2018年10月20日土曜日

【世界の授乳室】スカルノハッタ国際空港ターミナル3、出国手続き後エリア




0歳児(8ヶ月)の母の割にはいろいろな国に行っていると思うので、訪れた空港etcの授乳室がどんなモンか、写真に撮って残してみようと思い立ちました。


ちなみにこれまでのログは…

クアラルンプール国際空港KLIAのチェックインフロアの授乳室
東海道新幹線の授乳室


です。

今回はスカルノハッタ国際空港ターミナル3の授乳室をご紹介します。








インドネシア、スカルノハッタ国際空港ターミナル3の授乳室


今回立ち寄った授乳室は、出国審査を抜けたあとのエリア。
「案内板は出てるけど、実際の授乳室が見当たらない」ことに気づき、フライトまで少し余裕もあったので、探してみることにしました。

出国審査を終えてエスカレーターを降りると、そこは確かゲート10。
私のフライトはゲート5なので、まずはそちらを目指しててくてくと…


この写真はゲート6の近くですが、そのだいぶ手前から「Nursery Room」の案内板は出ています。





ゲート5の近く。
まだ先のようです。





ゲート5の先。
まだ先のようです。
(案内板右側、下から2つ目)





そうこうしているうちに、突き当りまで来てしまいました。
この先にゲート1から4があるようですが、そもそも授乳室のマークが看板にないし!!





ゲート1から4の方面に向かって写真を撮ってみました。
小さくてわかりづらい画像ですみませんが、授乳室のマークはありません。





諦めてゲート5に戻ろうとしたら、「Nursery Room」の案内が再び現れました。
どういうことー!?





「もしかしてここはアジア大会のために突貫で作ったターミナルだから、授乳室なんてのを作るのは後回しなのかな?」なんて思いながらゲート5方面に引き返し、途中トイレに立ち寄ったらなんと!


女子トイレの入り口の逆方向に、こんなマークの扉を発見。
これって哺乳瓶じゃない??





ドアを開けてみたら、授乳室でした。
※一度ドアを閉めて写真を撮ったのが上の図ですが、ドアを開けるまでは電気真っ暗でした





左端に見えるのは、子ども用の椅子? ご飯食べさせたりするのに使うのかな?
左奥にソファーがあって、おそらく授乳用でしょうね。
その隣に、調乳用のお湯/水があります。


右側におむつ交換台。
広げてみたら、ちゃんとベルトがあるタイプでした。
最後、右端に洗面台もありますね。


というわけで、まぁよさげな授乳室だと思いましたが、「これはちょっと…」と思ったのが以下の2点。


・調乳用のお湯/お水がいつのものかわからない。とても遠い場所にあるので、そもそもお湯や水の利用頻度が低そう…ウォーターディスペンサーの水はいつ開封したのかな…


・ドアを開けたらソファーがすぐ視界に入るので、ここで授乳する人はおっぱいぽろりに要注意かもしれませんね。
私は完ミなのでそのあたりの感覚はわかりませんが、 こういうところでも授乳ケープがマストなのかも?とも思ったり。



  以上、スカルノハッタ国際空港ターミナル3、出発エリアの授乳室でした。



スカルノハッタ国際空港のターミナル3は、チェックインフロアにも授乳室があります。

6月末に立ち寄った時は中は暗いのに鍵がかかっていて開けられず、どんなモンか確認できずじまいでした。 今回それをすっかり忘れていたので、またいつかジャカルタに来ることがあったら、チェックしてご紹介しますね。



~ 世界の授乳室とおむつ交換台 ~
<日本> 東海道新幹線

<日本> 東京入国管理局

<日本> 名古屋国際空港セントレア

<マレーシア> KLIAチェックインフロア

<マレーシア> クアラルンプールのQuill Mall

<マレーシア> クアラルンプールのMid Valley

<マレーシア> クアラルンプールのサンウェイギザモール

<マレーシア> クアラルンプールのグレートイースタンモール

<マレーシア> クアラルンプールの伊勢丹Lot10

<インドネシア> スカルノハッタ国際空港ターミナル3出国後エリア

<インドネシア> スカルノハッタ国際空港ターミナル2チェックインフロア

<インドネシア> スカルノハッタ国際空港ターミナル2出国後エリア(近日公開)




授乳室がなさそうで困ったなら





最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive