2017年7月12日水曜日

ブキッビンタンの「新馳名雞飯 Nasi Ayam Hainan Chee Meng」でチキンライスを食べた




近所のお店を開拓するのがマイブームです。
(それ以外にやることがあまりない)

ビザ出ないと(つーかパスポートが戻ってこないと)出国できないし…
(1週間って聞いてたけどそろそろ2週間…)


という訳で、近場で見つけた美味しいお店を備忘録がてらかいていきます。








今回はここ、「新馳名雞飯(Nasi Ayam Hainan Chee Meng)」ってお店でチキンライス。

「ブキッビンタン チキンライス」で検索したら出てきました。

場所はここ。





ネットの情報によると午後7時に行ったら閉店間際…みたいなことが書いてあったけど、
2017年7月時点で、夜9時くらいに行っても普通に営業していました。
よかった〜😋










チキンライスとドリンクを頼んで17リンギットだったかな?
夫と2人で、40リンギットでお釣りが来るくらいだった気がします。

40リンギット=1200円くらい

って思うと安いなぁ。


ただ、チキンライスが11リンギットくらいだったのに対し、
ジュースが6とか7リンギットくらいして、
それはそれでなんだか敗北感…
 


私は「もも肉のチキンライス」を頼んだんだけど、それだと骨付きで食べづらかったので、メニューに載ってた「骨なし」ってのを頼めばよかった…



次はそうしよう。



こちら、お店の外観写真。




地図をご覧いただくとわかると思いますが、LOT10の交差点を南西にてくてく歩くと、2-3分で見えます。
LOT10に背を向けて、通りの右手ね。

現地語/中国語がわからなくてもなんとかなりました。
よかった〜。



日本でチキンライスを再現するなら、こういうのが便利かしら?
シンガポールとクアラルンプールのチキンライスは味違うのかな〜。



シンガポールのオーチャードでチキンライスを食べた時の話はこちらをクリック
ではでは〜😋


ランキングに参加しているのでよかったらポチってってください😊



~ はじめましての方へ ~



~ クアラルンプールぐるめ ~



最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive