Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2015年9月29日火曜日

Yk Spaでスリミングヒロットを受けながらがんばったここ最近の体重グラフ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 



Yk Spaでスリミングヒロットを受ける際に、体重計に乗って体重・体脂肪・BMI・体年齢・基礎代謝を知ることができ、かつバスト、お腹、下腹、ヒップ、太もも、ふくらはぎをメジャーで測ってもらえます。

 
ここにも書いた通り、オフィス移転後のたった2ヶ月弱で3キロ太りました。
超えてはいけないラインを超えてしまいました。


さすがに本当の体重は載せたくないので、移転前の体重を起点にどれだけ増えて減ったかをグラフ化してみました。










頂点に達した頃はとにかく運動不足で(車通勤でデスクワークだから当然ですよね)、あげく不健康な食事の影響もあり便秘もピーク。
デニムとかパンパンで、お尻が破けるんじゃないかと思ったくらいでした。


体脂肪も似たような棒線です。
(Yk Spaにあるログからメモするのを忘れたので略)


車通勤の人たちはどうやって体調管理しているんだろう…
週末のゴルフがそれなりに効いているんでしょうか…


私のルーティーンは以前書いたのを軽く修正しますが、


・Yk Spaに毎週通う
・週1-3回、ジムで歩いたり走ったり自転車漕ぐ
・週1-2回、プールで泳ぐ
・可能な限り毎日、腹筋、スクワット、二の腕の筋トレ
・Uber通勤の際は、目的地の500mくらい手前で降りる(ただし雨の時を除く)
・気が向いたら、会社ー家間を歩く(距離にしてだいたい4-5kmくらい)
・ランチは可能な限り自炊(申し訳ないけど会社のランチは極力食べない)
・糖質制限をちょっとだけ意識する(ちょっとだけね)
・20時以降は食べない(ただし飲み会の時を除く)
・週1あるいは2週間に1回、湯船につかる
・生姜湯を一日1杯必ず飲む

という感じですね。


湯船は、マカティゴルフの1FにあるLASEMAに通うようになりました。
韓国系の…あれはスーパー銭湯?チムヂルバン?どう呼べばいいのかわかりませんが、250ペソでお風呂施設(湯船・サウナ)を使えるので十分です。
土曜日はメイドに部屋を掃除してもらった後にランチ→ジム→プール→家で軽くシャワー→LASEMA、というのが定番になってきました。
LASEMAは韓国系だからか日本人が全然いなくて、気楽です。


帰省してたっぷりの贅肉と共に帰って来たそこの奥さんやフィリピンの食生活の影響で太ったそこのお嬢さん、サンミゲルとアンリライスでビールっぱらになったそこのお兄さんたちは、よかったらぜひYk Spaへ。
(広告エントリではありませんのでご安心をw)


Yk Spaについて


日本人初のヒロット国家資格(TESDA NCⅡ)と講師資格(TESDA)取得者によるプライベートサロンです。フィリピン人セラピストも国家資格取得者。

施術部屋。右下に見える体重計は体脂肪や体年齢等々一通り調べることができます。

リトルトーキョーのちょっとストップにリーフレットがあるので、ご存知の方も多いはず。

営業時間:朝9時〜最終予約午後7時まで
営業日:不定休
電話:0906-508-0061(日本語テキストOK)
予約用メールアドレス:yk_spa@yahoo.com
1000ペソ以上のサービスを受ける方で2日前までに予約すると、マカティ・ボニファシオ送迎サービスあり
メニュー一例:
・フェイシャル
基本コース(うるおいorホワイトニングorアンチエイジング) 40分 800ペソ
デラックスコース(ダブルクレンジングと潤い) 60分 1200ペソ
パーフェクトフェイシャル(デラックスホワイトニングとデラックスアンチエイジング) 75分 1400ペソ



・ヒロット
ピノイヒロット 90分 1000ペソ
モダンヒロット 90分 1000ペソ
スリミングヒロット(私が受けているメニュー)全身100分で1500ペソ

スリミングヒロットは、セルライトや体内のつまりを壊して、老廃物を排出させるための施術。

初めに体重計で体重、体脂肪、体年齢、基礎代謝の測定と、メジャーでバスト、ウェスト、ヒップ、腿、脛、二の腕のサイズを測ってもらいます。
体重は、自宅にも体重計があるので「まぁこんなモンかな」という感じですが、体脂肪が26%もあって、「いつのまに…」という感じでした。
(実家で体脂肪計で測ってた頃はだいたい22-23%だったので)

そして気になる施術!!
セルライトをゴリゴリ潰すから痛いんだろうなぁとは思っていて、「最初は痛いかもしれません」とも聞いていて、私の場合背中は大丈夫でしたけど、腿の裏と二の腕はかなり痛かったです。あまりに痛すぎる場合は体に負担をかけてしまうので、素直に「痛い」と言っていいみたいです。

場所:
リトルトーキョーから徒歩数分です。
具体的な場所は、ご予約の際に聞いてみてください。



せっかくなので、このまま健康的な生活を維持できるようがんばります。



筋トレをがんばれば、波乗りの時のパドリングがもうちょっといい感じなるんじゃないかと少し期待。



今度日本に帰った時に、この手の体重計を買ってこようと思います。







@suniのブログを引き続きよろしくお願いします。
ぜひ定期購読もね!ヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加 

Blog Archive