2019年11月25日月曜日

最終話:ミスコリアっていう韓国のミスコンの地方予選に出た話をしようか:午前2時起床で本番当日




@suniです。いつもご覧いただきありがとうございます。

我が家のメイドが作る和食の写真集📷→■■■
大好評発売中の英語レシピ🍱→■■■
ブログ村のランキング💕→■■■
格安航空券は→【スカイスキャナーで比較検索】


ミスコリアっていう韓国のミスコンの書類審査にうっかり通ってしまい、地方予選(※)に出場することになった話の最終話。


※ここで上位入賞すると本戦@韓国に出場することになる
※日本以外でも、アメリカとか他の国でも地方予選があったっぽい



その1では「参加することになった背景」「年齢制限超えてるのに親がゴリ押しで通した話」と「参加費が一人15万円もするのに親がゴリ押しでタダにした話」「妹に至っては親に内緒で応募されてた話」を書きました。



その2は、予選の前に指定美容室で衣装合わせしたときの話とか、ハイヒールを買ったときの話です。



その3は、「本番前日のリハーサルで目の当たりにした韓国社会の現実の話」「朝2時集合って言われた話」です。




そして最終話。



親のゴリ押しで参加費を払っていない&我々が姉妹だからツインの部屋をあてがって安くしようと思われたのか、私と妹の部屋が「朝2時からのメイクルーム」として使われることになってしまい、数名のメイクさん、あと先生やほかのスタッフさんたちが午前2時にやってくる。
そしてすぐあとに出場者の女性がかわりばんこにやってきて、メイクさんにヘアメイクをやってもらってる。


土曜の朝に出張先の札幌から戻ってきてものすごく疲れている私の体にこれ以上ムチ打たないで〜!!


私のメイクはどうやら3時開始っぽいんだけど、2時から人が出入りしてるしシャワーもそれまでに浴びなきゃなのでロクに眠ることができず、化粧のあとに仮眠取れるかと少し期待したけど、頭をガチガチにセットしてもらっちゃったからベッドで横になることもできず、腰掛けてうとうと…
出張の疲れがまったく取れない…


っていうか化粧のクオリティがですよ!


私についたメイクさんが中国人女性でね、
「たぶん中国人的にはイケてる化粧」なんだろうけど、「日本の流行りとは全然違う」感じになっちゃった!


隣で日本人女性に化粧してもらってる加藤あい妹はますます美人になっていくのに、私はなんでこんなメに…


なんつーか、眉毛の感じとかでその時々の流行りとかわかるじゃないですか。
で、私はね、圧倒的に違うんですよ。
うまく説明できないんだけど、圧倒的な「そうじゃない」感
中国に行けばモテるのかもしれないけど…



これ。、ミスコリアを選ぶミスコンだからね、ミス中国じゃないですよ。
韓国人ウケも大事なはず。もしかしたら私が知らないだけで、実は韓国ではこういうメイクが流行ってるのかもしれないけど…



いやー違う!



ってゆーか!
勝ち残る訳ないんだから、韓国だか中国のウケを狙う必要ないし、もはや記念受験?なノリだし、写真とか映像とか絶対に残るんだから、今の日本でイケてる顔にしてほしいの!!!



北朝鮮モチーフみたいなドレス(第2話参照)を着た中国人顔の私がミス・コリアの日本予選のステージに立つ、ってどんな罰ゲーム…(白目)



眠れないし、メイクも気に入らないし、朝食までの待ち時間が長かった…



で、ホテルで朝食を取ってみんなでバスに乗り9時に会場入り。
前日、先生にやいのやいの言われたけど、本番さながらのリハだからかみんな気合入りまくりで、表情なんかも全然違うし(特にガチ勢。「気安く話かけないで」みたいな)、リハは超順調に終了。
あと、衣装を着ての通しのリハだったので、もはやひな壇枠の参加だと自覚してても緊張。



んで、本番。



いちおう会場規模としては数千人が入れるハコなので、「たまには舞台でスポットライト浴びてみるのもいいかもね」なんて強気な発言…する余裕はまったくない。
何はともあれアタシが選ばれるわけないんだから早く終わってくれ、の一言。



よりによって、水着審査の時の立ち位置が舞台の中央でさ、こんな、エステにも行ってないし豊胸手術もしてもいないアタシの半裸体を公共の電波に乗せてしまうのかと思うと、世間様に申し訳ないです。
(あ、公共の電波っていうのは、韓国の公共の電波ね。あっちで放送されてたみたいです)


水着審査って、


・後ろから一人ずつ中央を歩いて前の方に出てきて
・左〜右〜真ん中に戻って、
・数秒ポージングして、
・そして後ろで列を作る、


という流れなんだけど、左〜右〜真ん中に戻るウォーキングなのに体と顔は微妙にお客さんの方を向かなきゃいけなくてね、なんか、難しかったのは今でも覚えてる。



あと、ステージで待機してる時はね、右手を腰に当てて立ってなきゃいけないんだけど(下の画像参照)、その立ち方にもキレイに見せる&足を長く見せるコツがあるみたいなのねー。私はそれを聞いたとおりにやっても全然サマにならなかったけど、うまい子や恐らく慣れている子は、やっぱ「スチャッ」と決まってかっこよかった。

すみません、画像はGoogle検索のスクショです。
この手の位置や角度にコツがあるんですよ。



数秒ポージングのところ、だいたいみんな笑顔&かわいい系なポージングだったんだけど、確か2位の子だったかなー、在日の子でね、 その子だけはポージングでまったく笑わず、キリッとしてて、逆にかっこよかった。モデルさんだったのかな。
「グラビア時代の、威圧系で笑わない小池栄子」 みたいな印象。



ちなみに水着の時は、参加者のほとんどみんなが偽パイ。
なんかさ、控え室で偽パイくっつけてる人が多かったのよ。シリコンみたいなヤツ。名前ど忘れした。なんだっけあれ。ストラップいらずに胸にピタッとくっつけるヤツ、昔日本でも流行ったよね。



そこまでするのか~って思ったけど、逆にみんなボリュームア~~ップしてるのに私こんな胸じゃ恥ずかしくて舞台に立てねぇ!って思って、妹とほかの子たちと何人かで「やばくない?やっちゃう?」みたいな感じで慌ててトイレからトイレットペーパーを持ってきて誰かがどこかからガムテープも持ってきてグルグル巻いて偽パイ作って詰め込んだ。左の脇から右の脇をムギュッとした状態でガムテープ貼ったら谷間できるんじゃない?って思ったけど、さすがに胸にジカでガムテ貼るのはねぇ…って思ってそれはやめた。



そんな私らの隣では、ガチ勢の一人が専属のメイクさん(?)を連れてきてて、控室も横5メートルくらい占拠してて、ドレスももちろんすごくて、もちろん偽パイだったんだけど、なんか


・慌ててトイレットペーパーで偽パイを作る我々
・専属スタッフやら専属ヘアメイクさんやらにあれこれいたれりつくせりやってもらってる彼女


のコントラストがね、涙ぐましかったね。



ってか、そもそもまわりは美人だらけだし、メイクさんによっては美人がますます美人になってるし、もう、本当に、「こんな私が出ていいのか」「私はここで何やってるんだろう」って感じだよ。
あ、もう一度言っておきますと、マレーシアで出会った方々のほとんどは産後のゆるふわタミーな私しかご存知ないと思いますが、 ミスコン云々の当時は今の体重より15kgほど痩せてましたのでそこのところは安心してね。



そんなこんなで水着審査、ドレス審査、チョゴリ審査が終わり、表彰。
私は置いといたとしても妹はけっこう美人だから何か賞に入るかな?とは思ってたけど、結局私はもちろん、妹も入賞せず。
しょんぼりー。



個人的に、「この人キレイだな」って思ってたコ2人はやっぱり2位と3位に入賞してた。
「美人を見る目」は確かなようです。



優勝は、上に書いた「専属メイクを連れてきてたガチ勢の一人」でした。



今思うと出来レースだったような…



でもこの子、数週間後に本戦の出場者リストを見たら載ってなかったんだよねー。
なんでだろう。
勝手な想像だけど、本国生まれで日本から出場する際に、日本の滞在資格がないとか滞在期間を満たしてないとか、参加資格を満たしてなかったのがバレて出場できなくなっちゃったのかな、なんて。



まぁね、親のゴリ押しによって年齢制限をオーバーしたのに書類通って参加費すら払ってない私が言うなって感じだよねwwwさーせんwww



ミスコンが終わったあとは、仲良くなったコ達と携帯番号とアドレスを交換し、私と妹は家路につきました。



翌日の月曜はもちろん仕事。



ミスコン予選の翌日に普通にスーツ着て仕事してる私ってすごくない??
眠い目をこすって働いたよ。
この日、家に帰って、放置しっぱなしのスーツケースを見てゲンナリしたのは言うまでもないよね。




まーね、
こんな経験、たぶん二度とできないだろうし、
キレイな女の子もたくさん見れたし、
テレビ(といっても韓国のKNTVですが)にも出れたし
結論としては、「いい経験したな」ってカンジでした。



事後談


■その1
ある先輩から、
「たまたまテレビでミスコリアの日本代表選抜大会見てたらす~ちゃんが出てるじゃない!びっくりしたよ」
と言われ、私もビックリした。そして恥ずかしかった。



■その2
ある友人から、これを録画したテープをもらったけど、1人で見る勇気がわかない。
今でも実家にあるのかな。



■その3
次女から、
「Kさん(私の高校の同級生)が仕事で会場に来てたらしいよ」と言われ、「在日は世間が狭い」ことを実感。。。
Kさんとは特に親しかったわけでもないのでこちらから突っ込むこともできず、先方からの突っ込みもなく、うんともすんとも言えない今日この頃。



以上、ミスコリアっていう韓国のミスコンの地方予選に出た話、最終話でした。



大昔書いた日記のリライトなので、最近のブログの口調とやや違うかもしれませんが、そんなに変じゃないと思います。たぶん。
ご意見ご感想ありましたらぜひツイッターで教えてください😊




ブログ村ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊

最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!




英語で書いた和食のレシピを販売中です!お陰様で好評をいただきまして、すでに40名以上の方に購入いただきました。
「誰が作っても同じ味にするための再現性」を追求し、各工程の写真も貼って、とにかく「わかりやすさ」にこだわっています😊

外国人の友人や配偶者がいる方、メイドに料理も作ってもらえると助かるな〜という方はこの機会にぜひ😊
日本の家庭料理がメインで、韓国料理も少し、日本人向けの離乳食レシピもあります。すべて、我が家のメイドが一度は調理済みで、夫(日本人)の試食も済んでいて問題ないことを確認しているものばかりです。

販売開始時点で100ちょいだったレシピが、現在は160を超えました。レシピはこれからもどんどん増えていきます。 一度購入いただいたらこの先増えていくレシピもご覧いただけます。

詳しくは画像クリック(またはここをクリック)でどうぞ!



不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


    このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive