2015年5月10日日曜日

【読了】最近泣いた本「マンガドラゴンクエストへの道」




CEO深田さんから「Suniさん、これまじでオススメです。英訳してみんなに見せたいくらい」という熱いメッセージと共に渡されたのがコレ。






ドラクエの制作過程を記録し、脚色を加えた作品(ってウィキペディアに書いてあります)。
漫画なのでサクサク読めます。昼休みを使って2往復できるくらいのボリュームです。

ネタバレ少しありの話は広告の向こうへどうぞ。





ドラクエファンなら「こういうふうにメンバーが集まって、こういうふうにゲームが制作されたんだ」という観点で楽しめると思うし、ゲームに限らず「チームで何かプロダクトを作る」仕事をしている人にも、紆余曲折、リリース直前のアレコレなど「あぁぁぁぁわかるわかる」と共感しながら読めると思います。


そんな漫画のどこに「泣きどころがあるの?」って感じですけど、私はここで泣いた。





2006〜07年頃の自分を思い出しました。

当時よく、

「記事書いてくれる人がいないと成り立たないサービスなんだから、まずはそういう人たちが継続して書いてくれるための施策をしよう」

って言い張って上とぶつかったりしていましたwww

大企業の一サービスだったからそれが許された訳で、そのサービスだけで運営している会社だったら間違いなく潰れていたと思います。

何が正しいのかはわかりませんけどね。

転職して当時の職種と似たような仕事をするようになり、昔のことをあれこれ思い出す今日このごろですが、この本が一番グッと来ました。

他のディープなマレーシア情報はこちらからどうぞ。
ランキングに参加しているので、ポチっていただけると励みになります😊

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村


ありがとうございます😊


【PR】


    . このエントリーをはてなブックマークに追加.
    .
    follow us in feedly

関連リンク by Google





関連リンク by Milliard

 にほんブログ村 海外生活ブログへ

Blog Archive