Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2017年8月30日水曜日

海外で出生届などの手続きに関する備忘録(日本大使館ver) #海外出産 #クアラルンプール #海外マタニティライフ








日本大使館に免許証の翻訳をお願いしに行ったら、窓口の方が私のお腹に気づいてくれ、出産の手続きについていろいろ教えてくれました。資料もいただきました。

備忘録がてら残しておきます。








1.(出産前)夫妻の婚姻証明書を入手(添付1)
2.(出産後)マレーシア政府に出生届を出す@(そういえばどこに?)
3.(出産後)政府発行の出産証明書をベースに、日本語訳を書く(添付2)
4.(出産後)出生から3ヶ月以内に、日本の出生届を大使館に出す(添付3)@大使館
5.(出産後)1-2ヶ月で子どもの名前が夫の戸籍に載る
6.(出産後)戸籍謄本を入手し、パスポートを申請する@大使館
7.(出産後)パスポート入手後、滞在ビザを手続きする



マレーシア政府に出生届を出すことになりますが、マレーシア国籍をもらう訳ではありません。この国は父系血統主義をとっているそうです。


■添付1




■添付2



■添付3




なお、こんな紙ももらった。




ここに書いた通りいろいろ迷ってはいるものの韓国側にも出生届を出すことになると思うんですが、韓国大使館に手続きについてメールで問い合わせてもさっぱり返事が来ない…
大陸クオリティかな…



9/14に追記


別件で韓国大使館に行った際に、韓国側の出生届にまつわる手続きについて聞いてこれました。





       このエントリーをはてなブックマークに追加   
    follow us in feedly

関連リンク








0 件のコメント:

Blog Archive