ったら」などなどというネガティブな妄想をしては悲しくなる、という意味不明なことを繰り返していました。行きたいんだけど、行きたくない、みたいな。

メイドには、万が一に備えて現金も少し渡しておきました。
(あとでキチンと返してくれました)


ただ…


KLIA(KLの空港)に着いた頃には…


「久々のジャカルタ楽しみだなー!」
「みんな元気かなー?」


と、割とハイテンションw


行ってみるとそれはそれで「来てよかった」と思えたりするモンですね。目的の仕事も果たせたし、社員旅行でいろんなメンバーとも交流ができて、行ってよかったとしみじみ思います。


途中、ふと息子を思い出して寂しくなったときは、写真や動画を見て癒やされてました。


今はまだ息子が5ヶ月なのでさらりと家を出ることができるのかもしれませんが、もう少し大きくなって自我が芽生えたら…
「行っちゃヤダー」と泣き叫ばれるのかな…
逆に笑顔で「行ってらっしゃい!お土産買ってきてね」と言われるのも寂しい…






母親の役割って?


私の母は私が子どもの頃は専業主婦だったので、

「母親イコール仕事せず家で家事をやっている人」ってイメージがあったんですよ。

なので、働いてるし家事をやらない私の存在って、もしかしたら家に父親が二人いるのと同じ??って思っちゃったりします。

子育てにおいて、母乳あげるの以外は男親と女親で特にやることに大差ない…と思うし(何かあったっけ)。

夫じゃなくて私が主にやってることって、メイドのマネジメントと日用品/ベビー用品の在庫チェック/発注くらいだし…
(その他のタスクはだいたいイーブン)


女優の大原麗子さんが生前の離婚会見で、「家庭に男が2人いた」 と話してたってのが妙に頭にあって、我が家ももしかしてそうなのかも、と思ったり…


たくさんだっこして、たくさん褒めてあげて、夫と夫婦仲良い姿を息子に見せるのが親の務めかな、でもそれって男親とも変わらないな、じゃぁ母親の務めってなんだろう、と堂々巡りですね。

 まぁなんか、アレですよ、メイドに家事をアウトソースしたことで苦手でやりたくない・面倒なことから開放されてハッピーな一方、こんなことを考えるようになりました。


最後に


いつか、子連れ(=メイドも同伴)で出張に行ってみたいと思います。
同僚に息子を会わせたいし。


今日の一冊


私は子どもの頃から人間関係の構築がめっちゃくちゃヘタだったので、我が子は「なぜか好かれる人」に育って欲しい。







    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive