2015年4月23日木曜日

[プエルトガレラ旅行2015]サバンビーチからホワイトビーチへの行き方




滞在したのはサバンですが、せっかくビーチリゾートにいるんだから海にも行きたい!

ということで、行ってきました。ホワイトビーチ!















ホワイトビーチへの行き方は


・ジプニー
・バイクをレンタル
・トライシクル


程度でしょうか。
ジプニーだと帰りが心配なのと、バイクは乗り方がわからないので、迷わずトライシクルを選びました。


往復で600PHP。日本円にして1620円(1PHP=2.7円で計算)

定まったレートがあるみたいですね。無駄なボッタクリなどはなさそう。
※画像が小さくて金額読めないね…




ルートはこんな感じです。




アップダウンの激しい道を、トライシクルでずんどこ進みます。




トライシクルの車窓から…




さまざまなツアーがあるようです。




帰りは、こちらが指定する時間に、おろしてくれた場所に迎えに来てくれます。


さて…
我々のような外部からの来訪者にとっての最難関…それは…



荷物置場!!!



タオルとか、お金とか(最低限しか持ってこなかったけど)、いろいろあるじゃないですか!!!



どこか置かせてもらえるところがないものかウロウロしまくっていたそのとき・・・



低い声で客寄せするお姉さんが…



レディボーイ!



「このお姉さんなら大丈夫」という直感が働きまして。



「お茶する!あと、海で泳ぎたいから荷物預かってくれない?」とお願いしたらなんと無料で預かってくれました。
※もしかしてホワイトビーチはそういうカルチャーだったとしたらこっそり教えてくださいね



というわけで海ーー!!
波乗り以外の目的で海に来るなんて何年ぶりだろう?
写真はもちろん自粛します。
浮き輪みたいなのがあるとよかったなー


いろんなアクティビティ(空飛ぶ系とか、バナナボートとか、ジェットスキーとか)があって、そういうの目当てだったらホテルはホワイトビーチを選ぶのかなって思いました。
ホワイトビーチの食事事情はどうなんだろう。ビーチ以外にお店があるイメージがなくて。


ホワイトビーチの唯一の難点は、5分に1度くらいの割合でやってくる物売りかな…


旅の便利ツール


手持ちのガジェットが多い私みたいな人は、これ一つあると旅先の充電に便利。
これ、充電スピードも早いです。



       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク





    Oisix(おいしっくす)











最後に宣伝です!和食の英語レシピを販売中!


東南アジアの共働き家庭には欠かせない「住み込みメイド」の存在。
フィリピン人である彼女に、日本の家庭料理や離乳食も作ってもらっています。
もちろん彼女は和食になじみがないので、そんな彼女でも作れるよう「再現性」にものすごくこだわってレシピを作りました。
各工程は細かく分解していますし、各工程の写真も可能な限り貼って、「そのレシピを読めば誰でも同じクオリティのものを作れる」というのを目指しています。

このレシピを内輪向けに販売したら好評だったので、あれこれ整えて一般販売し始めました。
詳しくは下の記事からどうぞ!




不明点がありましたら、気軽にご連絡くださいね!


ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

Blog Archive