Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年3月10日金曜日

38歳になりました (o´∀`o)


なぜか誕生日前後ってクッソ忙しかったりいろいろあるんですが、
今年はプチリリースを9日にこなし、ヘロヘロになりつつもなんとか生きてまーす (o´∀`o)


そういえば弊社、BGC内で引っ越したよ〜\(^o^)/
*詳しい紹介はおいおい









という訳で、38歳になりました。
若い頃、誕生日前後は忙しいか悲しいことが起きるかという感じで誕生日を心の底から祝えない感じもありましたが、30中盤あたりからようやく、楽しい思い出が増えてきました。

ここで余談ですがこれまでの誕生日の記憶

2004年(25歳)
東急ハンズ三宮店で徹夜作業してるうちに誕生日を迎えた。


2008年(29歳)
友人の告別式。「生きる」ということについて考えるようになった。


2009年(30歳)
ミッドタウンで残業してて、ヒゲのリーダーと翌日のmtgについて対策を練りながら0時で電気が切れた瞬間に「あっ…誕生日…」と気づいた。
翌日チームメンバーがリッツカールトンのレストランで祝ってくれて、めっちゃ感動した。


2010年(31歳)
とある大型リリースを数日後に控えてて、誕生日前夜はパツってた。


2011年(32歳)
誕生日の翌日に成田空港で被災し、いろいろ大変だった。


2012年(33歳)
震災の翌年は、誕生日と3.11を大好きなゲレンデ(福島の南郷)で過ごした。
楽しかった。ボランティアで南郷のTwitterアカウントを運用してた。


2013年(34歳)
テキサスのオースティン(SXSW)でニートを謳歌


2014年(35歳)の誕生日はメトロ・マニラのマカティで。
その日の誕生日コメントで
ーーー
「モテないことないでしょ?もっとそういうの出したら?」とここ最近各方面から散々言われて耳タコなので、誰か彼氏作る方法教えてください。
ーーー

と書いていましたが、その数日後に将来結婚することになる男性と東京で知り合うとは夢にも思いませんでした(^q^)


2016年(36歳)は、会社にフィアンセから花束が届いてビックリ。


2016年(37歳)は、入籍後初の誕生日で、「家庭と仕事の両立をがんばっていきたいと思います★」と言っていた気がしますが、


2017年(38歳)は、別居婚を謳歌しています\(^o^)/



ここで話を元に戻すと…


9年前の誕生日が友だちの告別式で、誕生日が来るたびに「悔いのない人生を」と思うので、悔いのないように好き放題生きているワタクシであります。
そう思わせてくれるモコ、ありがとう。
毎年この日に必ず思い出すよ。

あとモコの3ヶ月前に空に行っちゃったカツマン、アンタもね。
当時遊んでたみんな、結婚したり子どもがいたり離婚したり、海外に行ったり、アラフォーだよ。早いよ。

だから、さっきFacebookに「一人でラーメンかパスタぐぬぬ」みたいなのを書きましたが、躊躇することなく一人で食べたいものを食べるべきだと思い直しました。



白髪は増えるし半年後くらいにまた検査しなきゃいけないネタがあるしで、「あー年取るって嫌だなぁ」と思うようになりましたが、
ヨガや筋トレ、ジョギングなどでなんとか健康をキープしていきたいと思います。


20代の頃、ヨガやジョグにハマる年上女性を冷めた目で見ていましたが、今なら当時の彼女たちの気持ちが痛いほどわかる!わかりますセンパイ!!


他は、なんだろう?
フォートボニファシオに引っ越して職場がめっちゃ近くなり、オフィスも引っ越し、
「新生活の幕開け!」って感じですね。


別居婚も慣れるとそれはそれでラクというか、
月1で会いにきてくれたり行ったりっていうのも、新鮮で楽しいかもしれない。
このままずっと別居婚ってワケにもいかないんだけどね。
自分の仕事スタイル・得意分野的に、「マレーシアに移住してリモートで」ってワケにもいかないから、



「同居=仕事辞める」



ということになっちゃうので、白髪が増えるほど迷っています。



ま、判断を先延ばしにしている感は否めませんがそれはおいおい考えるとして、
38歳の1年も夫と仲良く元気に楽しく生きていきたいなぁと思います。

例のアレ、置いておきますね (o´∀`o)





最後に、数年前のPostをちょっとだけ改変して改めて…


it's too late to grieve when the chance is past.
variety is the spice of life, and time and tide wait for no man.
we live our own life.
thanks guys.


       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク








0 件のコメント:

Blog Archive