Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2012年12月30日日曜日

車オンチの私がまとめた「車を売るための手順書」






いろいろ悩みました
今でもサヨナラすることを想像するだけで涙が出てきます。今までの約9年の思い出が走馬灯のように蘇ります。
でも、ニートだし、シェアハウスに引っ越して以来全然車に乗らなくなってしまい、車検を控えた今、車を売ることにしました。

「車のことは基本的にディーラーにお任せ」レベルの私が1人で車を売るためにアレコレ進めたログをまとめました。どなたかのお役に立てれば幸いです。



以下、何をどのように進めたのかをまとめます。

■まずはネット査定をお願いした
実は8月にも一度査定をお願いしていました。5社くらい?そこに再び依頼したところ、せいぜい10-35万ってところ。
その中からガリバー、カーチス、東京中古車販売センター、あと元々車検などなどメンテナンスをお願いしていたネッツトヨタにアポを取り、12月18日に来てもらうことにしました。
(ネッツトヨタはタイヤ交換がてら自分で行くことにした)

夏にネッツトヨタで「試しに…」と担当営業さんが出してくれた査定額が18万だったのですが、ディーラーさんは高い値はつかないと他から聞いていたので、「20〜30万になったら御の字かな〜」とは思っていました。


■必要なものを揃えた
長年お世話になっているネッツトヨタさんが、必要なものを教えてくれました。
・納税証明書
・車検証
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
・実印
・印鑑証明2通
・住民票…で車検証と今の住所が繋がらない人は、「戸籍の附票」が必要。外国人の場合は「外国人登録原票」が必要。


それぞれ詳細を書きます。

1. 納税証明書
→毎年5月末までに払うアレです。行方不明な人は、車が登録されている都道府県の自動車税を管轄しているところに連絡して「ください」と言いましょう。

2. 車検証
→車に積んでおく必要があるので、車のどこかにあるんじゃないでしょうか。私は助手席の下の引き出しに保管してありました。

3. 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責)
→これも助手席の下の引き出しにありました。

4. 実印
→まぁ言葉の通りですね。私は車を買った時に作ったものがあったので問題ありませんでした。

5. 印鑑証明2通
→渋谷区に引っ越してから印鑑登録していなかったので、しました。2通必要です。

6. 住民票
→車を買った人と持ち主が同一人物であることを証明する必要があり、車検証の住所と最新の住所が一緒の人は住民票だけでことが足りると思うのですが、

問題なのは「私のようにしょっちゅう引っ越している人」。

私は川崎市→練馬区→松戸市→渋谷区、と、車購入後に3回も引越ししています。この場合、普通の方であれば、区役所で「戸籍の附票」というのをもらうらしいです。それに過去の引越し歴が載っているとか。

ただし!

私の場合日本人でなく、2012年7月より以前の情報は区役所レベルでは追えないため、法務省に行き、「外国人登録原票」を申請しました。これ、4-6週間かかると言われますが、「かくかくしかじかの事情で早く欲しい」とお願いしたところ、1週間足らずで用意してもらえました。受け取りは「郵便」「本人が出向く」どちらでも可で、「本人が出向く」とした場合は法務省から電話で連絡が来ます。郵便の場合は、じっと待ちます。時間に余裕のある方はわざわざ出向く必要もなく、郵送でOKです。その辺は法務省のサイトをご覧ください。


■参考に、車の状態

・平成16年1月購入
・トヨタのbB、黒、Z-Xバージョン、1500cc
・走行距離は53000km未満
・メーカーオプションのサンルーフあり
・禁煙車(※)
・その他付属品としては、カーナビ(not純正)、ルーフボックス、冬タイヤ&ホイール(※)
・事故歴なし(駐禁なら2回くらい食らったけどな!)
・見た目超キレイ(自画自賛ですいません)

ちなみに「※」をつけたところに関して、ガリバーの営業さんによると「さほど査定額に影響はない」とのことでした。



■実際の査定
朝イチのアポがガリバー。最初に来てもらったのがガリバー。ていうか結局ここで即決しました。
担当の営業さんに乗せられただけかもしれませんが、最終的に「今即決したら35万円、午後の時間を有効に使えますよ」と言われ、思っていたより高値になったし、まぁ40万になることはあるかもしれないけどそれ以上にはならないだろうし、午後英会話行けるし」ってことで即決しました。あとはやっぱ営業さんの人柄だよね。いろいろ教えてくれて勉強にもなりました。

という訳で、その後に予定していた3社にはお断りの連絡を入れたのですが、カーチスさんの対応が非常に残念でした。
というのも、カーチスからは8月にメールベースで「150,000円~350,000円」という査定をもらっていたため4ヶ月後に35万を越える金額を提示されることはないだろうと思っていました

ところが、電話した際に「参考程度に金額を教えて下さい」と言われて35万円と伝えたところ、「なんかアレですねー、安い金額で売っちゃったんですねー、弊社ならもっと出せたんですがー、もったいないですねー。」嫌味ありがたいアドバイスをくれました。いやー、非常に残念です。もちろん、欲しい車になら多少高い金額をつけることもあるのでしょうが、こういう言い方しなくてもよくね?と。
お宅の夏の査定額が35万だったよ、と言おうと思いましたが、時間がもったいないので辞めました。

本当に、本当に残念です。
もし今後、また車を売るシチュエーションがあったとしてもカーチスには絶対に依頼しません。


■契約した後の流れ
12月18日にガリバーと契約した後、必要書類を渡されました。「返送してくださいリスト」と、サインとハンコが必要な書類などなど。返信用封筒と宅急便着払いの伝票も。
この返送リストには車検証が含まれます。したがって、最後に運転する用事が終わり送る予定です。
車の引渡しは1月5日に決めました。
(12月31日から1月2日にスノボに行く予定があるため)

営業さんに「もしこのスノボでうっかり事故ったらどうなりますか?」と聞いたところ、「それはまたその時にご相談で…」と当たり前のことを言われたので、何がなんでも安全運転で帰ってこようと心に誓っています。


■反省点
今思えば、ネット査定金額や「中古車サイトで自分のと似たスペックの車がどれくらいで売られているのか」などなどの市場価格を把握した上で査定に望めばよかったかな〜と、ちょっと思いましたが後の祭り。また、この時風邪引いていて頭の開店が鈍っていたので即決したのかもしれません。何はともあれ万全の体調で望むべきだと思います。


■今後の予定
1月5日に引き渡します。9日にお金が振り込まれる予定。
恐らく1月5日か数日後に、最後のbBの勇姿と共に何か書くと思います。



というわけで、明日から、愛車bBで行く最後のスノボ。安全運転で行ってきます。


bBの思い出


2004年1月 「車が欲しい!」の巻
2004年1月 「bB求めて3千里」の巻
2004年1月 「やっぱ他の車にしようかな」の巻
2004年1月 「まさか契約しちゃうなんで思いませんでした」の巻
2004年1月 「駐車場がない!」の巻
2004年1月 bB納車日記
2011年7月 カーナビがお逝きになった・・・かもしれない
2011年7月 私の車のその後 〜厄年だから?ねぇ?〜
2012年10月 車をどうしようか迷っているって話
2012年12月 車オンチの私がまとめた「車を売るための手順書」
2013年1月 bBを手放した日の話



関連リンク









最後まで読んで頂き、ありがとうございます!
シェアして頂けると、モチベーションが上がります。
今後もお役に立てるような記事をお届けしますね♡

       このエントリーをはてなブックマークに追加   


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google



    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

Blog Archive