2016年6月3日金曜日

ラマダン(ムスリムの断食月)に向けてYOYOで実施した調整事項




こういうのに柔軟に対応できるのも海外スタートアップのいいところですね。
(自画自賛)


また、
こういうことに気を配れるようになったのは、
海外にいていろいろな国籍・民族・宗教・言語の人と一緒に働いているからだな…
って思います。



さて本題。


ここにあれこれとラマダンについて書きましたが、

弊社にいるムスリム向けの調整ゴトがいろいろあったので、ラマダンが始まる前…
というか今日ギリギリ調整ゴトを済ませました。

写真は、その話をCEOにした際のもの。
yuyu(写真左)が巻いてくれました。

(ムスリマは肌を露出しちゃいけないので、ハタからみたらおかしいんだけど)









ラマダン2016あれこれ


・開始日は6月6日
・終了日は7月5日
・日中のファスティングが終わったら、インドネシア大使館にお祈りしに行くらしい(フィリピンの場合)
・その後、大使館でご飯が出るらしい(フィリピンの場合)
・お祈りは18:20から
・通常シフト(9-18)だとクッソ渋滞するのでお祈りに間に合わない
・生理中はファスティングしなくていい
・ラマダン明けの祝日(インドネシア)は7月6日と7日
・ラマダン明けの祝日(フィリピン)は未定→そのうち発表される
・ラマダンの日中はご飯を食べないので、ランチ休憩をなくして退勤時間を1時間短くする会社があるらしい(インドネシア)
・ムスリムじゃないインドネシア人は、普通にランチを食べるので退勤時間は特に変更なし


ラマダン2016に向けたYOYOの決め事

・ムスリムのみ、ラマダン中に限り勤務時間を8-16に変更
・ムスリムじゃないインドネシア人は、普通通りの勤務時間
・6月下旬から1ヶ月ジャカルタでリモート勤務するインドネシア人スタッフは、「ベースはフィリピンの祝日に従う」なので、ラマダン後のインドネシアの祝日(2日間)は働く(ただしフィリピンの祝日には休む)
・CEOからみんなにアナウンス


「会社によって退勤時間が1時間短くなる」は夫が教えてくれた情報でした。
さすがジャカルタ経験者。
本人たち、遠慮してるのか言ってこなかったのよね。ありがとう。テリマカシ〜。








この本、転職した直後に買って、基礎知識の勉強に役立った。




最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive