Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2016年3月26日土曜日

20160326 韓国伝統古典衣装でウェディングフォトを撮りたくて東京に行ってきました


いつか夫婦喧嘩したときに見返すためのエントリです。



韓国伝統古典衣装でウェディングフォトを撮りたくて、
(みんなが고전って言ってるアレ)
3月のホーリーウィーク連休を使って東京に行ってきました。


なぜ日本?と思われるかもしれませんが、


・フィリピンじゃ、さすがに韓国古典民族衣装を扱っているところがない
・韓国のスタジオを探すのがややめんどくさい
・わざわざ韓国に行くのがめんどくさい
・在日コリアンが好きそうな衣装が韓国にあるかわからない
・ていうか日本に心当たりがいくつかある
・どうせ和装も撮りに日本に行くし(撮った写真はこちら


んですよー



で、結果的に東京に行って写真を撮ってきたわけですが、
異国フィリピンで暮らす私としては、
朝鮮半島の伝統文化を、異国・日本で代々伝えている在日コリアンはすごいなぁと改めて思った次第です。





そして以下、写真スタジオの話と自分の写真です。

東京で、韓国伝統古典衣装をレンタルできる&写真を撮ってくれる場所


候補は3箇所ありました。

1.ポンナル
2.パランセ
3.サラン


1. ポンナル

在日界隈では割とメジャーといいますか老舗なんじゃないでしょうか。
身内も何人か、ここで披露宴の衣装をレンタルしていた気がします。

ただし、
ポンナルはサイトの情報がひじょうにわかりづらく、
「写真データは渡さない」ポリシーなのか
「データを渡す」的なことがわからないのか

問い合わせてもその辺りが会話にならなかったので、
そうそうに候補から外しました。


2. パランセ

http://paranse.asia/

大学の後輩(日本の大学→日本の企業で働いている在日の女の子)が披露宴の衣装をここでレンタルしたそうで、自分と価値観が似てそうな人がレンタルしているので信頼できそうだと思いましたが、あいにく希望する日程だとすでにスタジオが埋まっているとのことなので諦めました。


3. サラン

http://www.sarang-wedding.net/


オモニに「どこか知らない?」と聞いたら教えてくれました。
町屋にあるレンタル衣装屋さんです。
撮影は、提携しているスタジオが代々木にあるとのこと。

サイトにあるお値段は写真データ抜きの価格で、
写真データが欲しい場合は別途かかります。

で、他に選択肢もないのでここにしました。

余裕があれば衣装も見て決めたかったんですけどね。


余談ですが…
日本の婚礼衣装のレンタル屋さんは、
ドレスの写真は現地じゃないと見せてくれないのね…
チョゴリも和装も事前に写真を見て決めたかったけど
そういうわけには全然いかなかった。


で、メールでやりとりし、
2月末に入籍で日本に行った際に打ち合わせさせていただき、
衣装も3着くらい見せてもらって即決しました。
時間がなかったのでサクッと決めることができましたが
日本在住で何度も通える感じだったら
「あれもいい、これもいい、あぁどうしよう」と散々迷ったかもしれません笑


「わざわざ海外から来てくれるんだから」
ということで、
伝統古典衣装の他、タンウィ(写真はのちほど)の衣装もサービスで着させてもらえることになりました。

イェーイ\(^o^)/





そして迎えた本番


体重を絞ろうとそれなりにがんばったんですけどね、
そもそも海外(フィリピンから日本)という旅で疲れているし、
直前に夫の祖父が亡くなって2泊で日本に行ってきた3日後にまた日本、みたいな感じだったので
なんか、疲れ果てた顔での撮影です。
(言い訳)

時間がある時にフォトショを勉強して、あれこれお直ししてもいいかもしれませんね笑


まぁでも、
結婚した女性がプロフ画像を花嫁衣装に変える気持ちが
よーくわかりました。

恐らく人生で一番、手間もお金もかかってるわけだから、

そりゃドヤりたくなりますよね。


という訳でドヤってます。




ちなみにこの姿勢、めっちゃ疲れました。
撮影の終盤は腕がプルプルしていました。





朝鮮学校に通ってた系の在日コリアン女子は
ウェディングドレスよりもこっちに憧れるんじゃないだろうか。
いや、両方着たいけどね。それに和装も着たいよ。っていうか着た笑





こちらがサービスで着させてもらった「タンウィ」です。
成人式の時に同じカタチのを着たし、
身内の結婚式のたびにチョゴリ自体はよく着るんで、
真新しいわけではないんだけどね。





写真を撮り終えて、写真データを(妹にLINEして妹から)オモニに見せたらものすごく喜んでくれて、
LINEのデータで写真をプリントして友人に配りたいと言い出しました。



「好きにして」と言っておきました笑



※結婚して一番驚いたのは「親がものすごく喜んでいること」ですかね〜
あと、親の友人や同級生のオモニたちも「おめでとう」と言ってくれて、
本当に本当にビックリしました。
ありがたや。고맙습니다.




これで、ジャパン・ツアーでこなしたかったイベントは一通り終わり。
(ツアー関連のエントリもこれで以上かな)


結婚関連で残っているタスクとしては

・白いウェディングドレスでウェディングフォト@セブ(っていうかマクタン?)
・新婚旅行

ってところ。

夫婦共々ハードスケジュールでかなり疲れたので、上記についてはおいおい考える予定です。



この話の流れ


★入籍ツアー編★

2016年2月23日 結婚に必要な書類と手続きメモ
2016年2月25日 市役所で書類の確認
2016年2月26日 証人欄のサインをもらい、両家顔合わせ食事会の下見
2016年2月27日 両家顔合わせ食事会→結婚指輪選び→飲み会
2016年2月28日 ウェディングフォトの打ち合わせ(韓・和)→友だちとお食事会
2016年2月29日 松戸市役所に婚姻届→微巣登路で書類を韓国語訳→韓国大使館に婚姻届→友だちと飲み会
2016年2月29日 マニラ−ジャカルタの海外遠距離恋愛を経て2016年2月29日に結婚しました


★ウェディングフォトツアー編★

2016年3月23日 ウェディングフォトの下準備で、エステ、ジェルネイル、まつエク
2016年3月24日 結婚指輪を受け取ってきた
2016年3月25日 桜の時期の浅草でウェディングフォト(和装)を撮ってきた
2016年3月25日 豊田屋に予約ナシで入り、痛風鍋(白子・あんきも・牡蠣)を食べてきた
2016年3月26日 韓国伝統古典衣装でウェディングフォトを撮ってきた



       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク








0 件のコメント:

Blog Archive