2018年8月14日火曜日

PEBKACって何?id10tは?英語圏のエンジニアが使うチャット用語








ある処理について動作が正しくなさげなので調べてもらった結果、「オレ(=同僚)のミスだわてへぺろ」というシチュエーションがあったのですが、そこで当人からSlackされた文面がこちら。


PEBKAC



なんて読むの!?ぺぶかく?ペッカック?ぺぶけいく?
ていうかどういう意味!教えてダーリン!!







という訳で愛するウィキペディア先生に教えてもらったところ、


Problem Exists Between Keyboard And Chair

Generated by Make your own Error Message



という意味だそうです。
キーボードと椅子の間、つまり「原因はオレ」ってことですね。
ヒューマンエラーを意味するネットスラングだそうです。


この「原因はオレ」、他にもいろいろあるみたい。



PICNIC (“Problem In Chair Not In Computer”),
パソコンではなく、椅子の問題。


PIBCAK (“Problem Is Between Chair And Keyboard”)
PEBKACと同じ意味。


EBKAC ("Error between keyboard and chair")
PEBKACと同じ意味。



ID-10T error (“Idiot error”)
ID10Tとも書く。
文字で書くとイディオット=(愚か者)、というジョーク。



ネットワーク系のヒューマンエラーの場合、「layer 8 issue」と言ったりもするそうな。
これはOSI参照モデルを知らない人には意味不明だと思うので…こちらをどうぞ



せっかくなので、同僚がよく使う略語も書いておきます。


brb : be right back

lgtm : looks good to me

afaik : as far as I know

idk : I don't know

afk : away from keyboard

np : no problem



そんなところかな。
brbは、Slackのスケジュールチャンネル(今日は有給で休みます、とか、営業でこれから外出します、みたいなのをシェアする場所)に、「ちょいと離席します」を書く際の文言。飲み物取りに、とかトイレみたいなのじゃわざわざ書かないけど、それよりちょっと長いもの…例えば「ちょっとコンビニにお菓子買いに」みたいなときは書くかな。

ほかは、チャットの中で普通に出てきます。








※初出2015年7月、更新2018年8月※


最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

Blog Archive