◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年4月1日日曜日

2ヶ月の産休が終わり4月から復職!




生後2ヶ月で6780g、両親に似て大きな赤ちゃんです。

4月になりました。
2日(月)から復職です。
東南アジアでは2-3ヶ月の産休で復職するのは割と普通。


子どもが産まれる前までは「日本みたいに長いこと休んでたら仕事のキャッチアップ大変そうだし、2ヶ月で復職くらいがちょうどいいのかもな」と思っていました。
住み込みメイドの手配がまだ手続き中なので、息子は近所の保育園に入れることにしました。


で。


いざ、自分が子どもを産んで産休を過ごしてみると、



・保育園に預けたら、常に一緒にいられなくなって寂しい


・保育園に預けたら、初めての◯◯(寝返りとか、あれこれ)を見れなくなるからイヤだ



というネガティブスパイラルにハマった。見事ハマった。何度も泣いた。



3月上旬は、産褥アマさんがいなくなって「日中はワンオペ」という状態が続き、何もかもにてんてこ舞いで軽〜く産後うつ状態。



あげく、
産休中は、日本語メディア、、、というかツイッターばかり見ていて
(まぁこれには理由があるんだけれども)
(っていうか主に子育ての情報収集)


似たような時期に出産したママさんの子育て情報には助けられたし愚痴には「私だけじゃないんだー」と精神的に助けられた。すごくよかった。


ただ、
彼女たちのプロフィールを見ると 「2019年4月復職予定」って人がけっこういるんですよ。
そういう人たちと比べて「2018年4月」に復職する自分ってどうなんだろう…と思っちゃったり。
(人とくらべてもしょうがないんだけど、当時はそれどころじゃなかった)
(中には自分と同じく2018年4月に復職する人もいる)



そんな矢先に女帝奥田さんのブログを見て勇気づけられました。
子どもを保育園に預けて復職するのに罪悪感を感じている人がいたら、ぜひ読んで欲しい!!!






挫けそうになったらこれを読もう。


あと、我が息子、いわゆる「普通の日本人」とは違う環境で生きることを楽しめるように育つといいな。




そうそう、
仕事は仕事でね、めっちゃくちゃ大事なときだから、早くキャッチアップしてモリモリ働かないとね。

去年、KLに行くと決めたときに「辞める」という選択肢も考えたけど、辞めずになんとか妊娠期間を乗り越えることができたから、ここまでがんばったんだから、この先の子育てフェーズもなんとかがんばろう。

保育園のお迎えの都合で残業はできないから、8時間で最大限のパフォーマンスを出せるようがんばるしいろいろ工夫もしないとね。



と言うのはカンタンだけど、


初の子育て、しかも海外、そして復職、



ぶっちゃけ何がどうなるかまったく想像つきませんが、



そんな新生活も家族3人で楽しみつつ無理のない程度にがんばろうと思います。
これからもよろしくお願いします😊



※オマケ1※
復職の翌週に、弾丸スケジュールでフィリピン出張に行ってくることにしました。
11日のKUL発AM1:40のフライト、戻りは12日のMNL発pm5時発。
オフィス滞在は正味1.5日。
CEOは「無理しないで」って言ってくれたんだけど、どうしても参加したい大事な会議だし、今を逃すと次いつ行けるかわからないし、トライしてみることにしました。

スーツケースに搾乳器を入れて海外出張する未来がやってくるとは、さすがに想像つかなかった。人生面白いね。



※オマケ2※

実は、
「復職したら、ランチタイム1時間を自分のためだけに使える」
ってのは何気に楽しみ〜!!
何食べようかな〜〜!!

って話を、息子が大きくなったときに言ったらどういう反応するかなwww
わかってくれるといいなwww






    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive