◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年3月18日日曜日

オモニ、孫に会うために国籍を変えて初の海外旅行でマレーシアへ




オモニ(母)が3泊4日でマレーシアに来てくれたので、思い出ログを。

写真は、KLIAの出発ロビーでイミグレに向かうオモニを見送ったときのもの。
写真中央、白いカーディガンを着ているのがオモニね。

イミグレを無事通ったのを確認して、家路につきました。





で、本題。


いろいろ事情があって…
ってまぁTwitterではチラホラ言ってますけど、

正男暗殺事件のせいで朝鮮籍の人はマレーシアに入国できなくなってしまい、まだ朝鮮籍だった我がオモニはわざわざ国籍を韓国に変え、戸籍(のようなもの)を韓国に作り、パスポートを発給してもらえたのが2月末。


しれっと「国籍を変えた」って書きましたけど、私のような3世と違い、このご時世まで国籍を変えていない2世が「国籍を変えた」って、よっぽどのことだと思うんですよね。
私は20代前半の頃、散々悩みましたけど、将来のことを考えて韓国に変えている。
そのときの話がコレ



で、手続きに長く時間がかかると覚悟していましたが、大統領が変わったからか予想より早く手続きが終わり、2月末にはパスポートをゲットしたオモニ。
もともと夫の両親が3月に遊びに来ることになりそうだったので、オモニは「じゃぁ4月かな」と言ってたんですが、夫の両親の来馬が4月になったのと、私が4月には復職するということもあり、急いでチケットを取ってくれた。



オモニにとって、(北朝鮮は海外旅行カウントしなければ)初めての海外旅行がマレーシア。

中学高校で、なぜか英語ではなくロシア語を専攻したオモニは、英語はまったくわからず、成田からKLまで無事来れるのか甚だ不安で仕方なかったんですけれども、成田空港、機内、KLIAそれぞれで見ず知らずの女性に助けてもらい、無事、KLIAの到着ロビーで合流。


オモニの安否と、息子を連れてKLIAに行くというダブルのイベントでものすごーく緊張したけど、どちらもなんとかなりました。
Grabで1時間近く息子をだっこするのはしんどそうだったので、家からKL SentralまでをGrabで、KL SentralからKLIAまではKLIAエクスプレスで向かった。
家にいてもソワソワするだけだし、TwitterでSeinaさんから「早めに動いた方が」ともアドバイスをいただいたので、午後のミルクを飲ませて即移動。


KLIAに早めに着いて、せっかくなので出発ロビーにある授乳室を見学したり、CBTLでお茶したりしてMH89便の到着を待った。


というわけで、約4ヶ月ぶりにオモニと再会。
これまでこんなにオモニが恋しいと思ったことはなかったなー。
今思うと、初めての育児で追い詰められてたんじゃないかと。
追い詰められたから恋しくなる存在、ってのも皮肉だな。
ちなみに20代中盤の頃は親の在日あるあるな古い考えが心底嫌で、ほぼ絶縁状態だったんだよね。離れてわかる母の大切さってやつですかね。


で、オモニの滞在中、特に観光するではなく、息子と3人でイオンで買い物したり、近所を歩いたり、お土産やさんでなまこ石鹸を買ったり。
ロクなおもてなしができなくて本当に申し訳ないんだけど、オモニは「孫に会いに来たんだし、娘の旦那さんにご飯でも作ってあげたいし、観光はいいのよ」と。
はぁありがたや…


孫とお買い物ってのをオモニは楽しみにしてたそうな。「年齢的におばあさんと呼ばれるのは嫌かもしれないけど、おばあさんになれて嬉しい」と。
着いた日はすでに夜だったので、翌日にお買い物。
ベビー用品売り場でベビーカーに取り付ける小さい扇風機やミトンを買い、スーパーで食材を大量に買い込んだ。買い物のあとにアイスも食べた。





帰ったらオモニがすき焼きを作ってくれた。しらたきがなかったので、こんにゃくをこういうふうに切ってしらたきの代わりにしてくれた。





韓国人の定番、わかめスープも作ってくれた。
オモニの友だちが乾燥タラとワカメを買ってくれたそうな。
「これで娘さんに作ってあげて」と。
ありがたやー。Y君のオモニ、ほんとありがとうございます。
作り方もオモニから習いました。





カレーも作ってもらった。
カレーくらい、私も夫も作れるけど、オモニのカレーが食べたくてね。
写真にあるオイキムチもサラダも、オモニが作ってくれた。





オムライスも作ってもらった。






たった3泊とはいえ、オモニと二人きり(正しくは息子と夫もいるけど)でこんなに長く過ごしたのは、記憶のある限り初めてのような気がする。この間、↑に書いたようにスーパーやお土産やさんで買い物したり、近所をブラブラしたり、家で他愛のない世間話をしたり、育児の悩みを聞いてもらったり、息子の面倒を見てもらったり。




ずっとオモニと一緒にいることができて、ものすごく嬉しかったし楽しかった。
そういえば、オモニの滞在の3泊のうち2泊、夜勤を変わってくれた。ぐっすり眠れてすごく助かった。


いい思い出になったし、オモニもそうだといいな。
初孫に会えたんだし、そりゃいい思い出になること間違いなしだよね。
来てくれて本当にありがとう。


あと、お祝いをくれた親戚やオモニのお友だちの皆さん、本当にありがとうございます。
オモニの人徳なのか、在日あるあるなのか、松戸のオモニあるあるなのか、「オモニの友だち」からお祝いをいただいて、ホント恐縮です。同級生のオモニだったり、同じ朝鮮学校に通った後輩のオモニだったりで私も面識はあるんだけど、私とはその程度の関係性なのにお祝いをくださるなんて、本当にビックリ。
オモニの人徳なんだろうな。本当ありがたいです。
大事に使います。






    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive