◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年5月28日月曜日

【海外送金】Transferwiseでフィリピンからイギリス経由で日本のみずほ銀行に海外送金してみた




フィリピンからみずほ銀行に海外送金したら、みずほ銀行から電話がかかってきてやれ本人確認だの支店に来いだのでプチトラブったのは去年の12月。


その時の話はこちら。


フィリピンから日本に海外送金したらみずほ銀行から電話がかかってきた


こんな(ピー)な銀行なんか二度と使わねーよ!ほかの銀行で口座作るよ!と声を大にして言いたいものの、マレーシアで息子を産んだばかりで日本にいつ行けるのかわからない。
でも生命保険などの支払いは毎月やってくる。


そろそろ海外送金しなきゃいけない時期。


というわけで、前回オススメだと聞いた


Transferwise


というサービスを使ってみることにしました。




「本当の為替レートが適用された隠れコストがない早くて、安い海外送金」

ってほんまかいな。


調べてみると、
まず銀行などで海外送金する場合、
ロイターやGoogle、Yahoo等で表示されているレートではなくて銀行独自の手数料が乗っかったレートで計算されちゃうみたいなんですね。

そこを、Transferwiseは「ロイターやGoogle、Yahoo等で表示されているレートで送金するから銀行よりお得」ってことみたいです。


例えばこの図の青枠が、ロイターやGoogle、Yahoo等で表示されているレート。
(赤枠については別で)




BDOの同じ日のレートを調べると、
(緑枠の左の方…読みづらいけど…)




Transferwiseだと1USDが52.61499ペソ、
BDOだと1USDが52.35ペソ、


つまり、Transferwiseの方がレートがいいんですねー。


あれっ、Transferwiseも手数料を取られてますよね。
上の上の図の赤枠がそれ。


なので、Transferwiseの方が損している気が…




でも、Transferwiseのロジック的には、
例えば、
「イギリスから日本に海外送金」みたいなケースで説明すると、
通常、海外送金を中継する銀行や受け取り銀行側で手数料を取られるんですが
(ちなみにみずほだと2500円)、


Transferwiseの場合、
「ポンドを日本円に替えたい人(イギリスから日本に送金)」「日本円をポンドに替えたい人(日本からイギリスに送金)」をマッチングさせて、それぞれの国内で送金しているので、無駄な手数料がかからないんですって。
(だからといって個々人をマッチングさせているわけではない)


※もっと詳しく書いているブログが世の中にたくさんあるので、ロジックをキチンと知りたい方はググってください。


なので、


Transferwiseなら国内送金扱いになる?
海外送金の余計な手数料(BDOだと35USD)は取られない?



で、
今回私がメインでご紹介したいのは


「フィリピンのBDO銀行からイギリスのバークレー経由でみずほ銀行に海外送金」です。


まずTransferwiseなんですが、海外送金できる国や通過に制限があって、


フィリピンペソは送金できません。
(Transferwiseがペソ送金に対応していないんです。受け取りは可能)


でも、



USDならフィリピンからでも日本に送金できる!!


ただ、USD送金の際、イギリスの銀行を経由しなきゃいけないんですね…
見てくださいコレ。





つまり、BDOから海外送金する際の宛先を、上の図のBarclays(っていうイギリスの銀行)にしなければいけません。


つまり、普通の海外送金と同じです。


BDOで海外送金する際の入力内容は、上の画像「Pay with a Swift transfer」を参考に入力したらこうなりました。




(一度送金したら、その内容をテンプレとして保存できるので便利)



ちゃんと届くのかな…
大金を送るのがちょっと不安だったので、まずは100USDで試してみました。



結果、無事送金できました。



BDOで海外送金する際の
Service Charge : USD 10.00
Remittance fee : USD 25.00



はバッチリ取られていました。
海外送金なので当然ですね。



日本での受け取りに関しては、問題なくみずほ銀行に入金されまていて、以前経験した「みずほ銀行側の受取手数料2500円」は取られずに済みました



試算


5000USDを送金する場合…

■BDO

・USD→JPYが109.06円(*) → 545,300円
・送金の際、BDO側の手数料で35USD(**)が別途かかる
・着金の際、みずほ側手数料で2500円が別途かかる
・手元に残るのは542,800円

* 5/28の朝時点のもの。BDOに聞きました。
** Service chargeの10USDとRemittance feeの25USD


■Transferwise

・Transferwiseの手数料46.11USDを引いた4,953.89でコンバートされる
・USD→JPYが109.06円(*) → 541,980円
・送金の際、BDO側の手数料で35USD(**)が別途かかる
・着金の手数料はかからない

* 5/28の朝時点のもの。
** Service chargeの10USDとRemittance feeの25USD


■お得なのはどっち?
BDO:542800円
Transferwise:541980円

Transferwiseで送金すると、結果的に820円損することがわかりました。


結論


Transferwiseで、BDOのUSDを日本に送金する場合、
・レートはBDOよりTransferwiseの方がいい
・Transfersiseでも手数料は発生する
・イギリスの銀行を経由するのでどのみち海外送金手数料がかかる
・Transferwiseなら、受け取り側の手数料(2500円)がかからない
・「レートの違いによる差額」「Transferwiseの手数料」を考慮した結果、その額が2500円より小さければTransferwise、そうじゃなければBDO


って感じでしょうか。
イギリスの銀行を経由した送金が無事イケるか、にばかり注目してたけど、私のケースに限るとBDOの方が少しお得だったね…


以上、体を張った、「フィリピンからUSDをイギリス経由で日本に海外送金」の体験談でした。


※「Transferwise、超お得じゃん!」って記事になるかと思ってたんだけど、フィリピンからUSDを送金する場合は全然そんなことはありませんでした。
イギリスの銀行を経由せずに直接送金できる場合は、Transferwiseがお得なんだと思います。


■過去の海外送金体験談


BDOのオンラインバンキングでフィリピンから日本のみずほ銀行にUSDを海外送金してみた

フィリピンから日本に海外送金したらみずほ銀行から電話がかかってきた





    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive