◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2018年3月26日月曜日

息子のマレーシアでの予防接種




海外で予防接種ってどうなるの?どうするの?ってのを備忘録がてら。


マレーシアで産まれた我が子は、予防接種は基本的にマレーシア推奨(※)のスケジュールで受ける予定です。
と言っても日本で「定期」扱いになっているものはすべて接種する予定で、ただスケジュールが日本とマレーシアだとちょっと違かったりするんですよね。

こちら(※)だと、産まれた翌日にさっそくBCGとB型肝炎があったり。

日本だと3だか4種混合?なのが、こちら(※)だと「6種混合」ってのを接種したりとか。

※病院や医師によっても違うかもしれません

日本だと補助?が出たり無料だったりするかもしれませんが、海外在住の外国人なので、自腹です。
こういうところはケチケチしたくないので構わず接種しますよ。




さて、出産後、息子についた小児科のドクターから診察券とこういうシートを渡されました。
「Immunisation record」と言うそうな。




左側に、接種するべきタイミングと各種名前が載ってるんだけど、
どれがなんなのか全然わからない…


なので、ネットで調べて、対応する日本語名を付箋紙で書いておきました。。。
割と難儀した。。。


先日受けた6種混合(こっちだと6 in 1と言います)は、
「B型肝炎、ジフテリア、破傷風、百日咳、不活化ポリオ、インフルB」
で、ほかに
肺炎球菌(PCV)とロタ(Rota)も受けました。


6種混合と肺炎球菌は太ももに注射を、ロタは透明な飲み薬みたいなのでした。
息子、注射針を刺された瞬間にギャン泣き。
ロタは特に文句なさげな顔で飲んでくれた。


次回、同じ3種類を5月末に受ける予定。


予防接種はこの先数年お世話になるので、このログはきちんと管理しなきゃ。


そうそう、マタニティクラスでお世話になったひばりクリニックで、こういう紙をもらいました。
(画像は一部のみ)




日本とマレーシアそれぞれの推奨接種時期や、日本だとどれが定期で任意なのか、というのが表になっています。

ひばりの推奨時期と息子のドクターによる推奨時期がやや違うんだけど、まぁそんなに大差ないのかな。


日本とマレーシアをしょっちゅう行き来する場合、または本帰国が控えているご家庭などは、マレーシアにいる間から日本スケジュールで予防接種を受ける方がいいのかもしれませんね。そのあたり、ひばりクリニックに行けばいろいろ相談に載ってもらえるみたいです。





    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive