2017年4月11日火曜日

201704 コタ・キナバルに深夜に着いたらSIMは買える?Uberは?




私お得意の「現地集合現地解散の旅」、
過去にはシンガポールやブルネイ、ジョグジャカルタなどなど様々な国や地域でこれをやってまいりましたが、


今回のミッションは


「クアラルンプールに住む夫と現地集合してコタ・キナバルの北ボルネオ鉄道に乗る」です。


実は2013年に、翌年7月にブルネイに行くからってので買った「地球の歩き方マレーシア・ブルネイ2013-14」で北ボルネオ鉄道の蒸気機関車ツアーがかなり大きく特集組まれていて…



と思いを語りだしたら長くなるのでいったん中断。



このエントリでは



「コタ・キナバルに深夜に着いたらSIMは買える?Uberは?」
というところだけにフォーカスしようと思います。



マニラからセブパシで深夜着(1:30着)したときの体験談ですが、ほかの国や地域から深夜に到着する方にも参考になると思うのでどうぞご覧ください。






SIMカードは買える?


バゲージクレームを出て正面右手(ほぼ正面)にHotLink(イメージカラー:赤)
左手奥にDigi(イメージカラー:黄色)

の2社が営業していました。


赤い方が長蛇の列だったので、私は黄色い方のカウンターへ。
25RMで、7日間・11GBのものをチョイス。
期間・容量過ぎたらセブンイレブンなどでトップアップ可能だそうです。



Uber


走っていました。助かった〜〜〜。
余裕で捕まりました。たぶん10分くらい待ったかな。
深夜なので、それくらいは待ちますよ。むしろそれで済むのなら全然アリ。




※スクショはホテル到着後に撮ったものです。


という訳で、心配してたのがアホみたいに思えるくらい、コタ・キナバル深夜便は楽勝でした。


お次は北ボルネオ鉄道編です。
めっちゃ楽しかったので、ずっしり書く予定。
チラ見せすると、こういう感じ。





       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク











最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive