Amazonファミリーは、小さなお子様のいるご家庭や、ご出産予定のあるプライム会員むけサービス。Amazonファミリー限定セールも。



2018年7月4日水曜日

深夜に電気が止まってエアコンつかなくてお湯も出なくて困ったよ




配電盤、こっちではDBって言うみたい。



久々に東南アジア新興国の洗礼を浴びました。


夜中の3時頃、息子の夜泣きで目が覚めたんですけど、息子の部屋は24時間エアコンつけっぱなしなのにやたら暑いんですよ。


なんで?って思ってエアコンを見たら、稼働中のランプが見えない。


とりあえず息子をあやして泣き止んだところで家中(メイド部屋を除く)を確認したら、


■動く
・部屋の明かり
・シーリングファン

■動かない
・エアコン
・冷蔵庫
・キッチンの電源
・お風呂のお湯の電源

ってことがわかりました。



配電盤を全部Off→Onにしても変わらない…


息子にミルクをあげたかったけど、ウォーターディスペンサーも通電してないからぬるま湯しか出ない…


ガスは大丈夫だったからお湯沸かしてミルク作ったよ…
出産後、わざわざお湯沸かしてミルク作るなんて初めてだよ…


汗だくになりながらミルクあげたよ…


20-30分後に再度Off→Onしたら、通電しました。


なんだったんだろう…


翌日、オーナーに「かくかくしかじかで、20-30分で戻ったからよかったけど昼間エアコンがつかなかったらものすごく困る。5ヶ月の息子もいるし。こういうときはどうすればいいでしょうか」とあえて下手に出たら、即コンドのAdminに連絡して人をよこしてくれました。


が!
やってきたのはAdminの女の子とメンテナンススタッフ。たぶんメンテナンススタッフは英語が話せないマレーシア人で、Adminの女の子は通訳要員。


このAdminの女の子が私の苦手なタイプで、


「夜中の3時に目が覚めたらかくかくしかじかで…」と説明したら、リビングのテーブルに置いてある私のMacbook Airと電源タップを指さして


「これが原因よ!電源タップにあれこれ繋げ過ぎよ!」とドヤ顔。


おいおいよく見ろー
電源タップに繋げてるのはMacbook Air x 2、USBのケーブル x 3。
夫のMacbook Airはそもそもつながってないし、 USBケーブルの方はデバイスは何も刺さってない。


妥協して、この状態を「繋げすぎ」という人はいるのかもしれないけどね、
それにしても充電器は何も充電してないし、夫のMBAはつながってない、私のもスリープ状態だし、ていうか昼間使っててなんともないのに深夜3時で誰も使ってないのに電力食うわけないだろ、というのを、もう少し丁寧にめっちゃロジカルに説明したら、


ものすごく不機嫌な顔されました。


こういう感情むき出し系の若いの久々に見た〜


私苦手だわ〜


KTV慣れしているオジサマ方はこの手の若い子の扱いも余裕かもしれませんが、私は苦手なんで、オーナーに電話して「Adminの子が来たから、あとはよろしく」と電話を渡して丸投げし、結果コンドのメンテナンスの人の作業範疇外とのことで、オーナーが電気屋さんを連れてきてくれることになりました。


 で、その日の午後に電気屋さんに調べてもらったら、配電盤のとある部品を交換しなきゃってことで、新しく部品を買って再度来てくれることになりました。


すぐ直るといいな〜
今夜は大丈夫かな〜


余談ですが、オーナーが連れてきたおっちゃんは英語をまったくしゃべれなくてオーナーとのコミュニケーションは中国語、私とは会話できず、で、
「こういう人もいるんだなぁ」と不思議な気持ちになりました。
まぁ英語しゃべれなくてもマレーシアのコルセンで日本語の仕事している人もいるし、いろんな人がいるよね。
自分のちっぽけな常識が世間では非常識であることを再認識した次第です。


今日の一冊


仕事やお金に関係なく、好きなことをやっていいと言われたら、移民の研究がしたいなぁ。
自分も移民の子孫だし、マレーシアにいる華人にも興味あって、在日コリアンとマレーシア華人だとどう違うのかとかどういうところは同じなのかとか、他にも日本からブラジル、アメリカ、満州に渡った人などなど…
調べても何も生み出さないけど、なんか知的好奇心がね、くすぐられるっていうかね。





    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:


◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

Blog Archive