Uberの割引コード:uber_suni / AirBnB紹介コード:ここをクリック

◎空港ラウンジ使い放題!楽天プレミアムカードでプライオリティパスを無料でゲットしよう◎


プライオリティパスでVIPラウンジ無料体験談はこちら
いざというときのための、国内・海外旅行障害保険の適用範囲はこちら

2015年3月17日火曜日

ワンピース丸パクリの「ワピース」制作元のありえない主張とそれに対する韓国ネチズンの意見を日本語に訳してみた



    このエントリーをはてなブックマークに追加 

※ワピース騒動をご存知でない方は、こちらを先にご覧いただくと味わい深いかもしれません。

ワンピースの丸パクリ漫画「ワピース」と制作元について韓国語のソースをあれこれ調べてからの(日本で一番詳しいかもしれない)まとめ



ddanzi(韓国のインターネットニュースサイト)の記者が、ワピース制作会社の担当者と電話インタビューをした」

というのがここに載っていて、ddanziが日本で例えるとどういう立ち位置なのかはわからないし(日経なのか?東スポなのか?)、ddanziのサイトでソースを見つけることはできなかったんだけど、ネタとして面白いので訳してみました。

※これも恐らく2003年の話だと思います。





via netgeek

ここによると右の絵はパクり元のオリジナルではなく、
ワピースをdisるために作られたゲームだそうですw



Q. ワンピースのパクりという言われていますが、どのようにお考えですか?
A. 語感が似てるからでしょう。あちらは「1片」という意味のワンピースですよね?こちらは平和を意味するピースですよ。人々はパクりだなんだとおっしゃるようですが、(略)あちらは腕がにょきにょき伸びますよね。こちらのは筋肉質ですよ。(略)それに海賊王ですよ、こちらの本当のタイトルは。


Q. 制作期間はどのくらいでしたか?
A. これを開発するのに3年もかかりました。こんなにdisられるなんてガッカリです。


Q. ぶっちゃけ、シャンクスをオマージュして(パクったと喉まででかけてやめた)のシャンソンではありませんか?
A. そりゃ、発音が似ているからそう思われるかもしれませんね。ワンピースがお好きな方にはそう見えるでしょう。しかし、あちらは腕が片方がなくなってしまいましたが、こちらは2つとも切られてしまいました。これがどうしてパクりなんでしょう?


Q. うむ…色や構図、ストーリーや名前までが似ているように思えるのですが…
A. (略)こちらは厳然なるオリジナルスキャラクターです!!


Q. 日本側ではこの問題作が様々な経路を経てインターネット上に出回っているようですが…
A. それは返って嬉しいですね。まさに広報効果ではありませんか?


Q. ワンピースのパクりだとたくさん聞きます。ネチズンの間でも話題になっています…
A. ハハ、デザインを少しでもわかる方がこれを見れば、違う作品だとおっしゃることでしょう。ワンピースのマニアが見たら、なんとなく似ているように見えるのでしょうが、デザインを知っている人なら、そういうことは言いません。パクりですか?万が一そうだとしても、法的に訴訟を起こしてでも自信ありますよ。それに訴訟を起こすとしたら原作者が直接出てくる必要があるのですそれは可能なんでしょうか??


Q. ………….それでは最後に、この作品を引き続き連載する意向は…
A. フラッシュアニメで3編まで製作済みで、今後も製作予定です。韓国を代表するオリジナルキャラクターに育てて…




日本語訳はかなり雑ですが、大意は合ってると思います。
一部、どう訳せばいいのかわからないところは(略)としてしまいました。


ここにも同じ内容が掲載されていて、しかも韓国ネチズンのコメントも掲載されているのでいくつかピックアップしてみましょうか。



・最初見た時はパロティだと思った…
・言葉の通り海賊版じゃん
・身長175kg…
・www ウケるwww
・事実だったらありえない…
・うむ…チャンピ…身長が超重たいのね…
・あんなの作るのに3年もかかるなんて…国が滅びる…





ちなみに「ゲグジャンイは訴訟で勝った」と載っていましたが、このサイトによると
「3回の法廷闘争で敗訴した」らしいです。
ウィキペディア(韓国語版)の情報が古かったか。


以上、ワピース関連情報でした。





@suniのフィリピン現地採用で働くSEブログを、引き続きよろしくお願いします。
応援クリックもね!ヾ(*´∀`*)ノ
http://overseas.blogmura.com/philippine/

ぜひ定期購読もね!ヾ(*´∀`*)ノ
    follow us in feedly
    このエントリーをはてなブックマークに追加 

Blog Archive