◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年12月11日月曜日

【マタニティ】親子教室参加者向けの追加1on1クラスで授乳について習ってきたので備忘録がてら




病院主催の親子教室参加者向けに、「ご希望の方には授乳についてマンツーマンでレッスンします」というご案内があり、産褥アマさんを雇うからわざわざ勉強しなくてもいいかな?と思いつつも、無料で1on1レッスンを受けられるとのことなので、行ってきました。知らないよりは知ってたほうがいいだろうしね。


場所はGleneaglesのMedical Consultant Suitesの1F。
空気からして、「ザ・ママ」って感じの場所。








あと7週間で私も母親になるのか…
胎動もバンバンあるけど、未だに実感が湧きません。





ちなみにアジェンダはこれ。





講師はマレー系の女性。
講師っていうか、たぶん産科のナース。
驚いたことに、彼女自身が妊娠中でしかも39週だそうな。
予約入れた際、最初は15日か16日を希望したんだけど、「その頃は40週でたぶんもう産まれてて職場に行けないので、手前の週でお願いします」と言われたwww






レッスンののっけから、
「赤ちゃんって、いつになったら満腹になると思う?」と聞かれて超焦る私。
っていうかそんなのわからないしぃぃぃ💦💦

「おっぱいから口を離したら?」と適当に答えたら正解だったwww


でもそれにも罠があって、口を離してもちゃんと吸えてない=飲めてない=実は満腹じゃない場合もあるらしく、

・インプットしたらアウトプットがあるはず
・最初の1−2週間のおむつ交換頻度はこんなモン(下の資料の3段目・4段目)
・もしピーもプーもない場合、それはちゃんとインプットできてない

あるいは

・寝かしつけて30分とかですぐ起きちゃう場合も、ちゃんと飲めていないかも


だそうな。





そして、授乳のポジションの話。
このほかに、「ラグビー抱き」とかいろんな種類があるとも教えてくれたんだけど、とりあえずはこのオーソドックスな抱き方を、人形使って練習。




人形が予想以上に重たくてビックリ…

吸わせ方のコツは、 乳首を赤ちゃん口に直接…ではなく、乳首を赤ちゃんの上唇のちょい上あたりに押し付けると、赤ちゃんが口を大きくあけるんだそうな。
んでそのスキを狙って、乳首だけじゃなくて乳輪全体を吸わせつつ背中を押して赤ちゃんをアナタの体に引き寄せるのよ!!と。

というようなビデオも見せられて、なるほど、と。


ちなみに乳首が痛かったり切れたりするのは、「乳首だけを吸わせてるからそうなるのよ」って。「乳輪全体よ、いい?全体を吸わせるの。」


って聞いた印象だとカンタンそうだけど、実際は難しそう…
 授乳経験ある人誰に聞いても「痛い」とか「切れる」とか「ちぎれる」とか「血が出る」とか言うし…


どうなることやら…


こちらの図は、搾乳した母乳の保管について。
「産休はどれくらい?2ヶ月?じゃぁ復職はすぐね。仕事に復帰するなら搾乳→冷凍はマストよ。でも最初の1ヶ月は搾乳とか考えなくても大丈夫。2ヶ月目あたりから搾乳器つかって保存したり解凍する練習してみてもいいかも」とのこと。




母乳出るのか出ないのか想像つかないけど、でもいちおう搾乳器と母乳を保存するパックみたいなのは一時帰国の際に購入済み。






この資料はなんだったっけ、えーっと、


あ、そうだ、「よかったらGrowth Spurtについて調べてみてね」と言われたからこの資料も写真撮ったんだっけ。
すっかり忘れてた。時間があるときに調べよう…





最後に、「授乳はいつまでやるつもり?」と聞かれて、「ぶっちゃけノープラン、全然まだ考えていない」と答えたら、
「最低でも、離乳食の始まる前・6ヶ月くらいまでは母乳でがんばって。母乳はあげなくなると出なくなるから。ちなみに母乳で育てた方が子どものIQが高くなるって科学的に証明されてるのよ。だからがんばって。でも、あげ続けるとしてもmax2歳までにしてね。」とのことでした。

科学的に証明…ホントかな…

前回の親子教室の時もそうだったんだけど、Gleneaglesは「母乳 is ベスト!」な母乳信仰って感じの雰囲気がちょっとあって、万が一母乳が出なかったらどうしようかなぁと余計な心配をし始めた私なのでした。









    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive