Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジが使い放題!楽天プレミアムカードめっちゃ便利。


プライオリティ・パスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2014年7月7日月曜日

オンライン英会話業界ダントツNo.1 サービス「 レアジョブ 」のフィリピンオフィスに行ってきた!

     


マニラのグルメ評論家として名高い オンライン英会話業界で初のマザーズ上場を果たした、レアジョブCOOの中村岳氏のフィリピン出張のタイミングで、レアジョブオフィスに行かせてもらえることになった〜!


今のところ、「経営者の中村氏」ではなく「マニラのグルメ評論家の中村さん」の姿しか知らないので、事前準備をしておいた。


■上場日という一日(中村氏のブログより)
http://gkgk.info/management/4550/


ちなみに中村氏は、まにら新聞でも連載を持っている。
■比成長の最前線を歩く 第1回・変わり始めたフィリピン
http://www.manila-shimbun.com/category/economy/news213158.html


グルメ評論家なので、こういうところのチェックも欠かさない。
■マニラでデート行くならここ!! 71Gramercy
http://gkgk.info/philippines/4029/


71Gramercyに行った際に泊まったのもGramercyのようだ。
■マニラの高級コンドミニアム The Gramercy Residences に泊まってみた
http://gkgk.info/philippines/4045/


東大卒→NTTドコモ→レアジョブ起業、っていうキャリアも眩しい…
(眩しすぎて見えません、って友だちが言ってた)


日本人独身男性に飢えているマカティ在住女子は連絡くれれば紹か…


おっと、話を元に戻しましょう。




レアジョブのフィリピンオフィスは、ケソン市というところにオフィスを構えている。
それってどこ?と思ったアナタのためにGoogle Mapで距離感をご紹介しますと…





距離感的には、日本だと「練馬から六本木くらい」かな。

こう言っちゃなんですけど、マカティに住んでると
「ケソン市って遠い、というか行く用事がない」
という場所なんです。

※めっちゃ遠いイメージがありましたが、ウィキペディア先生によるとMetro Manilaの圏内だそうです。

なんでこんなところにオフィスを?


中村氏:今は違うけど、創業当初はスタッフをフィリピン大学(注)出身者で固めていて、キャンパスがケソン市にあるから必然的にこうなったんだよね。

(注:フィリピンNo.1 大学であるフィリピン大学のこと。日本で言う東大みたいなポジション)

なるほど。そりゃそうか。


そんなケソン市、もちろんタクシーで向かいます。
そしてもちろん渋滞www





そして、ケソン市の某所に到着。
うおー!レアジョブの看板が見える!!!




ほらっ!





オフィスの入り口には、社員さん向けの掲示板。





アウティング(アウティングについてはこちらを参照)の写真も。





さて…中に入らせてもらいますか…



おやっ

受付嬢ならぬ、受付マン…??





すいませ〜〜〜ん…





「いらっしゃいませ、レアジョブの中村です」




はい、こちらがレアジョブCOOの中村氏です。
氏のツイッターをフォローしとくと、マニラのグルメ評論家オススメレストランなどの情報が手に入るかもね!


ちなみに受付嬢COO中村氏の目の前にあるモニターは、社員さんの勤怠用のもの。




仕事柄こういうのは気になるんで写真撮らせてもらいましたw

どうやら社員さんの勤怠を管理するPCで、写真右下にある端末に指をかざすと、出勤や退勤などが登録されるようになっています。
私も試してみましたが、もちろん「この指紋は登録されていません」みたいなエラーが出ましたww
そりゃそうだwww


さて、レアジョブについて簡単におさらい(もうみんな知ってると思うけど)。


(画像クリックでレアジョブのサイトに飛ぶよ)


レアジョブは、中高の同級生である加藤氏と中村氏が、2人で創業した会社。
中村さんに「NTTドコモ辞めるなんて!もったいなくない!?」と聞いた所、



「新しいサービスを作りたかったから」


ほよょ〜〜〜!!!ベンチャースピリット!!!


そしてオンライン英会話サービス「レアジョブ」の本格オープンは2007年の11月。
当時、他にもオンライン英会話事業はあったそうですがまだ規模が小さく、
「がんばれば抜けるポテンシャルがあった」そうな。

「日本人1,000万人が英語を話せるようにするために」というミッションを掲げ、累積会員登録数は23万人を超え、提供レッスン数も1000万回以上、毎日1万数千レッスンを提供しています。

今となっては大きなサービスで、社員さんは日比共に大人数抱えていますが、サービスローンチ後の数年は、加藤氏・中村氏もCS対応をやっていたようです。

ベンチャーあるあるですね〜。


講師は全員フィリピン人、通いの人もいれば自宅勤務の人も。
9割以上が自宅勤務だそうです。
講師向けのオフィスを提供することも考えたそうですが(レアジョブオフィスで仕事する講師もいます)、「コールセンター型」だと、講師を増やしたいときにスケールしづらい(固定費がかかるから)から、自宅勤務という形態を取るようになりました。

「スケールするように設計した分、マネジメントは大変だけど、それはがんばればなんとかできると思った」と中村氏。


スケールする前提で価格設計した結果、当時最安値の「1ヶ月5000円で毎日英会話ができる」というモデルを構築できたそうな。
ただし、撤退基準もキッチリ決めていたようで、サービスローンチした2007年11月以降、翌3月までに一定数まで達しなかったら撤退すると決めていたそうです。


そんなレアジョブのオフィス!!!

土曜日だから、人がほとんどいない!!!
(当たり前)

ここは教材を作成するメンバーのエリア。




ここはIT部隊。「集中したいから壁が必要なんです!」という要望があり、こういう作りになっているそうな。




ここはカンティーン。ある程度の規模の会社だとこういうエリアがあり、福利厚生の一環としてご飯を提供したりしています。
コップやお皿の数、炊飯器の大きさで、規模が想像できます。





レッスン中の講師たちに一瞬だけ協力してもらい、写真撮らせてもらいました。
こちらは、レアジョブが最近リリースした「しゃべらなくていい英会話アプリChatty」対応中の講師。





Ella。取材の際にお世話になりました。
カワイイ〜♡





こちらは取材でお世話になったChatty現場監督の小松氏。
スタッフに指示を出している模様。





こちらはオンライン英会話の授業中の講師。
カメラ向けると必ず笑顔にピース。フィリピン人、さすがだなぁ。





中村氏は、出張のたびに社員とのコミュニケーションを積極的に取っているようです。
手前は小松氏。脇にマウスがあるのは気にしないでください。




中村氏に会社経営のやりがいについて聞いてみました。

「1つ目は『生徒さんからの声』。飛行機乗った時に、うしろの席人がレアジョブの話をしていて、人々に浸透しているんだなぁと。
2つ目は『フィリピン人の雇用』。フィリピン国内でも徐々に知名度が上がってきているようです。『レアジョブで働くようになって、家計を助けることができた。電気代を払えた』と聞いて、とても嬉して。
3つ目は『会社の成長』。サービスもスタッフも年々成長していて、大変なこともあるけどすごく面白い。やりがいがある。」


逆に大変なことは?

「創業からこれまで大変なことは数えきれないくらいたくさんあったけど、日々乗り越えていくうちに楽観的になってくのかな(笑)
みんなで何かの山を越えるたびに連帯感や信頼感が生まれていくと思う。」


まさにこれ。ベンチャーの醍醐味ですよね〜!!!



せっかくなので、社員の立場から小松氏からもコメントもらいましょうか。




「サービスを運営していると、契約数やユーザーのフィードバック、コメントなどを肌で感じられるので、とても刺激的ですね。
お客様からお叱りの言葉をいただくこともあるのですが、いい意味で『必要とされている、価値のあるサービスを提供できている』と前向きに捉えて、もちろん対応はキッチリやるようにしています。

最近の思い出深い出来事は…
大井町のお風呂の王様で、サウナから出て服を着ようとロッカーを開けたら電話が鳴ってて、フィリピンから緊急の用事で。全裸にタオル一枚の状態で英語で指示を出していたらいろいろな人に見られてかなり恥ずかしかったです。」


ちょw それは恥ずかしいwww


と、ここで中村氏。
「Suniさんこの後ヒマ?よかったらレアジョブ創業の地とか見てみる??」


あ、ここは違うのね。


「ここは3箇所目なんだよね。創業の時は、もっとすごいところにオフィスがあって。マカティ勤めだと想像つかないような場所。」


これは…


行くしかない…!!!


という訳で、そのあたりのお話は
番外編:レアジョブ創業の地に行ってきた
でお届けします!!!



最後に!!!

レアジョブでは、「レアジョブ生涯無料キャンペーン」などの上場記念キャンペーンをやっているから、英語を話せるようになりたいそこのアナタは、今すぐレアジョブに急げ!
(注:キャンペーンは7月31日まで)


これまでの行ってきたシリーズ

※所在地は当時のものです。

・2011年10月 Facebook(パロアルト)
・2011年10月 Yahoo!(サニーベール)
・2011年10月 Google(マウンテンビュー)
・2011年10月 Apple(クパチーノ)
・2011年10月 グリー(バーリンゲーム)
・2011年10月 Twitter(サンフランシスコ)
・2011年11月 Foursquare(マンハッタン)
・2011年11月 電通アメリカ(マンハッタン)
・2012年10月 1/1000ランチで千駄ヶ谷のシリコンバレーの「Gengo」に行ってきた
・2013年7月 クロスコープ@マニラオフィスに行ってきた!
・2013年8月 マニラのシェアハウス「カサマニ」に行ってきた!
・2013年9月 業界2位!オンライン英会話「ぐんぐん英会話」に行ってきた!
・2013年10月 日本人経営のサロン「AKIRA&CHRIS SALON」に行ってきた!
・2013年10月 ハロウィンで盛り上がっている「クロスコープマニラ」に行ってきた!
・2013年10月 フィリピンでBOPビジネスに挑むスタートアップ「YOYO」に行ってきた!
・2013年10月 野武士会 in Manilaに行ってきた!
・2013年12月 クロスコープマニラのフィリピン流クリスマスパーティに行ってきた!
・2014年3月 ユナイテッドの海外事業・子会社としてフィリピンで起業した、ADerLに行ってきた



応援クリックもよろしくお願いします☆
http://overseas.blogmura.com/philippine/


ご覧いただきありがとうございます♡ ぜひ定期購読もお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive