Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年11月9日木曜日

【日記】妊娠7ヶ月妊婦の7時間フライト備忘録 KUL-NRT by ANA







と言っても「日本に一時帰国」なんで、日本在住の妊婦が見ず知らずの海外を旅行するよりはリスクは低いとは思いますが。


約10ヶ月ぶりに日本に行ってきました。
クアラルンプールから成田、7時間のフライトです。
マタ旅は決してオススメしませんが、地元に帰るとか、もしくは勝手知ったる土地に行くくらいなら全然ありかもしれませんね。

妊娠して以来飛行機に乗るのは9回目だけど、全部1〜4時間の距離だったので、さすがに7時間は遠かったw







飛行機はANA


かなり早い段階(7月末)に10月末のチケットを取ったからか、ただのローシーズンだからかはわからないけど、往復4万円弱。
マニラー成田より安いんじゃない?
少し残っていたマイルを充当したので、実際に支払ったのは24000円くらい。
JALだと7万円くらいした気がする。



妊婦の搭乗

27週の場合は搭乗自体に問題はなく、念のため電話で確認したところ、医者の診断書も不要。
出産予定日を含め28日以内になるといろいろ大変になるっぽい。
詳しくはこちら。
妊娠中のお客様 [国際線]

よっぽどのことがない限り、28日以内に飛行機に乗るなんてことはしたくないよねぇ。


往路:クアラルンプール空港でチェックイン

診断書は不要とあったが、チェックインの際に「ドクターのレターは?」と言われる。
前回の検診の際に、病院の通訳さんが気を回してくれてレターを手配してくれていたので、それを見せる。
係員が姿を消し、10分くらい待たされてさすがに焦る。
結果的には難なく乗れた。


復路:成田空港ターミナル1でチェックイン

チェックインの際に「ご妊娠されていると伺っております」と言われて、「あ、情報が行き渡ってる、さすが」と思いつつも、マタニティマークタグをもらえなくてやや腑に落ちない。
あとで問い合わせたら「マタニティマークタグをください」と申告しなきゃいけないそうな。
そうなのか…
妊娠してること把握してるんならくれてもいいんじゃないかな…
この調子なら今年の搭乗回数もわかる=今年一度も乗っていない=タグもらっていないこともわかるだろうに…
しょんぼり…


「今のところ、お隣は空席です」と教えてくれたのはよかったし、実際乗ったら3列シートで私以外誰もいなかったのはラッキーだった。
妊婦対応で何かしら調整が入るのかな。たまたまかな。
ちなみに行きはほぼ満席だったからか、マレーシアだからか、その手の配慮は一切なし。


そういえば成田は、チェックインも、成田空港手荷物検査も列が半端なかった。
マニラもクアラルンプールもジャカルタも「10分以上待たされる」ということが滅多になかったので、待ち時間が何気に苦痛だった。

南ウィングがめっちゃ混んでいる時間帯で実際に混んでいたので、このサイト:保安検査場の運用時間と混雑時間帯についてを参考に、北ウィングに退避して手荷物検査を済ませた。


成田→クアラルンプールのフライト

私の情報がCAにも行き渡っているようで、機内でもCAさんにあれこれ気をかけていただいた。
たとえば「伺っております。お荷物お手伝いしましょうか」と駆け寄ってもらえたり。
行き(KUL発)で特にそういうのがなかったので、同じ会社でも海外発と日本発だとこういうところの情報伝達が違うんだろうなぁと実感した。

飛行機を降りる際は、通路挟んで反対側の日本人男性が荷物を棚から下ろしてくれた。
優しさが身に沁みた(´;ω;`)


おむつ交換台

B787とはいえ全部のトイレについているわけじゃなかった。そういうのもいすれは乗る前にキチンと把握するようになるんだろうか。
イマイチ実感がわかない。
あと、おむつ交換台があまりに小さく見えて、「ここで変えられるのか?」とやや不安になる。


7時間のフライトは

今までなら「お酒飲んで寝て起きたら到着」という感じだったのに、妊娠したからにはアルコールが飲めない。
しかも今までなら4時間(マニラー成田)が、今回(クアラルンプールー成田)は7時間もかかる。

遠いよ!

何度もトイレに行き、トイレ近くの空きスペースでストレッチをした。
いやー、ヒマだった。

この長距離をいつか赤子と共に過ごすのかと思うと、やや憂鬱である。


成田空港ターミナル1、出国後にプライオリティパスで入れるラウンジ

唯一あるのが大韓航空のラウンジ。
しょぼかった。
そもそもNRT-ICNの近距離フライト(2h)なので、ゴージャスなラウンジである必要がないのかもね。
おいおいレビュー書く…かな。書くまでもないかも。



以上、妊婦の7時間フライト備忘録でした。
次もANAかJALかレガシーキャリアにしたいと思う反面、赤ちゃん連れで7時間フライトってマジで難易度高そうで涙目…


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive