2017年10月7日土曜日

フィリピンとマレーシア、明るくてキレイなファミマとやや見劣りするセブンイレブン




決してセブンをdisってる訳じゃないんですけどね!


フィリピンでもマレーシアでも、日本のコンビニをよく見かけます。
生活圏内でよくみる/みたのが、セブンとファミマ。


明るくてキレイで、店舗もゆったりと広めなファミマと比べ、
セブンイレブンはどうしても「黄色い」「狭い」「衛生面が心配」みたいなイメージを持っちゃってるんですよねー。

で、この違いってなんだろうって思って調べてみました。暇か。









初出店と、出店数


■フィリピン

セブンイレブン:
初出店は1984年2月
2017年6月時点で2,087店舗

ファミリーマート:
初出店は2013年4月
・現時点の店舗数は不明(チラッとしか探してないけど)
・その代わりの情報として:2014年9月末時点で65店舗、18年までに500店舗を目指す


■マレーシア

セブンイレブン:
初出店は1984年
2017年6月時点で2,186店舗

ファミリーマート:
初出店は2016年11月
・現時点の店舗数は不明(チラッとしか探してないけど)
・その代わりの情報として:2025年までに1000店舗を目指す


なるほどねー。
セブンイレブンはどちらの国も進出して30年以上経ってるのね。
そりゃ古いお店が多いわ。汚く見えるのもわかるわ。


資本関係


ファミマは日本資本で「ジャパ〜ン」感を全面に押し出しているように見えるのに比べ、
セブンイレブンは、

マレーシア:アメリカのセブンイレブンからマレーシアの大会社Berjayaがライセンスを受けて展開
フィリピン:台湾系のプレジデント・チェーン・ストアからフィリピン・セブン社がライセンスを受けて展開


なんだって。
そりゃーどちらの国のセブンイレブンで日本っぽさをまったく感じない訳だ。



この件で調べてる時に見つけたJetroの調査資料、なかなかおもしろいんでよかったらどうぞ。

マレーシアにおけるコンビニエンスストア調査(2014年7月)

フィリピンにおける小売・サービス業調査(2016年3月)



という訳で、最近はもっぱらファミマ派です。
この抹茶ソフトクリーム、2.9RM(77円くらい)で美味しいんだよね。えへへ。





まぁファミマはファミマで「えっ?」みたいなのがあって、
レンチン用の空気を逃す弁みたいなのがシールで密閉されちゃってるよ。
意味ないしwww




以上、コンビニ比較でした。



最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive