Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2014年2月2日日曜日

セブで就職相談を受けた時に偉そうに能書き垂れてた話 #セブ



セブに2回も留学してたのとフィリピンで就活もしてたので、留学中によく「セブで就職したいんですけど、どうすればいいですか」なんて話をよく受けましたが、

当時ニートの分際にも関わらず


「よーく考えろ」


と言ってました。

以下、そのあとに続く話を書いておきます。


1. まずは給料は円払いかペソ払いかを確認
セブポットの求人情報を見ると、だいたい「月10万円、あるいは5万ペソ」なんて案件が多いんですが、私が知ってる人はたいがい日本円でもらっていた模様。

私の個人的な意見ですけど、住んでる国の通貨で給料をもらうのが無難だと思うんですよ。だって、仮に日本円で10万円の場合、レート悪いと4万ペソになっちゃうんですよ?それだったら、「5万ペソ」でもらった方が無難ですよねぇ。

もちろん「月10万円、あるいは5万ペソ」レベルの話なので、あまり気にしなくてもいい金額なら大丈夫ですが。ただし両替の手間はいずれにしてもかかるか、シティバンクや申請銀行のような「現地で現地通貨をおろせる口座」を持っておいた方がいいです。

海外向けのプリペイドカードは、給与口座として使えるのかしら…?





※ちなみに自分の現状を書いておくと、「ペソでそれなりにちゃんとした金額をもらっています」。


2. 「5万ペソ」で生きていけるのか

これは「セブの語学学校」の暗黙のルールなんですかねぇ。私が見た語学学校系の求人や聞いた話のほとんどは5万ペソからなんですよ。という訳で主に語学学校限定の話になっちゃうかもしれませんが。
とにかく「5万ペソ」なんて会社を受けたいと言っている人には「5万ペソで生きていけるの?税金30%くらい引かれて3.5万ペソでしょ?そこから家賃、水道・光熱費、携帯代払ったらいくら残る?」ってとくとくと言ってました。
うまいことちょろまかして所得税を(略) みたいなところもあるかもしれませんが。

セブでそこそこちゃんとしたコンドミニアムに住もうとすると、スタジオタイプで1.5万ペソ/月、1ベッドルームなら最低でも2万ペソは必要だと思うんですよ。
5万ペソから税金30%と仮に家賃が2万ペソだったら、そしたら残りが1.5万ペソな訳ですよ。そこから電気、水道、食費、携帯、切り詰めればなんとかなるかもしれませんけど…

あと、コンドミニアムの場合は、契約時に「3ヶ月分(や6ヶ月分、ヘタしたら1年分)を前払い、プラスデポジットで2ヶ月分」が必要だったりもするんで、そもそもある程度お金がないと無理ですねー。

もちろん学校の寮で生活できるなら別ですが。
ただ学校によっては生徒の増加にともなって「寮から出てって、2週間以内に」なんて話もありますからねぇ。どことは言いませんけど!

ほかにも、ルームシェアするなどして家賃を安く収める方法もあるとは思います。

Cashing a Check
お金、大事!

※ちなみに自分の現状を書いておくと、「5万ペソじゃ絶対無理!」。

3. そもそもやりたい仕事はなんなのか

セブに惚れてそのままいたい気持ちもわからなくはないのですが、「で、何がやりたいの?」とよく聞いてました。
まぁセブに本気で移住してそのまま永住するっていうなら止めませんし、なりふりかまわず仕事探せばいいと思うんですけど、で、次に続くんですが…


4. そのキャリア、日本で生きるの?

結局のところ、たいがいの日本人はいつか日本に帰る人がほとんどで、そういう人が、「セブにいたいから〜とりあえず〜」なんてノリで就職しても、その後のキャリアに繋がらない気がするんですよね。日本に帰って、就職活動した時に、そのキャリアは生きるのか?というのは何度も自問したほうがいいです。

Targeting a Market
※写真はイメージですけどね!

大学生が、休学して留学がてらインターンってのは、いい経験になるだろうなぁとは思います。仕事で疲れて授業休んでる子を見ると「本末転倒だなぁ」と思ったりしましたが。

アラサーで、人生の夏休みがてら留学&インターン、という人もけっこう見かけました。
ちゃんと期限切って、◯◯する、というのはアリだと思います。

ただ、やみくもに「セブにいたいから〜とりあえず〜仕事探して〜」みたいなのは、本当にオススメしません。


5. 終わりに

で、この話聞いて「ですよねぇ」というレベルだったら日本におとなしく帰るべきで、「でも私/僕はかくかくしかじかだからhogehogeしたいんです」というのがあるんなら、がんばればいいと思いますし、そういう人はもちろん止めはしませんが、行きたい会社がビザサポートしてくれるかはちゃんと確認した方がいいですよ。
意外と「対外的にはビザサポートって書いてあるけど、働いてる人は労働ビザじゃなくて留学生みたいなビザで働いている」なんて話をよく聞きました。どことは言いませんが。


あと、本気で仕事探すなら、身近なところ(学校、セブポット)だけじゃなくもっとネットで情報収集するなり、そういうツテを探すなりした方がいいです。
ある程度の覚悟があるなら、フリーで働いたり、起業する方がいい気もします。
私は起業するタマじゃないからしないけど!




ご覧いただきありがとうございます♡
何かの参考になりましたら、ぜひシェア・フォローお願いしますヾ(*´∀`*)ノ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog Archive