2018年7月8日日曜日

【英語レシピ】もやしと塩こんぶの梅干しあえ - Bean Sprout, Kombu, with Umeboshi




* English follows Japanese.

メイドに作ってもらうための英語レシピシリーズです。

住み込みのフィリピン人メイドに美味しい日本食を作ってもらうための再現性の高いレシピの書き方」もご覧ください。



さて、今回は…

もやしと塩こんぶの梅干しあえ





塩こんぶ、我が家ではマスキングテープに「shio-kombu」って書いて貼ってます。
こんぶは英語でKelpとも言うらしいんですが、逆にkelpを知っている日本人もいないだろうし、「Kombu」でいいんじゃね?ってことで。



■Ingredients


Bean Sprout : 250g
water : 1500ml
Umeboshi : 1
★Shio-Kombu : 1tsp
★vinegar : 1.5 tbsp
★soy sauce : 1 tsp

* Note for Japanese
もやしの量、「1袋」などとせずにグラムで書いています。
なんでかって言うと、
国や地域、スーパーによってもやしの1袋の量がぜんぜん違うから。
そんなんじゃ「レシピ通りに作れば誰が作っても同じ味になる」が達成できない、ってことであえてのグラム表記です。
まぁ多少上下するくらいは問題ないと思いますけどね。



■How to cook


1. rinse bean sprout

2. in pot, add water and bring to boil

3. put bean sprout into pot and boil 6 min

4. drain bean sprout

5. remove the seed from Umeboshi and then mince
(it becomes paste)
* note: will attach picture afterwards

6. in a bowl, mix (5) and ★

7. add (4) into (6)




* Note for Japanese
作業行程の写真ないのは手抜きです。
5の「mince」は、「たたく」をイメージしてください。
叩きまくってたらそのうち柔らかいペーストのようなものになると思います。

梅干しがそこまで好きってわけじゃないので1つだけにしていますが、梅干しが好きなら2つくらいにしても大丈夫だと思います。そこはお好みで。


最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive