Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年9月22日金曜日

婚姻証明書(韓国大使館ver)をゲット


ヤボ用で婚姻証明書が必要なので、仕事の合間に韓国大使館に行ってきました。

ちなみに私は日本人じゃないので日本に私の戸籍は当然なく、私たち夫婦の婚姻証明書は、夫が日本大使館に行けば夫の戸籍謄本をベースに取れるんだけど私じゃ取れないので(よく「日本に戸籍ないの?」って聞かれるんだけど、外国人だからあるワケがない)、
(夫の婚姻情報は、戸籍の備考欄みたいなところに配偶者だれそれ、みたいな感じで書かれているのみ)
なので我が夫婦の婚姻証明書は私が韓国大使館に行くのがてっとり早いんです。
(ていうかあとでまた書くけど、即日発行だと思ってた)


私の場合生まれた時の国籍は北の某国だったので、世界のどこにも戸籍はなかったんだけどね。あはははは。
2004年に国籍を韓国に変え、そのあとに「就籍手続き(韓国に戸籍を作る手続き)」というものを行いました。
だから韓国側には私の出生情報はないんです。
松戸市役所に行けば出生届は入手できるんだけどね。
不思議だわね〜。





というわけで婚姻証明書。
韓国語版をゲットするのに3-4営業日かかった。確か200円もしなかったような…

日本の韓国大使館だとこの手の書類は即日なんだけどね。
フィリピンの韓国大使館の人に「日本の韓国大使館は特別。だってウン十万人も在日がいるから」だそうな。

ていうか婚姻届を出したあと、韓国側の戸籍的なやつに夫の名前が載ったかってわざわざ確認してなかったので、これ見てちょっと感動した。





韓国語版が出来上がれば、英語版は即日。
夫婦の名前と生年月日を書いて、提出するのみ。





で、私はてっきり英語版のCertificateは単独でもらえるのかと思いきや…
韓国語版と英語版それぞれ、キッチリとホチキス留めされ、仰々しい表紙もつけられ、そこにはわざわざ収入印紙的なものまで貼られていた。





英文の方に、2部で1000円くらい払ったかな。
大使館が家から5kmくらいの場所で助かった。
と言ってもなんだかんだで行って帰ってくるのに1.5時間くらいかかっちゃったけどね。




       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク





    Oisix(おいしっくす)






0 件のコメント:

Blog Archive