2019年2月9日土曜日

フィリピンで予防接種を受けていない乳幼児は240万人で5人に一人は未接種。その理由は?




こんにちは、People & Culture Managerとして人事系の仕事もしている@suniです。


既報の通り、フィリピンのメトロマニラを中心にはしかが流行り、すでに2000人以上の人が感染していて70人以上が亡くなっています。
メトロマニラの政府系病院・San Lazaro Hospital単体で55名が亡くなっているとのことなので(ソースはこちら)、もしかしたら亡くなった方の人数はもっと多いのかもしれません。


私たちの会社はフィリピンにも拠点があるので(私も一昨年の6月まではそこにいた)、さすがに気になりますし、必要に応じて会社として動かなきゃいけないこと(*)もあるかも、と思いいろいろ調べたりフィリピンのHRの子に聞いたりしてみました。


(*)もし予防接種の値段がめっちゃくちゃ高いんだったら会社から補助出したほうがいいんじゃないか、とかね。政府系の病院だと無料っぽいことがわかったんですが。





乳幼児の予防接種カバー率


5歳未満の乳幼児:11,491,065(population.netより)
予防接種を受けていない乳幼児:2,400,000(CNNより)


つまり、


予防接種のカバー率:79%


5人に1人は予防接種を受けていないという計算になります。


WHOによると、感染病の流行を防げぐためのカバー率は95%をキープすべきとのことなので、フィリピンでの予防接種のカバー率の低さが、今回のはしか流行を招いていることがよくわかります。


ちなみにこちらがフィリピンの人口ピラミッド。
フィリピンは子どもが多いな〜。




オマケで日本のも貼っておきます。
人口減まっしぐら!





フィリピンでは、乳幼児の予防接種は無料


これはフィリピンのHRの子が教えてくれました。
2010年から、お子さんの予防接種は義務ということになり、政府系の病院であれば無料で受けられるようです。

予防接種の内容は、次の通り。

(a) Tuberculosis 結核

(b) Diphtheria, tetanus and pertussis ジフテリア、破傷風および百日咳

(c) Poliomyelitis ポリオ

(d) Measles はしか

(e) Mumps 風疹

(f) Rubella or German measles 風疹またはドイツのはしか(これちょっとよくわからない)

(g) Hepatitis-B B型肝炎

(h) H. Influenza type B (HIB) B型インフルエンザ

(i) Such other types as may be determined by the Secretary of Health in a department circular.
その他、保健省によって必要だと指定されるもの



なお、DOHによると麻疹の予防接種は
- 母親が予防接種を受けていない場合は6ヶ月から
- 母親が予防接種を受けている場合は9ヶ月から

受けられるそうですよ。


それでも予防接種率が低い理由


各種ソースによると、

1. 人々の意識の低下
「感染病が流行ると人々の意識が高まり、予防接種のカバー率が高くなる。逆に感染症が目立たなくなると、人々はそのリスクを忘れ、予防接種の重要性も忘れる」
というようなことを、DOHか赤十字の人がCNNで語っていました。

※一般の人のせいにするのは違うよなぁとも思うんですが。そういうのがあったとしてもそれを上回る策を練るのがDOHなり政府なり、だと思うんですよね〜


2. デング熱ワクチン事件

ここにもチラッと書きましたが、

フィリピン政府が、フランスのサノフィ社からデング熱のワクチン「デングワクシア」を約71億円もの額で購入し、2016年に公立学校に通う生徒に対して集団予防接種を開始しました。
当時、マカティにある日本人会診療所でもデングワクシアを置いていました。


ところが、
2017年にサノフィ社が「ワクチン接種後のデング熱感染は重症化する可能性が高い」ということを発表し、フィリピン政府も慌てて学校でのワクチン接種を取りやめます。


デング熱によるいくつかの死亡例について、ワクチン接種と関連があるかを確認を試みる議員がいたり、「フィリピンの子どもたちはモルモットとして利用された」と嘆く医者もいたりしたのですが、とにかく一番これを悲しみ悔やんだのは、予防接種を受けた子どもたちの親御さんだと思います。



そして、このことをきっかけに



「ワクチンはもう信じない」



という人が増えているらしいんです。



2018年に限ると、予防接種カバー率は60%ほどに落ちたようです。






「いやいや、はしかワクチンはもう長いこと歴史があるし、安心だから!」って思うんですけど、親御さんとしてはそういう気持ちにもなれないのかもしれませんね…



ちなみに日本の武田薬品が、デング熱ワクチン「TAK―003」の販売承認を2020年前半に申請するというニュースを見ましたが、さすがの私でもファーストペンギンにはなりたくないというか、数年は様子を見たいと思います。。。


さいごに


「フィリピンは、予防接種を受けられない人が多い」「貧乏な国だから」ということをツイートする方もいらっしゃいますが、


・政府系の病院なら無料で予防接種を受けられる
・デング熱ワクチン事件


という事実も知って欲しいなぁと思いながら、フィリピンの予防接種事情について書きました。



これからフィリピンに渡航される方で、はしかの予防接種を受けていなかったり、最後に受けて数十年経過している方は、渡航前に予防接種を受けたほうがいいかもしれませんね。
メトロマニラの場合、マカティにある日本人会診療所がはしかワクチンを持っていますが、在庫については現地にお問い合わせください。


参考資料


ソースは主にCNNLowphil.netpopulationpyramid.netなどです。




ランキングに参加しているのでよかったらポチってってください😊



~ はじめましての方へ ~



~ お仕事あれこれ ~
◆ YOYOに転職して1年が経ちました

◆ YOYOに転職して2年が経ちました

◆ YOYOに転職して3年が経ちました

◆ 認定スクラムマスターになりました

◆ スクラムマスターの更新方法とその費用

◆ あまり覚えたくない「フィリピンでしか通じない英語」

◆ 覚えておくと便利かもしれないタガログ語

◆ マレーシアでリモートワークを始めてみた

◆ 他拠点のオフィスを一望できてリモートワーカーの寂しさが軽減するといいなぁと思って試していること

◆ 海外就職からの妊娠…妊娠中の今だから考えるこの先のキャリア

◆ 5ヶ月になった息子をメイドと夫に託して4泊5日の海外出張に行ってみた

◆ People & Culture Managerというお仕事を始めました

◆ フィリピンの2019年のホーリーウィーク日程と気をつけるポイント、そして「逆リゾート」の話

◆ メトロマニラで麻疹はしかが絶賛流行中で他の地域にも拡散中


他のディープなマレーシア情報はこちらからどうぞ。
ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


【PR】


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive