Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年8月26日土曜日

LTFRBがUberに「1ヶ月の業務停止を解除してほしくば4億払え」 #フィリピン #Uber事変


LTFRBの無茶振りキター!

8月14日(月)の午後、LTFRB(国土交通省みたいなところ)がUberに対し業務停止命令を出したのは既報の通り。
既報


対するUberは17日、LTFRBに対し
「10Mペソ(2000万円)払うから業務停止命令を取り下げてくれー!」
と言ったりもしているんですけれども(当該Tweet


そしたら今度はLTFRBが8月25日(金)のなんと業務時間のあとに、

「190Mペソ(4億円)払ったら、業務停止命令を解除してやってもいいよ」
と表明したそうな。


こちらはCNNトップのスクショ。
画像クリックで当該ニュースに飛びます。









記事によると、


・LTFRBの190Mペソ(4億円)の根拠は、Uberの1日あたりの売上と1ヶ月の業務停止命令に対し残り19日を考慮して算出されたもの
・LTFRBはまたUberに対し、パートナーオペレーターに対し毎日19.9Mペソ(4000万円)をサービス再開まで払えと言っている
・公共サービス委員会のグレース・ポー議員は、LTFRBのこの判断を支持
・一方で彼女は「3連休前の金曜の、しかも業務時間外に言うのはちょっとねぇ、がっかりだわ。だって週末は銀行閉まってるじゃん?」とも言っている




Uber事変を時系列で整理してみる


7月某日:
- LTFRBがUberとGrabに対し、「営業するための手続きをキチンとしていない車両が多い。そういうのちゃんとやれ。それまで新規車両は受け付けるな」
とお達しを出す。GrabはLTFRBの命令を遵守、一方でUberは新規車両を3台受け付ける。
- (ちなみにこの時点での登録台数はGrabは5.5万台、Uberは6.6万台

7月か8月某日:
- Uberがコッソリ登録した新規車両がLTFRBにバレる

8月14日:
- 「言うこと聞かなかったなお前ら」とは言ってないけど、LTFRBがUberに8月15日から1ヶ月間の業務停止命令を下す

8月15日:
- 朝6時、Uberが業務停止
- 日中、Uberが見切り発車で業務再開
- LTFRBがUberに「走らせたらドライバーに罰金を与える」と布告、Uber完全敗北
- 通勤にUberを使っていた人々が大混乱に陥る

8月17日:
- UberがLTFRBに「10Mペソ(2000万円)払うから業務停止命令を取り下げてくれと言うが相手にされない
- LTFRBはUberのドライバーに対し、「業務停止期間はGrabやU-Hopに働いてもいいよ(特別に新規登録を受け付けるよ)」とお達しを出す
- メディアが「LTFRBがタクシー配車アプリを出した」と飛ばし記事を書いたのに対し、そのアプリ開発元が「ちげーよ、元々セブとイロイロでやってるアプリでもともと9月にマニラに上陸予定だった」と表明

8月22日:
- LTFRBがメディアに対し記者会見であれこれ状況説明

8月25日:
- 夜、LTFRBがUberに「190Mペソ(4億円)払ったら、1ヶ月の業務停止命令を解除してやってもいいよ」と表明

8月26日:
- 今に至る



個人的には「4億円はちょっと無理だろうし、1ヶ月大人しくしてればいいのに」とも思いますが、実際に通勤で困っている人々にはどう映るでしょうか。
来週月曜は祝日でお休みなので恐らく動きはないはず。
なので来週火曜日29日に要注目〜〜!!



これまで書いた#uber事変のエントリ


政府がUberに1ヶ月の業務停止命令、通勤に困る社員続出、グレース・ポー議員は「残酷で不合理だ」と表明、数時間後にUber業務再開?→やっぱりダメでした
Uber事変のあとのタクシーやGrabについてフィリピン人同僚に聞いてみた
Uber事変の救世主なるか?タクシー配車アプリ「micab」が来月にManilaに上陸
・LTFRBがUberに「1ヶ月の業務停止を解除してほしくば4億払え」(このエントリ)
Uberから「罰金はなるはやで払うから来週には再開できるかも」と返事もらった


       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク








0 件のコメント:

Blog Archive