Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年8月15日火曜日

政府がUberに1ヶ月の業務停止命令、通勤に困る社員続出、グレース・ポー議員は「残酷で不合理だ」と表明、数時間後にUber業務再開?→やっぱりダメでした #uber事変 #フィリピン


なんてこった〜〜〜!!




Uberが8月15日(火)の現地時間朝6時から、業務を停止しています。









ニュースにもなっています。










要約すると、

・フィリピンのLTFRB(国土交通省のようなところ)が8月14日、Uberに対し「1ヶ月の業務停止命令」を出した
・この命令は8月15日より有効
・かねてからドライバーの新規受付を停止するように求めていたが、Uberがそれを破って3台の車を新規に受け付けたのは違反である
・必要な書類を提出していないドライバーを許可しないよう求めているが、Uberはそれを無視した
・66000人ものUberドライバーはしばらく業務停止となった
・Uberはそのドライバーについて、業務停止期間の金銭的支援をすべきである



ちなみにGrabが業務停止命令を受けていないのは「Grabは違反していない(新規車両を受け付けていないから)」だそうな。




通勤にUberかGrabを使っている部下に話を聞いてみたら、
「普段以上に捕まえにくくなっている。めっちゃ困る〜(涙)」とのこと。

困るよねぇ、めっちゃ困るよねぇ。
私も普段はBGCから出ないけど、たまにマカティ行くときとかめっちゃ困りそう。



このニュースに対し、さっそく反応したのがこのお方。




「渋滞問題を解決するはずのLTFRBがなぜこんなバカげたことを」
「問題を悪化させている」


という表明。



Uberはすでにメトロ・マニラやセブで移動手段として欠かせないサービスとなっていて、弊社社員にもUberで通勤している人がたくさんいます。
何人かはGrabで出社することができたけど、何人かはこの影響でなかなかGrabも捕まらず仕方なくリモートワークせざるをえない状況。
まわりのフィリピン人も大ブーイング。

まぁUberはUberでルールを違反せずにうまいことやってくれよ、とも思いますが、相変わらず政府は(ピー)だな、と思いました。


現場からは以上です。


※※15日昼に追記※※

Uber、業務再開したっぽい?




※※15日夜に追記※※

結果的に、業務停止になっていました。







友人から聞いた話ですが、Uberドライバーの多くはGrabのライセンスも持っているらしく、そういう人たちは、稼ぎは多少減るかもしれないけどいきなりゼロにはならないと思う、とのことです。


       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク








0 件のコメント:

Blog Archive