◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年8月17日金曜日

【保存版】フィリピンの2019年祝日が大統領府から発令されたので、フィリピンの祝日事情について熱く語ってみるよ







フィリピン祝日ウォッチャーのsuniです。
2019年のフィリピンの祝日情報が大統領府から正式に発令されたので、備忘録がてら記してみました。
また、せっかくなので、
この発令だけじゃわからない「フィリピンの祝日事情」についても書いてみました。


フィリピン生活をしているそこのあなたなら、読んでおいて損はないはずー!


休み情報を早めに入手して、飛行機のチケットが安いタイミングを狙って旅行しよー!
(おー!)

東南アジアという地の利を生かして、写真みたいなリゾートでバカンスしよー!
(おー!)

ちなみに写真は無料素材集のものを拾ってきたので、どこのものだかわかりません。



発令はいつ出るの?


2018年のは2017年7月、2019年のものは2018年8月15日に出ていました。
7-8月の恒例行事ってところでしょうか。


わざわざ大統領府から発令が出る理由って?


・ホーリーウィーク(カソリックの祝日)やチャイニーズニューイヤー(中国の新年)、英雄の日(8月の最終月曜)など、「毎年日程が違う祝日」があるから

だと私は勝手に想像していますが、本当かどうかはわかりません。
まぁ「そういうモンだ」と思っておきましょう。

というわけで、発令を元に、2019年の祝日について日本語で書いて行きますよ〜。


Regular HolidaysとSpecial (non-working) days


無印:レギュラーホリデー
★:スペシャルノンワーキングデー
★★:追加で発令された祝日
★★★:イスラム教の移動祝日。2018年8月時点でまだ確定していない。

という感じでご覧くださいね。
(レギュラーホリデーとスペシャル…の違いは後述します)

1月1日(火) New Year’s Day / 元旦
2月5日(火) Chinese New Year 旧正月 ★
2月25日(月) EDSA People Power Revolution Anniversary エドサ革命記念日 (*)★
4月9日(火) Araw ng Kagitingan 勇者の日
4月18日(木) Maundy Thursday 聖木曜日(**)
4月19日(金) Good Friday 聖金曜日
4月20日(土) Black Saturday 聖土曜日 ★
5月1日(水) Labor Day レイバーデー
6月4日前後 Eidul Fitr ラマダン明け祝日 ★★★
6月12日(水) Independence Day 独立記念日
8月12日前後 Eidul Adha 犠牲祭 ★★★
8月21日(水) Ninoy Aquino Day ニノイアキノデー ★
8月26日(月) National Heroes Day 英雄の日
11月1日(金) All Saints’ Day 聖人の日 ★
11月2日(土) Additional Special (non-working) day 追加の祝日 ★★
11月30日(土) Bonifacio Day ボニファシオデー
12月8日(日) Feast of the Immaculate Conception of Mary 「無原罪の聖マリア」の日(***) ★
12月24日(火) Additional Special (non-working) day  追加の祝日 ★★
12月25日(水) Christmas Day クリスマス
12月30日(月) Rizal Day リサールデー
12月31日(火) Last Day of the Year 大晦日 ★


* ほんの数年前まで、この日は「学校だけが休みで企業は通常営業日」だった気がしますが、いつのまにか「みんな休み」になりました。

** この休みがある一週間を「聖週間」、英語だと「ホーリーウィーク」と呼びます。キリスト教の大事なイベントの一つ。毎年日程が変わる移動祝日です。

*** 12月8日は2017年末に制定された新しい祝日です。
(その時のProclamationはこちら

マリアがその母アンナの胎内に宿った時、神の計らいで原罪(アダムとイブが犯した罪で、全人類が等しく受ける)を除かれたとする教義に基づいて制定されたそうです。FBのフィリピン関係のグループで教えていただきました。N様ありがとうございます!


各祝日の歴史が気になる方はWikipediaなどでお調べください。


なお、上記の他に市や地方が制定する休みもあります。
日本の「都民の日」みたいな感じ?
弊社フィリピンオフィスがあるTaguig市は確か12月8日が「Taguig市の日」でその日が祝日になりますが、今年からは聖母マリアさまの日とかぶるので、特にありがたみがなくなりました。


レギュラーホリデーとスペシャルノンワーキングデーの違い


大統領府のサイトに載っていますが、ここのほとんどは我々外国人のほとんどはあまり意識しなくてもいいと思います。唯一、知っといた方がいいことが、


■レギュラーホリデー:一般祝日
休日出勤の場合、サラリーが200%になる


■スペシャルノンワーキングデー:特別祝日
休日出勤した場合、サラリーが130%になる


ってところでしょうか。
残業代が出るような仕事の場合は、喜んで休日出勤する人もいるみたいですよ。


追加の祝日って?


特別な配慮で、休みになるケースがあります。
11月2日は、毎年11月1日前後がお盆みたいな感じで田舎に帰る人が多いので、その流れで2日も、って感じだと思います。
まぁ2019年の11月2日は土曜日なんですけどね。
12月24日は、クリスマスイブだから、です。
ちなみに2018年も、11月2日と12月24日が追加の祝日になっています。

イスラム教の移動祝日って?


ラマダン明けの日と犠牲祭の日というイスラム教の祝日は、毎年日付が違います。
「祝日が直前にアナウンスされる」で有名なフィリピンですが、その対象の一部しかも直前系はこの移動祝日のことだと思われます。
実は、発令に載ってるんですね、「こういう日があるよ」って。
後述するリンクにも載っていますが、書き出すとこういう感じ。


The proclamations declaring national holidays for the observance of Eidul Fitr and Eidul Adha shall hereafter be issued after the approximate dates of the Islamic holidays have been determined in accordance with the Islamic calendar (Hijra) or the Lunar calendar, or upon Islamic astronomical calculations, whichever is possible or convenient.
To this end, the National Commission on Muslim Filipinos(NCMF) shall inform the Office of the President of the actual dates on which there holidays shall respectively fall.




ざっくり言うと、

「ラマダン明け祝日と犠牲祭の祝日は、フィリピン国内のイスラム総本山(のような団体)が太陽だか月の動きをギリギリまで見て確定させてから大統領府に進言するんだよね〜」

って感じです。

なので、大統領からの正式な発令も直前になっちゃうんですって。
インドネシアやマレーシアなどのイスラムがマジョリティの国ではかなり早く確定するのに、なぜフィリピンのイスラム総本山がギリギリまで様子見して確定させるのか、めっちゃ不思議。


Google検索すると、だいたいの日程はわかるのでいちおう書いておきましたが、実際の日程がずれても責任は負いません。ご了承ください。


なお、今年はマレーシアやインドネシアではかなり早い段階で「8月22日が犠牲祭」と決まっていたので、フィリピン国内でもそうなるのでは?と思っていました。
8月21日がニノイアキノデーで祝日だから2連休になる!ラッキー😊とも。
ところが大方の予想がはずれて8月21日になってしまいました。

フィリピン国内の一部の学校では、すでに「8月22日は休み」と案内されていたりして、それがproclamation出たあとに撤回されたりと、ちょっとした混乱を招いたようです。




ほかにもまだある、「当初の予定にない」祝日


2013年7月からフィリピンで生活していた経験から察すると、

■選挙で全国的にお休み
→大統領選、その他の選挙でお休みになることがあります。


ローマ法王が来るから首都圏(NCR)だけ休み
→平日は首都圏の渋滞がヤバくて、それをローマ法王に見せたくなのか、ローマ法王の移動に迷惑をきたしたくないのか、首都圏だけが数日お休みになりました。


APECのホスト国だから開催中は首都圏(NCR)だけお休み
→上記と同じ理由で、APEC参加者の移動に迷惑をきたしたくないのか、首都圏だけがお休みになりました。


のように、選挙や突発的なイベントでお休みになることがあります。
さすがにこのレベルになると「2-3日前」ってことはなく、数週間〜数ヶ月レベルでの事前告知となった気がします。


また、記憶にある限り1回か2回しか経験していないと思うんですが、

■大統領が空気を読んで、週末にかぶった祝日の振替休日を月曜日に

なんてこともありました。いつだったかなー。祝日ウォッチャーとして覚えていないのはマジで反省。

ただしこれ、2017年、2018年には発生していません。もしかしたらアキノさん時代の話かも?


■台風などの自然災害で休みになる
→祝日とはちょっと定義が異なりますが、知ってて損はないのでこれも書いておきます。

日本にも「注意報」や「警報」etcの定義があると思いますが、フィリピンにも災害レベルによって、Level1から…ちょっと思い出せないのであとで文献見つけたら追記します。が、とにかくそのアラートにレベルがいくつかあり、

・あるレベルに到達すると学校は休み
・あるレベルに到達すると会社も休み

となります。


祝日の発令はどこで見れるの?


こちらでーす!
画像クリックで移動してください。




で、当該サイトの「Proclamations」というところをクリックしてくださいね。
今回の2019年の祝日の発令は、No. 555のところです。


※「Proclamation」って言葉、日本語だと、布告とか発布って言うのかな。


私は、ラマダン明けや犠牲祭の祝日が近づくとここをチェックしますw
ほかにも大統領府の発令を受けてCNNやABS-CBNなどのマスコミが速報を出してくれるので、そういうところをウォッチしておくのもありだと思います。



祝日情報に惑わされないようにするには、どうすればいいの?


1. 毎年7月〜8月に出ると思われる、「来年のお休み予定」(👆にシェアしてあるProclamation)を見る

2. ラマダン明け&犠牲祭の祝日は、Googleなどで検索して予めアタリをつけておく

3.  祝日なんか気にしない

です。
1と2をやるだけでも、スケジュールがだいぶ立てやすくなるというか、「えっ、そんな急な休みマジで困る!」なんてシチュエーションが減ります。


なお、これは会社づとめの人に限りますが、総務(AdminやGAって呼ばれる仕事の人)がしっかりしている会社だと、総務の人がproclamationをキチンとチェックして「弊社の20xx年の休みスケジュール」を社内にシェアしてくれたりします。
本人のポテンシャルなのか、過去の駐在員の功績なのかはわかりませんが、これがデキルる人はとても貴重だと思うのと、御社のAdmin/GAがこういうことをしない場合は、ぜひ教えてあげてください。フィリピン人は「休みが増えてラッキー」程度であらかじめ知らなくても特に困らない人ばかりだと思いますが、「会社の営業日が急に減るとね、こんなことになっちゃってこんなふうに困るからあらかじめわかると嬉しいんだよね。それに休みがあらかじめわかってたら君だって家族と予定を立てやすいじゃん?」みたいな感じで動機づけしてあげるといいかもしれません。


私のように休日ウォッチャーレベルになると、Adminに「ねぇねぇ、犠牲祭の祝日決まった?!?!」とせっついたりして、「suniさん焦りすぎです」「まだです」と冷静に交わされたりしますwww
いや、ほら、これはこれで、プロジェクトメンバーにね、「あぁ、来週の中盤に祝日があるのかもね」という心の準備をさせるためですよ?決して自分の為だけじゃありませんからね?なんてね。



以上、フィリピンの祝日事情について熱く語ってみました。



これからフィリピンに移住したり駐在したり駐在帯同してくる人、就職して働き出す人なんかには有用な情報だと思います。また、語学留学を考えている人は、祝日が少ない日程のほうがお得だと思うんで、ぜひこの記事をブックマークしたりはてブしたりして忘れないでくださいね。そういう方がお友達にいたらぜひ共有してあげてください。


フィリピンへのお引越しが決まったら


こちらも参考にどうぞ😊






    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive