2016年6月25日土曜日

ジョグジャカルタ市内からボロブドゥールに行く最終バスは16時ってガイドブックに書いてあるのに、バスターミナルに向かうタクシーに乗れたのは15:40![インドネシア世界遺産ツアー]








地球の歩き方に


ジョグジャカルタのギワガン・バスターミナルから直行バスが16時まで毎時2本運行


と書いてあって、


15時40分頃になんとか乗れたタクシーに
「ギワガンバスターミナルに行って」とお願いしたところ、


「ボロブドゥール行くならGiwanganじゃなくてJomborの方がいいよ、ギワガンだと乗り換えが必要だよ」


と言われ、


Jomborを目指すことにしたのですが…


タマン・サリ→Giwangan:7km
タマン・サリ→Jombor : 14km


地図だとだいたいこういう感じ。










Jomborからのバスの最終も16時だったら、
明らかに間に合わなくない?



もしかしてこの運転手、
ただ距離を稼ぎたいから遠くのバス停に我々を運んでいるのか?



あげくにやたらと
「ボロブドゥールまでタクればいいじゃん」みたいなことを言い出す始末。



まさか

「バスに乗らせない」

「仕方ないからタクシーで」


という手法…



ふざけんな…



いいからアクセルもっと踏んでくれ…



という感じで、



友人と2人であれこれ念を飛ばした結果、



バスターミナルに着いたのは16:05頃。





ボロブドゥ〜〜〜!!!と言いながら走ってたら



友人の姿が見えない…



(サンダルが脱げてたそうな)



ローカルのおっちゃんに
「こっちやで」みたいな感じで案内された場所に


バスがまだいました。
あっぶね〜〜!!!





超ドローカルバス。
フィリピンの「オーディナリーバス」と変わらんね。

ちなみに現地人だと100円(10,000IDR)もせずに乗れるらしいんですが、
 外国人は250円(25,000IDR)。

現地語ができたら交渉したかもしれないけど、
2人で500円払いましたよ。








現地の風に吹かれつつ



友人とバクソ(肉団子)について熱く語っていたら



ベルギー人に「英語話せる?バクソって何?」と話しかけられたりして、



1時間半後にはボロブドゥールのバスターミナル。
行程はだいたいこんな感じ。





Jomborのバスターミナルではほぼ満席だったけど、
長距離ローカルバスだからか、
途中でローカルはどんどん降りていき、



最終的にボロブドゥールに着く頃には
ベルギー人カップルと私たちだけになっていましたね。



すでに18時近くなっていて、薄暗かった。





バスターミナルにベチャや馬車の客引きっぽい人たちもたくさんいたけど、



「tidak」(いいえ)と言ったり無視したりしながらホテルまで歩きました。
10分くらいだったかな。



長くなったのでいったんここまで。



旅のオススメアイテム







インドネシア旅行 目次


■ジャカルタ編
ラマダン中の朝食は3時から
スカルノハッタ空港の国内線ターミナルにあるJCBラウンジを使ってみた
インドネシアのナショナルフラッグキャリア・ガルーダインドネシアに初めて乗ってみた
インドネシア滞在中に使ったSIMカードは150.000ルピアで4GB

■ジョグジャカルタ・ボルボドゥール編
ジョグジャカルタの知られざる王宮レストラン「Bare Raos(バレラオス)」
ジョグジャカルタの水の王宮タマン・サリは、王様が美女を侍らせた水浴び場
・ジョグジャカルタ市内から最終バスでボロブドゥールに行く方法
ボロブドゥールで泊まるならどこがオススメ?
世界遺産であり世界最大の仏教遺跡ボロブドゥールは日の出ツアーがオススメ

■ソロ・プランバナン編
ボロブドゥールからバス2つと電車を乗り継いでバティックの街ソロへ
バティックの街ソロで食に走る我ら
ソロで泊まったのは4つ星だけど1泊5000円弱な「ザ ロイヤル スラカルタ ヘリテージ ソロ Mギャラリー バイ ソフィテル」
インドネシアの伝統スイーツ「スラビ」訪ねて三千里
ソロの王宮→プランバナン観光→バイクタクシーでジョグジャカルタ空港へ

■ジャカルタ空港ハック編
国内線でジャカルタ空港→ターミナル間移動→マッサージ屋さんでシャワーを浴びてセブパシのいつもの便




最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive