Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年5月14日月曜日

恐れていた「住み込みメイドのお休みの日」がやってきた








メイドに来てもらって1週間、恐れてた日がやってきました…


それは…


彼女の休みの日…




エージェントと交わした契約書には、キッチリと、


「週1、休みを取らせること」と書かれています。


曜日は、メイド本人と合意が取れてればいつでもいいみたい。


なお、休みの日にどうしても働いてほしいときは、その週だけ別の曜日に振り替えてもらうか、メイドと雇い主双方の合意がとれれば、一日65RM(1800円)で働いてもらうことは可能です。



平日は夫婦の仕事中に子どもの面倒を見てもらいたいし、
土曜日はなんとなく「平日の溜まったものを土曜日に」っていう気がしたので、日曜日を休みにしました。


そして日曜日…


なんで恐れてたかって、
「何もかも自分たちでやらなきゃいけないから」



いつもなら朝7時のミルクはメイドが作ってくれるけど、今日は自分たちでやらなきゃいけない。
いや、作るのは別にいいんだけど、あとで洗って消毒するのがめんどくさい…


朝の目玉焼きも、自分たちで作らなきゃいけない…


ご飯、朝も昼も夜も夫と代わりばんこで食べるしかない…
(まぁちょっと前まではいつもそうしてたんだけどね)


食後の食器を洗うのも自分たちだし、
子どもの衣類やタオルetcを洗濯するのも自分たちだし、
(まぁこれは溜めておいて月曜にお願いするってのもある)


あ、沐浴は、最低でも週1は自分でやりたいと思っているのでそれはいいとして、
(我が家は朝に沐浴して、夕方にタオルで拭いてあげるようにしています)


子どもが起きてる限り、どちらか片方は子どもと一緒にいる必要があるので「夫婦でのんびり休む」という感じにはいかないから、日曜日は忙しくなって大変そう…



ってのが心配だったんだけど、
いざ日曜日、
長い時間を息子と過ごすことにもなるので、
「平日働いて、週末は息子と過ごす」と言うあるべき姿を強制的に作れてよかったと思いました。


それに今までの週末だと、息子と過ごしてても
「洗濯しなきゃ」「畳まなきゃ」「トイレ掃除しなきゃ」と、「週末のうちに●●しなきゃ」 が気になってストレスだったり、夫に面倒見るのをお願いして自分が掃除してると「息子と一緒に過ごせない」のがストレスだったりしたんだけど、

メイドが来て以来そういうのは基本的に彼女の勤務日にやってもらえるので、


息子と長時間過ごしてても家事のことを心配しなくて済んだし、気持ち的にゆとりをもって、夫と二人で息子の面倒を見れた気がします。


控えめに言って最高。


ちなみにメイド本人は、「暇すぎて死にそうなんでちょっと手伝わせてください」と言って、夜ご飯の食器洗いと洗濯物を畳むのを手伝ってくれました。


そうなんだよなー、エージェントに「最初の6ヶ月は一人で外出させないでください」って言われてるから、彼女、休みの日も家にいるしかないんです。

 外出禁止令は解除してあげたいとも思いつつ、何かあったときにエージェントに怒られるのは私たち夫婦なので、どうしようかなぁ…とちょっと悩んでいます。


 家にある英語の本(7つの法則と、シドニーシェルダンが2冊)を渡したら読むかな…
あと、ジーナ式の原書をもしこっちで買えるなら、読ませたいなー。


向学心はあるようなので、いろいろ機会を与えてあげたいなぁと思います。





    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive