2018年3月1日木曜日

【ただの日記】産褥アマさん期間が終わり、平日昼間は完全ワンオペとなりました。




3食昼寝付きの生活、ラクだった、、、
どんだけラクだったかはこちらをどうぞ。







産褥アマさん期間は26日の昼で終わりなので、午後からは本当の「家族3人での生活」が始まりました。


時間配分について何がどうなるかまったく想像つかないので、夫が週末のうちにご飯を作り置きしてくれ、それでなんとか食いつないでます。

26日の夜からは、夜勤も開始です。
※ここで言う夜勤とは、「夜中のミルク・おむつ・夜泣き対応」のことです。

最初の夜は、なんとなくで「交代しようか」とし、
次の夜は私がバテたので夫が一晩面倒を見てくれ、
その次の夜から、「夫が22-3時、私が3-8時」という交代制を試しています。

夫とは、今までは「カップル💕」って感じだったのが、「子を育てるためのチーム、運命共同体」みたいな気分です。
いい人に巡りあえたなぁと、 ギャン泣きする息子をあやす夫を見ながらしみじみ思います。



若い頃は、子どもを産んだ女性のFBやTwitterのPostが子育てネタばかりになるのを見て、「いくらなんでも子どものネタ出しすぎでしょ、他にないの?」って思ってたけど、いざ自分が子育てし初めて思うのは、


他のことに興味を向けたり勉強する時間がまったくとれない


無知ですいません。全国のお母さんマジですいません。
子どもにミルクをあげてほ乳瓶を洗ってレンジ消毒しておむつを変えてお風呂入れて寝かしつけて泣いたらあやして搾乳して起きてるときはたまに一緒に遊んで洗濯して自分のご飯を食べて食器洗ってシャワー浴びて隙間時間にちょっとTwitterやFBに何か書いたり、を繰り返してたら一日が終わってました。


夫にお願いして買ってきてもらった抹茶アイス、開封したあとに子どもが泣き出したらと思うと、食べるタイミングに困ってます。


大変っちゃ大変なんだけどね。
24時間、子どものことだけを考えていられる生活も産休中の今だけって思うと、泣けるね。
仕事には早く戻りたいとも思うんだけど。
子育てと仕事の両立も大変そう…


住み込みメイドが間に合わなかったら一時的に保育園に預けるしかないと思ってるんだけど、いつ泣くかわからない息子の送り迎えも大変そう…


なんかまぁ、何もかも不慣れで「大変そう」としか思えないんだけど、「迷ったらワイルド」な人生歩いてるなぁと思うと、日々冒険に思えるね。
今日もがんばろう。


最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive