Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2011年10月31日月曜日

2011.10.30 人気ハンバーガー店「Shake Shack」でハンバーガーを食し、帰ってからLaundromatでお洗濯

これはガイドブック情報ですが、人気ハンバーガー店に行ってきました。
劇場から徒歩で行けるのがポイント。
Shake Shack

View Larger Map

注文後、5分くらい待ったかな?
料理が出来上がると、これが赤く点滅して知らせてくれるので、ピックアップカウンターのそばにいなくても安心。
(まぁ一人だからそばにいたけど)

Shackバーガー?とポテトとビール。
ハンバーガーもポテトもすっごくおいしかったです!

そして一旦帰宅し、コインランドリーへ。
サンフランシスコもカナダもそうだったんだけど、クオーターをガシガシ突っ込むのが仕様みたい。
両替機もあった。
1ドル札や5ドル札を突っ込むと、すべてクオーターで戻ってきます。
3.5ドル分クオーターで突っ込んだよ。計14枚か。すごいな。
乾燥はクオーターごとに7分。

帰宅して一杯やってます。えへへ。
せっかくBrooklynにいるので、Brooklyn Brown Aleで乾杯。




次のエントリへ:2011.10.31 自由の女神、グラウンド・ゼロ、フレンズのロケ地、五番街、Apple Store、ユニクロ、Blue Note
前のエントリへ:2011.10.30 ブロードウェイでミュージカル「WICKED」を観た

全行程のインデックスはこちら



2011.10.30 ブロードウェイでミュージカル「WICKED」を観た

うっすらぼんやり「オペラ座の怪人」か「シカゴ」かな〜と思っていたんだけど、バイトの子がWICKEDをオススメしてくれたのでこれにしました。
チケットも行きたいタイミングで取れたし。

※ちなみにチケットはこっちに来てWebで取りました。
Ticketmasterというサイトです。
http://www.ticketmaster.com/
サイトで席を選べます。
「Will Call」という手法(?)でオーダーし、チケットは劇場で受け取り。
支払いはWebからクレジットカードで。

場所はGershwin Theatre
だいたいこのあたり。

View Larger Map

地下鉄C trainの50th駅を降りて割りとすぐ。


ていうか、ブロードウェイって、そういう名前の通りなのね。知らなかったわ。


BOX OFFICE(?)でチケット無事ゲット★

ちなみに劇場は持ち込み禁止。
喉乾いてたから、劇場で飲み物買ったんだけど、タンブラーで出て来た。

ワクワク。

15時にスタート。
英語はからっきしダメなので、正直ストーリーは100%理解できていないんだけど(後でネットで調べてやっと把握、でも帰国したらバイトの子に聞こう)、要所要所ざっくりのストーリーは伝わった…気はしている。
そんな私でも、言葉わからなくても、さすがブロードウェイでもチケットがなかなか取りづらい(らしい)人気ミュージカルなだけあって、迫力がすごい。
終わった後カーテンコールの時のスタオベもよかったなぁ。。。

日本で、劇団四季のWICKEDも見てみたいなぁと思いました。

※メモ
前日に奇跡的にチケットを確保できましたが、一人席が数個ポンポン…とあるのみでした。複数名で並んで…というのは、もっと早めに予約すべきでしょうね。




次のエントリへ:2011.10.30 人気ハンバーガー店「Shake Shack」でハンバーガーを食し、帰ってからLaundromatでお洗濯
前のエントリへ:2011.10.29 ニューヨークは大雪、そんな中ステーキ食べにPeterLugerへ

全行程のインデックスはこちら



2011.10.29 ニューヨークは大雪、そんな中ステーキ食べにPeterLugerへ

前日「明日雪降るかもしれないですよ」と聞いていたものの、まさかねぇと思っていたら。




がっつり積もってるし!


ビックリだわ。
後で知ったんだけど、ニューヨークは非常事態宣言が出されていたらしい。
近所のスーパーも、買いだめの行列ができていたとか。
米東海岸に季節外れの雪嵐 死者3人、停電200万世帯
(CNN) 米東海岸が時期外れの雪嵐に見舞われ、29日夜までに倒木などで3人が死亡した。200万世帯で停電し、空港には数千人の乗客が足止めされた。

ペンシルベニア州警察によると、同州テンプルでは9日午後、雪の重さで大木が倒れ、自宅のソファで昼寝していた84歳の男性を直撃した。男性は即死したとみられる。コネティカット州では運転中に1人、マサチューセッツ州では送電線の落下現場で1人が死亡した。

29日午後8時の時点で、ウェストバージニア州からコネティカット州にかけての広い範囲で25センチを超える雪が観測された。コネティカット州のマロイ知事は同州内で最大45センチの積雪が予想されるとして非常事態を宣言した。ニューヨーク、ニュージャージー、マサチューセッツの各州にも非常事態宣言が出された。

ニュージャージー州のニューアーク国際空港では同日午後4時ごろ、全国内線の運航中止が発表された。連邦航空局(FAA)によると、ニューヨークのジョン・F・ケネディ、ラガーディア両空港でも5時間以上の遅れが出ている。
CNN http://www.cnn.co.jp/usa/30004421.html

ヘタしたらバスも地下鉄も動いていないかもしれない…と聞いて若干萎えまして。
部屋でまったりして、家を出たのは14時過ぎ。

とりあえずマンハッタンに出て、友達が進めてくれたCafé Gitaneでまったり。

もう少しいろいろブラブラしたかったんだけど、大雪でそれどころじゃないので、時間をつぶして待ち合わせの場所に向かう。

途中、予想外に店に早く着きそうだったので、マックで休憩。
設備見てると、懐かしくなるわwww <--6年半バイトしていた人





そして向かうは…

PeterLuger
ブルックリンにあるステーキ屋さんです。
なかなか予約取れないらしく、私のアメリカ行きが確定した時点で、こっち在住のM嬢が予約してくれました。
そしてこの日はM嬢の家族(M嬢、旦那のハムちゃん、子供)と夫妻の友人のEさんと5人で。


View Larger Map

サラダを食べ…

お肉どーん!!

お肉アーップ!

お肉は3人分でちょうどよかったわ。

おまけでもらったチョコレート。

テーブルにあまり長居できない雰囲気だったので、バーに移動。
ワインうまー!

ハムちゃんとEさんが子供を見ててくれたので、久々にM嬢とガールズトーク。
実際に会って話すのはかれこれ4年ぶりくらいなんだけど、すごく楽しかった。
そして私たちがこのまま終わるわけがなく…

がしかしなぜかカラオケ!
デンモク?だっけ?なんか、日本にあるのとおなじ。
店員さんにも普通に「いらっしゃいませー」とか言われて、オーダーも日本語で、なんとなく納得したwww

そして12時過ぎにお店を出てタクシーを捕まえようとしたが、なかなか捕まらない。
近所に住むEさん(マンハッタンのど真ん中から歩いて帰れるとは…強者だわ…)とさよならし、M嬢一家と私は、諦めて地下鉄で帰ることに。
方向が逆なのでここで解散。

そんな訳で深夜0時過ぎにニューヨークの地下鉄のホームで電車を待つ私。
酔っ払ってたからか全然怖くなかったけど、さすがに手荷物には注意を払ったわ。
そして1時過ぎに無事帰宅。




次のエントリへ:2011.10.30 ブロードウェイでミュージカル「WICKED」を観た
前のエントリへ:2011.10.28 地下鉄で散々迷い、Grand Central → 徒歩でTimes Square → SUSHI SAMBA

全行程のインデックスはこちら



2011年10月29日土曜日

2011.10.28 地下鉄で散々迷い、Grand Central → 徒歩でTimes Square → SUSHI SAMBA

荷物を起き、軽装に着替え(と言っても超寒くて後で後悔した)、いざマンハッタンへ!

地下鉄の入り口にユニクロの広告。

そういえば五番街に出店したってニュースを見たような。

地下鉄のルートはうっすらぼんやり頭に入れてたんだけど、
いざ駅に着いたら、どの電車がどっち方面に行くのかわからなくて相当悩んだ。
(最終的にはカンで)

乗り換えここかな?って思った場所が間違ってたりでものすごく迷子になりながらとりあえずマンハッタンに向かったんだけど、乗ってる電車がGrand Central駅に行くっぽいので、そこまで行ってみることに。

降りたはいいけど、いわゆる「有名なあの場所」がどこなのかわからずさまよってたら見かけたのが、またまたユニクロの広告。

お金いくらかけてるんだろう。
そういえばユニクロの紙袋を持っている人を5人くらい見かけたわ。

そして、とりあえず着いた!

確か、ここから西に歩いたらTimes Squareが近かった気がするので、向かって見ることに。
10分くらい歩いたかな?



アメリカにいるのにイギリスのニュースとかw

このあとは、Juriさんが紹介してくれたお店、「SUSHI SAMBA」へ。
日本人シェフがお知り合いとのこと。
丁寧に接客してくれました。感謝!
料理も絶品!
ニューヨークで、こんなにおいしい海の幸を食べられるなんて!!!

うわー回らないお寿司!(結局寿司は食べてないが)

確か、ハマチ。

これはなんだったんだろう。でもおいしい。

シーバスとほにゃららのMiso(よく覚えていない、でもおいしい)

この時点ですでに満腹気味…
「ここはアメリカだから、遠慮せずに残してね」と言っていただけましたわ。

苦しい…

あげく、
お会計しようとしたら、「俺が払っといたよ」と。
うひゃーーーすいません…恐縮です…残してごめんなさい…




次のエントリへ:2011.10.29 ニューヨークは大雪、そんな中ステーキ食べにPeterLugerへ
前のエントリへ:2011.10.28 無事アメリカに再入国、こんにちはニューヨーク!

全行程のインデックスはこちら



2011.10.28 無事アメリカに再入国、こんにちはニューヨーク!

たぶんこういうルートでアメリカへ。
レインボーブリッジを通ると思ってたのにひたすら南下するから、どこに行くんだろうと思ってたんだけど、こういうルートだったのね。

入国審査って、バスから降りてどこかの箱でやるもんだと勝手に思ってたんだけど、バスの中に審査員(?)が来てくれた。
先に同乗者。たぶんアメリカ人っぽい。すんなり終了。
そして私。

審査員:How are you?(って聞こえた)
私:Fine!
審査員:…
私:…(えっなんか違うこと言ったの?私まずいこと言った?)
審査員:…
私:…
審査員:どこから来たの?(当然ここからは意訳)
私:日本
審査員:なにしに?
私:観光
審査員:カナダで何してたの?
私:ナイアガラの滝を…(若干小声)
審査員:10月21日にアメリカに入国してるじゃない、何してたの?
私:日本から、最初サンフランシスコに入って、そのあとナイアガラに行ったの。トロントもナイアガラもまさかカナダにあるって知らなかったの(若干嘘)。
審査員:…
私:…(嘘ってバレたか?)
審査員:アメリカではどこに滞在するの?
私:ブルックリンの友達の家
審査員:何日いるの?
私:6日間
審査員:アメリカを経つのはいつ?
私:11月2日(計算間違ってないよね…)
審査員:…
私:…



無事終了。

同乗者に、「君、ビザは?」と心配されて、ビザってなんて答えればいいのか戸惑ったんだけど、「ESTA」って言ったら通じた。よかった。ESTAは共通語なのね。(共通語っつーかアメリカの言葉か)

予想通り、アメリカ再入国を若干怪しまれたけど、まぁ何はともあれ正式にアメリカに入国。
イェーイ!

そしてたぶんこういうルートでバッファロー空港へ。

JetBlueにチェックイン。
JetBlue Airwaysとは、アメリカ合衆国の、低料金を売りとするLCC(格安航空会社)である。運賃の安さに加えて、後半席のシートピッチの拡張やシートのグレードの向上などの点を特長としている。 (ウィキペディアより)

はい。LCCです。イギリスでLCC乗ったし、あんまり抵抗なかったんだよね。
イギリスでLCC乗った話はこちらを参照

BUF-JFKがなんと日本円で8000円くらいでした。
priceline.comで確保。
海外の飛行機事情なんてさっぱりだから、priceline.comには助けられたわ。

荷物が59.5ポンドあって(無料なのは50ポンドまで。50ポンド=だいたい23kg弱)、超過料金50ドルっていわれたんだけど、AIR CANADA(70ドル)に比べたら安いなって思って即決。円高だし、まーいっか、と。
(ちなみにAIR CANADAの時は70ドルにビビり、スーツケースの中の重たいものを手荷物にしたり、飲み物は飲んだりしてなんとか50ポンドに収めた)

そしたら、「イレブンサーティがほにゃららよ」と。
いや、私の飛行機は13時半だし…超過料金50ドルは支払ったし…と思いつつ、「ちょ、あの、もう一度お願いします」と聞いてみたところ、どうやら11:30の便に空席があるから変えられるっぽい。
せっかくなので変えてもらった。

がしかし…

この時点で10:50。

手荷物検査が長蛇の列!
飛行機は11:30に出るのに、間に合わないYO!!!!!

パリの悪夢(詳しくはこちら)が蘇る…

まぁ、BUF→JFKなら1万円未満で乗れるし…なんてことも頭をよぎったけど、さっき贅沢(荷物の重さ超過料金)を払ったばかりなのでそんなことも言ってられない!

空港スタッフにチケット見せて、「11:30の便なんですけど間に合う?やばい?」と聞いたら、プレミアムほにゃららというレーンに通してもらえた。

ありがとう!

検査も終わり、飛行機に乗った。
うん、ウィキペディアの言うとおり、「全革張りのシート」だったり、両脇が大きめの男性でも全然狭くないし、快適。

1時間ほど爆睡して、JFKに到着。第5ターミナル。

シャトルバスを使おうと思ってたんだけど、「ブルックリンには行かないわよ」と言われ、タクシーで行くことに。
ニューヨークのタクシーは若干不安だったんだけど、地下鉄の移動は相当疲れると聞いて(駅によってはエレベーターやエスカレーターがないとか)、タクシー使ったよ。
最初ビビったけど、とてもいい人。
私がコーヒー持ってたら、「お姉ちゃん、飲んでもいいけど、中でこぼさないでね?(ウィンク)」みたいな感じ。好感度アップ。

マンハッターーーン!

途中ものすごい渋滞だったんだけど、脇道使ってくれたし。
帰り地下鉄乗るのがイヤだったので、チップはずんで、帰りもお願いすることにしたわw
(確か去年のヨーロッパの時に誰かにそういうアドバイスもらったんだよね)

名前と携帯番号を交換して、「Sunny, 火曜迎えに来るけど、念のため月曜の夜電話してね。Enjoy New York!」「ありがとう!」とさよならしたんだけど、いや…私が帰るのはWedであってTueではない!と気づき、「Wait! Ed!」と走りながら追いかけたwww
今度こそ「火曜日の夜に電話する、水曜に迎えに来て」と約束を取り付け、無事、Aikaさん宅に到着!




次のエントリへ:2011.10.28 地下鉄で散々迷い、Grand Central → 徒歩でTimes Square → SUSHI SAMBA
前のエントリへ:2011.10.27 やっと目的地、ナイアガラの滝へ!

全行程のインデックスはこちら



2011.10.27 やっと目的地、ナイアガラの滝へ!

ホテルの裏から行けるIncline Railway(2.5CAD)で、Table Rockへ。

うおー!

ぎゃー!

柵またいでイェーイみたいなポーズをしている観光客がいて、8月にここで落ちた日本人を思い出し、ちょっと鳥肌がたった。

本当はMaid of the Mist(霧の乙女号)でナイアガラの滝に近づきたかったけど、あいにく24日で船が終わってしまうとのことなので、Table TopのJourney Vehind the Fallsで滝の裏から鑑賞。

滝の裏側から見れるなんて、なかなか得難い体験だなぁ。
作った人(誰かは知らない)に感謝しつつ、Table Topで滝も鑑賞しつつ。

せっかくなのでシェラトン界隈とDUTY FREEをブラブラ。
観光案内所は稼働していないし、ピープルムーバーも全然見かけないし、
もしかしたらシーズンオフは「観光客ウェルカムモード」ではないんだろうか。
まぁいいや。

シェラトンの上層階のレストランで写真だけ撮らせてもらった。

Skylon Towerの上にあるRevolving Dinng Roomでご飯。
各国で一度くらいはいいご飯を食べようと思っていたので、カナダではここで食べることにした。
16:30-17:00までに入ると、コースディナーを特別価格(35ドル)で食べられるので、それを狙って。

前菜のグリーンサラダ。割と小ぶりw

メインのサーモンフィレ。
イケるかと思ったけど、無理なボリュームでした。

デザートのチョコレートムース。甘すぎて、半分くらい残した。

平日だからか暇そうなので、2時間ちょい居座らせてもらいました。

日が暮れる前。

水しぶきが半端ないのがよくわかる。

夜はこんな感じ。


ちなみに最後の日は9:30に出発で、8時頃起きたんだけど、目が覚めた理由は「眩しくて」。
よりによって最終日の朝、とても素敵な晴れっぷりでした。
神々しくて、泣ける。自然の偉大さを感じた。




次のエントリへ:2011.10.28 無事アメリカに再入国、こんにちはニューヨーク
前のエントリへ:2011.10.26 人生初カジノ

全行程のインデックスはこちら



Blog Archive