2018年9月11日火曜日

マレーシアで離乳食を買って試しに食べてみたら甘くてビックリした話




離乳食を初めて1ヶ月半、
2回食が始まってすでに2週くらい経ったかな?
我が家は朝と昼に離乳食をあげています。


2回とも、穀物類としてあげるのが「おかゆ」なのはちょっと飽きるかな〜と思い、
先週は昼のご飯を「オートミール」にしてみました。

今週は別のものにチャレンジしてみようかと思い、
パビリオンのスーパーで離乳食を買ってみました。

というわけで今回買ったのが次の2点。
HEINZ(アメリカに本社がある食品メーカー)とNestle(スイスに本社がある世界最大の食品・飲料メーカー)のものです。
この2社は離乳食コーナーでよく見かけます。





今週から、右の「Rice & Soya」というものを試してみようと思います。
(左のはもう少し経ってからにしようかと)



缶を開けてみたら、中身はこういう感じ。
オートミールっぽいのを想像してたけど、粉。
作り方は、50gの粉に対して150mlのお湯。混ぜるだけ。
めっちゃ簡単。


ていうか50g+150mlの量って1食にしては多いんじゃないかな…





試しに粉10gとお湯30mlで作ってみたら、こういう感じになりました。




食べてみたら、意外と甘い。


缶に原材料表記がないからてっきり「Rice & Soya」=「米と大豆」成分だけだと思ってたけど、
ネットで調べたらいろいろ出てきた…


(ソースはここ


Rice, Soyabean, Sugar, Skimmed Milk Powder (Cow's Milk), Vegetable Oils (Palm Olein, Rapeseed Oil, Coconut Oil, Sunflower Oil), Minerals (Calcium Carbonate, Sodium Phosphate, Ferric Pyrophosphate, Zinc Sulphate, Potassium Iodide), Maltodextrin, Soya Lecithin, Fish Oil Powder, Vitamins (C, E, Niacin, Calcium Pantothenate, B2, B1, B6, A, Folic Acid, Biotin, D3, B12), Corn Starch, Taurine,Vanillin, Bifidobacterium lactis Culture. Contains Emulsifier as Permitted Food Conditioner. Contains Permitted Flavouring. All additives are of plant or synthetic origin.



Sugarってあるね…
まぁ果物も甘いし、7ヶ月なら少しの量なら大丈夫みたいだし、わざわざ目くじら立てるほどでもないのかな…
そもそもパッケージによると「6ヶ月からOK」みたいだし。


だとしても、思ってたより甘いんだよね…


あぁどうしよ〜


甘い果物(桃とかバナナとか)もすでに与えてるから、「甘さ」って意味じゃわざわざそこまで敏感にならなくてもいいのかもしれないんだけど、


なんとなくね〜


と5分くらい悶々とした結果、
「ネスレが赤ちゃんに悪いものを作る訳がない」とは思っているけど、
「赤ちゃんのウチから味覚をネスレ教にさせるつもりか!」とも思っちゃったので、結局まだ息子には与えていません。


まぁなんだかんだでそのうちあげることになる気もしますけどね。

しょうがないので慌ててオートミールがゆを作ったのでした。



オートミールがゆと半分ずつくらいならアリかも…?




最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive