◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2012年12月25日火曜日

最近買った、英語関係の本(役に立つ気がする編)




「どうやって英語勉強してるの?」とよく聞かれ、そのたびにTIEをお勧めしてるんだけど(それ以外勉強方法知らないし)、「いや、そうじゃなくて例えば本とかさ〜」と返されるので、最近買った本をなんとなく紹介します。


※関連リンク:最近買った、英語関係の本
役に立たない編
・役に立つ気がする編(本編)
・英語ができると思わせられる編(未)


今日は「役に立つ気がする編」。

■洗練された会話のための英語表現集



某外資系企業に「英語できないの俺しかいない」という状況で入社した方からお勧めしてもらった本。


英語ネイティブでないため、この本がどの程度洗練されているのかまったく想像できませんが、日本人の「謙虚さ」「あいまいさ」「日本人が言いたがりそうな表現」をうまく収めている印象を受けました。



例えば、
「〜していただくことは可能でしょうか」
「差し支えなければ」
「お話の途中ですみませんが」
「必ずしも…ではありません」



そこのアナタ、この日本語よく言ってませんか?言ってますよね?言いたくなりますよね?

そんなアナタが英語で言いたい表現、ネイティブとのコミュニケーションを円滑にする例文が1050も掲載されています。
全てを使う機会があるのかまったく想像つきませんが、英語ネイティブと仕事する人にはお勧めの一冊です。





そういやその先輩から、素晴らしいフレーズを学びました。




"I'm still learning English."




英語が得意でない、できないことを"I can't speak English."とネガティブな表現で言うのではなく「まだ勉強中だぉ\(^o^)/」というテンション(プラス、勉強中だけどhogehogeしたい的な何かを付け加える)、これがものすごくコミュニケーションを円滑にするとのこと。

"I'm still learning English."

こう伝えれば、相手は「この人は英語が得意ではないけど、英語を勉強してくれているのか〜!じゃぁちょっとわかりやすい英語で話してあげようかな」と思ってくれるかもしれません。





    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

Blog Archive