Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2016年3月13日日曜日

「住みたい」と思える部屋は待ってても出てこないので、自分でいろいろ調べた方がいいですよって話(物件探しの話の続き) #海外移住 #フィリピン




共働きカップルのコンドミニアム探し in フィリピン(探し方、条件、場所などの話)というエントリを書いたあと、

友人とのFBでのやり取りをきっかけに「内覧するに至った部屋の探し方」について書き忘れたことに気づいたので
書き残しておきますね。


物件探しなんですけど、、、


待ってても「住みたい場所の住みたい部屋」って出てこないんですよ。


仲介業者がくれるリストに出てきた部屋で妥協するか(まぁ住めば都とも言うけど)
自分でとことんがんばるか、、、


私はマカティでの最初のコンドが諸事情で妥協するしかなかったんですが、


でも今回は時間も多少あるし、何よりも新婚生活!


なので、慎重にコトを進めました。



ざっくり言うと…





流れとしては


1. 住みたいエリアの目星をつける
2. エリア(可能ならコンド)指定で仲介業者から物件リスト(と可能なら写真)をもらう
3. OLX、Rentpadで当該物件の相場価格を把握する
4. 必要に応じて、もう一度リストを出してもらう
5. 注意点


以下、それぞれについてコメントします。






1. 住みたいエリアの目星をつける


(どこでもいいじゃん、という人は飛ばしてください)


「マカティ」 「フォートボニファイオ」よりもう少し細かく…


「オフィス」や「治安」、「スーパー等の利便性」を考慮した上で、



かつ、



「渋滞っぷりがどんなモンか」
「洪水するかしないか」


を考慮して住みたいエリアを決めました。

(お子さんがいたら「通学」も多少意識しとくといいかも)


私の場合、私と彼の通勤経路、洪水の有無、スーパーなどの利便性を考慮し、
渋滞状況も多少考慮した結果、


・当時住んでいたコンド界隈
・Buendia沿い


この2択。


2. エリア(可能ならコンド)指定で物件リスト(と可能なら写真)をもらう


上記2エリアで、かつ「住む」観点で便利そうなコンドを探します。


例えば…


「例え」ですよ?
決して当該コンドを悪く言ってるわけではありませんからね!


Gramercy→△
悪くないけど… コンド出入りのセキュリティがクッソ厳しい

NightsBridge→☓
ちょいと奥まっててなんとなく暗いイメージがするし、そもそも表通りが遠いので却下

TrumpTower→☓
まだ建設中だから却下

SM JAZZ→☓
1Fがスーパーで便利だけど、治安が悪い、エレベーターが来ない、日本人だらけ、知ってる人が多いから落ち着かない。

カラムス→◯
ルスタンが近い、ラセマが近い。

One Central→◯
ルスタンが近い、湯船がある、デラコスタの渋滞がやや微妙、


などなど。




で、ダオとエイブルに


・今(当時)住んでいるコンド界隈かBuendia界隈
・もしあるならGramercyとか、OneCentral、カラムスなどコンド指定


という希望と、
前にここに書いた条件もを合わせて送り、物件リストを出してもらいました。


内覧で無駄足を踏みたくない人は、「写真か間取り図をください」とお願いした方がいいです。
(リストの時点だと写真がないことが多いので)


あ、そうそう、
「マスト」に書いた項目は仲介業者側で判断できるものですが、
「あると嬉しい」に書いた多くの項目は、仲介業者はあまり考慮しません


特にフィリピン人ブローカーからすると、東向きがどうのこうのとか、テレビにHDMIのポートがあるかどうかとか知ったこっちゃないんで(笑)

エイブルはその辺り、話は聞いてくれます。
で、「確か東向きですね」などなど記憶にある限り教えてくれます。





そうそう、
ここに書いた通り、仲介をお願いしたのはダオとエイブル。


※仲介業者にお願いする際の注意点は最後にまとめました。








3. OLX、Rentpadで気になるコンドの相場価格を把握&よさ気な部屋を自分で見つける



2と3は同時進行ですね。
自分でいちおう調べて相場感覚を身につけておくほうがいいです。

だって、

いくら出したらどういう部屋に住めるのか、全然わからないんだもん。

例1: OLX





例2: Rentpad




例えばRentpadのスクリーンショットにありますが、
2BR(ベッドルーム)で3.5万ペソのお部屋があったりするんですよ。
寝室2つでそのお値段、いいじゃなーいって思うじゃないですか。

よくないんですよ。

寝室が2つあるとしてもそもそも部屋が32平米って、私の一人暮らし時代の部屋がちょっと広くなったくらいなんですよ。
安いのには安いなりの理由があるんですよね〜。


一方で、同じコンドで63.8平米で5.5万ペソの部屋もあるみたい。


あと、同じコンドで同じ間取りでも、内装…カーテンや備え付けの家具、調理器具の程度次第で家賃が数万ペソ違うこともザラです。


なので、「その家賃が適正価格なのか」は


貴方次第


私の場合、「一人暮らし時代の家賃の2倍まで」と決めていたので、

その価格でより条件のよさげな部屋を探しまくり、

Rentpadで1件、いいところを見つけました。

こればかりは運だなぁと思いました。




4. 必要に応じて、もう一度リストを出してもらう


2で一度リストをもらっていますが、
3次第で
「(コンド名)のお部屋ありますか?」
「やっぱり◯ペソ前後も探してもらえませんか?」

などなどとお願いしたりしました。


5. 注意点



仲介業者によっては、
・家賃が会社支払いじゃないと対応がゾンザイだったり
(ヨウは家賃が会社負担の駐在員ならOK、みたいな)

・物件を紹介するにあたり家賃の下限があったり
(ウン万ペソ以上の物件しか出さない)

いろいろ見えない壁があるのでお気をつけあそばせおほほほほ。
2年半前、ダオが私に日本人じゃなくてフィリピン人を出してきたのもそういうことなんだろう。



なので、仲介業者に問い合わせる際には、
「家賃14カ月分(1年分とセキュリティデポジット2ヶ月分)現金で一括前払いできますからそこは安心してください。」
と、割と口を酸っぱく言いました。



その辺り、
フィリピン人だと「見えない壁」はなくなるんですが、
逆に紹介される物件もショボくなるので、
ダオのフィリピン人には最後のあたりでコンド決め打ちで物件を出してもらうようにしました。



そしてやっと、「見たい物件を内覧」です。


物件探し:内覧編は、そのうち公開!!!
乞うご期待!!!



==お知らせ==

@suniのブログを定期購読
(フィリピン海外就職、現地事情についていち早く知りたい方はこちら)

私のTwitterをフォロー
(ちょっとした連絡などもTwitterにどうぞ)

Amazonのほしい物リスト
(結婚祝い&誕生日プレゼント、お待ちしております♡)

Uberの割引コード:suni_uber



    このエントリーをはてなブックマークに追加 


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

0 件のコメント:

Blog Archive