◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年7月21日土曜日

海外ワーママのライフスタイル:生後5ヶ月の息子をメイドに預けて一人で映画鑑賞してみた







息子をメイドに預けての一人映画鑑賞、結論から言うと
「たまにはアリ」という感じです。


観た映画はこちら。

マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴーを観てきた(ネタバレなし)


こちらのエントリでは、
「生後5ヶ月の息子をメイドに預け、一人で映画鑑賞してみた」ことについて書いてみたいと思います。

海外でサバイブするワーママのライフスタイルの一つとしてご覧ください。





1. 息子の面倒は?


住み込みメイドにお願いしました。
5月から働いてもらっていて、6月の海外出張中も面倒みてみてもらってて今のところかなり信頼できる人なので、行き来の時間含めて3時間くらいなら「じゃぁちょっとよろしく」でお願いできるようになりました。

身近に親がいたら親にお願いするかもしれないけど、親よりもメイドの方が気を使わなくて圧倒的に楽です。私の場合。


2. 調整不要、思い立ったらすぐ「一人映画鑑賞」に行けるの最高


「親や代行サービスetcと何日も前から日時調整」が不要、前日は当日に思い立って、「じゃぁちょっと3時間くらい見ててくれる?」とお願いできるのはものすごくありがたい。

3. 「まわりもそうしてる」っていう安心感


産後すぐ復職する人が多い国なので、

「(仕事とは別に)たまに誰かに子どもを預けて一人の時間を持つって超いいじゃん!」
「息抜き大事!!」

という人が私の周りには多いんですね。
だから割と、「たまにはいいかな」って感じです。


4. 映画の余韻に浸るまもなくそそくさと帰る


なんだろうね、この「子どもが待ってるしな〜」という感じ。
なんとなく「子どもを置いて一人で映画」を後ろめたく感じちゃうのは、私がまだジャパナイズされてる証拠かな。
まだ0歳児なんで待ってるも何もないと思うんですが。

というか子どもが2歳とか3歳くらいになったらますます「子どもが待ってる」になると思うんですけど、どうなんでしょう?
「夫と二人で外出」だとまた違うのかな。

結局、スーパーで買い物して帰ろうと思ったけど、何も買わずに帰ってきました。


まとめ


なんやかんや思いつつも、「ふと思い立って一人映画鑑賞」がサクッとできるのはありがたいので、こういう感じで気楽に子育てをしたいワーママ予備軍はぜひ東南アジアへ😊


あー、ビールも飲んじゃえばよかった。
しばらくアルコール飲んでなかったから
飲むタイミングを掴みそこねたね…







    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive