◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年10月1日月曜日

Honestbeeマレーシアの街頭キャンペーンから、1ユーザーの獲得コストを試算してみる









Bukit BintangのLOT10の前で、honestbee(*)がユーザー獲得キャンペーンをやっていました。


* honestbeeとは、2015年7月にシンガポールで始まった買い物代行サービス。現在はシンガポールのほかにクアラルンプール、マニラ、東京、台北、ジャカルタなどでサービス提供中。


「ここでアプリをダウンロードして会員登録してくれたら、ブラウニーを1RM(27円)で買えますよ」

っていうもの。





こういう手書き&手作り感、東南アジア〜って感じがします。


ちょうど甘い物が食べたかった私は、このポスターに吸い込まれそうになり…


honestbeeの人(以下bee):アプリはお持ちですか?

私:もちろん

bee:すいません、まだアプリをつかったことがない人が対象で…

私:えっ(まぁそうだよね、そんな気がした)

bee:旦那さん、まだアプリ持ってなかったら…

夫:そうですね、持ってないです

私:(やったー)

bee:じゃぁですね、まずここにアクセスしてもらって…



というわけで、夫にhonestbeeのユーザー獲得施策に乗っかってもらい、待っている間、その様子を観察してみました。



・スタッフは、honestbeeの黄色いTシャツを着た若い男女二人組
・MRTのBukit Bintang駅の出口を陣取ってるのである意味邪魔なんだけど、人通りは多い場所である。
・我々が捕まって、夫が必要なタスクを済ませてチョコブラウニーを1RMで買うまで、だいたい5分。
・その間、honestbeeの人の声がけによって興味ありげに立ち止まる人は二組くらいいたけど、「アプリをインストールして云々」でめんどくさいからか去ってった。



フィリピンでも思ったけど、「買い物代行」ってこっちの人に需要あるんかいな…
というのも、

・共働きだとだいたいどっちかの親が助けてくれるから自分は買い物しない
・または住み込みのメイドがいるから、自分は買い物しない
・デリバリーフィーやコンシェルジュフィーを払うくらいなら親やメイドに買い物してもらう
・買いたいものはhonestbeeで扱っていない


っていう感じがするんですよね。今のところ。
(3年後はわからないよ)



まぁそんなhonestbeeのユーザー獲得コストも試算してみちゃいますよ。

・街頭にいたのは若い2人。日給100RMだとする、2人なので200RM
(新卒月給2000RMくらい、から日給100RMくらいにした)
(学生バイトならもっと安いかもしれないけど、そこまで細かいことは考慮しない)
・5分で1人ゲット→1時間で12人→8時間で96人
・1ユーザーゲットするコストが2RM=55円くらい

※チョコブラウニーを1RMで買ってるから、もしかしたらコストはその分を差っ引いて1RMって言えるかもしれないけど、チョコブラウニーの仕入れ代だってあるじゃん?って思うと、もはやめんどくさくなってきたからチョコブラウニーのことはいったん横においとく




って考えると、



つまり、




1ユーザー獲得コスト=55円くらい



ということがわかりました。
(雑だなぁw)



日本の常識で行くと「やすっ」って感じなんだけど、
(アプリのCPIってゲームだと数百円、そうじゃなくても3桁はするはず)



マレーシアだと どうなんだろうね。




ところで、
「honestbeeユーザーの夫」って、今後honestbeeを使う確率ほぼゼロだからLTVも見込めないと思う…



なのに、わざわざブラウニーを27円で買わせてもらっちゃってすいませんって感じです。
そのゲットしたブラウニーがこれ。





味はまぁまぁ。これもhonestbeeで買えるよ。



っていうかBukit BintangのLOT10の交差点なんて観光客が多いんだから、そんな場所よりもhonestbeeに掲載されているお店(イオンなど)の近くで買い物客にアプローチ(わざわざお店に来なくても、ネットで買えるよ)した方が、ちゃんとしたユーザー獲得になるんじゃないかと思った。





    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive